医療法人社団泰友会 よしかわ矯正歯科

医療法人社団泰友会 よしかわ矯正歯科

吉川 剛太理事長

頼れるドクター

30986

西武池袋線大泉学園駅より徒歩1分の「医療法人社団泰友会よしかわ矯正歯科」。理事長の吉川剛太先生は、患者のことを第一に考えた治療方針として、健康な歯をなるべく抜かない“非抜歯矯正”を基本としている。1時間以上もかけるという丁寧かつ詳細なカウンセリングをベテランの女性スタッフらと共に行い、患者の疑問や不安な気持ちを払拭するよう努めている。そんな同院には練馬区に住む方だけでなく、中には千葉、埼玉など都外から相談に訪れる人もいるという。吉川先生にクリニックの方針、近年力を入れているマウスピース型矯正装置を用いた治療法など、気になることを訊いた。
(取材日2017年6月21日)

父の代より30年、地域に根差した診療を提供

―こちらに理事長として就任されるまでの経緯について、教えてください。

日本歯科大学生命歯学部を卒業後、さらに矯正歯科について深く学びたいと思い、神奈川歯科大学大学院の成長発達歯科学矯正科に入学しました。こちらでは、骨格における理想的な顎位や生体のもともと持っているリズムを大事にした「シークエンシャル咬合理論」について学びました。審美的な美しさはもちろんのこと、かみ合わせなど機能面も考慮し、治療計画を立てていきます。私がまだ大学生の頃に当クリニックの理事長を務めていた父が亡くなりまして、しばらくは他の先生にお任せしていたのですが、矯正の歯科医師としてある程度の経験も積ませていただいた30歳を機に引き継ぐことにいたしました。

―どのような患者さんが来ていますか?

地域の方が中心ですが、電車に乗って都外から来てくださる患者さんもいます。未就学児のお子さんから70代の方まで年齢層は幅広いですね。成人の方については、歯並びについてずっと悩んでこられたような方が人からの評判を聞いたり、ネットで情報を得て決意されたという方が多いです。小学生から大学生までがやはり多く、全体の7割ほどでしょうか。中でも小学生のお子さんたちが多くいらっしゃいます。私自身2歳の男の子の父であるせいか、お子さんはかわいいと思いますね(笑)。中学生以上の子たちも皆、いい子たちばかりで。そのうち、その患者さんたちが大人になって、そのお子さんがいらしてくださるようになるとうれしいですね。父の代に治療されていた方もいらしてくださっていて、ありがたいと思っています。

―先生だけでなく、スタッフさんたちも充実した体制だとか。

そうですね。当院の診療は私だけでなく彼女たちの力が大きいです。それぞれのキャラクターを生かして診療に取り組んでくれていると思います。みんな明るくて楽しい方たちばかりで、患者さんとのコミュニケーションもしっかりととってくれています。子どもの患者さんにとっては歯医者が初めてというケースも多いですから、女性のスタッフたちが親しみをこめて話しかけることで安心して治療に臨んでくださっています。

記事更新日:2017/09/04

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細