全国のドクター9,298人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月26日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 大泉学園駅
  5. 医療法人社団泰友会 よしかわ矯正歯科
  6. 吉川 剛太 理事長

吉川 剛太 理事長の独自取材記事

よしかわ矯正歯科

(練馬区/大泉学園駅)

最終更新日:2020/05/22

30986

西武池袋線大泉学園駅より徒歩1分の「医療法人社団泰友会よしかわ矯正歯科」。理事長の吉川剛太先生は、患者のことを第一に考えた治療方針として、健康な歯をなるべく抜かない“非抜歯矯正”をめざしている。1時間以上もかけるという丁寧かつ詳細なカウンセリングをベテランの女性スタッフらとともに行い、患者の疑問や不安な気持ちを払拭するよう努めている。そんな同院には練馬区に住む人だけでなく、中には千葉、埼玉など都外から相談に訪れる人もいるという。吉川先生にクリニックの方針、近年力を入れているマウスピース型装置を用いた矯正など、気になることを訊いた。
(取材日2017年6月21日)

父の代より30年、地域に根差した診療を提供

こちらに理事長として就任されるまでの経緯について、教えてください。

1

日本歯科大学生命歯学部を卒業後、さらに矯正歯科について深く学びたいと思い、神奈川歯科大学大学院の成長発達歯科学矯正科に入学しました。こちらでは、骨格における理想的な顎位や生体のもともと持っているリズムを大事にした「シークエンシャル咬合理論」について学びました。審美的な美しさはもちろんのこと、かみ合わせなど機能面も考慮し、治療計画を立てていきます。私がまだ大学生の頃に当クリニックの理事長を務めていた父が亡くなりまして、しばらくは他の先生にお任せしていたのですが、矯正の歯科医師としてある程度の経験も積ませていただいた30歳を機に引き継ぐことにいたしました。

どのような患者さんが来ていますか?

地域の方が中心ですが、電車に乗って都外から来てくださる患者さんもいます。未就学児のお子さんから70代の方まで年齢層は幅広いですね。成人の方については、歯並びについてずっと悩んでこられたような方がクチコミや、ネットで情報を得て決意されたという方が多いです。小学生から大学生までがやはり多く、全体の7割ほどでしょうか。中でも小学生のお子さんたちが多くいらっしゃいます。私自身2歳の男の子の父であるせいか、お子さんはかわいいと思いますね(笑)。中学生以上の子たちも皆、いい子たちばかりで。そのうち、その患者さんたちが大人になって、そのお子さんがいらしてくださるようになるとうれしいですね。父の代に治療されていた方もいらしてくださっていて、ありがたいと思っています。

先生だけでなく、スタッフさんたちも充実した体制だとか。

そうですね。当院の診療は私だけでなく彼女たちの力が大きいです。それぞれのキャラクターを生かして診療に取り組んでくれていると思います。みんな明るくて楽しい方たちばかりで、患者さんとのコミュニケーションもしっかりととってくれています。子どもの患者さんにとっては歯医者が初めてというケースも多いですから、女性のスタッフたちが親しみをこめて話しかけることが安心につながっています。

十分なカウンセリングを行い、なるべく抜かない矯正を

クリニックの特色について、教えてください。

患者さんに合わせた治療方法や矯正用装置をご提供することを基本にしています。私がお勧めしているのはクリアタイプのマウスピース型装置なのですが、目立ちにくいだけでなく、お食事や歯磨きの際取り外しができ、比較的短期間で終了するというメリットがありますね。また、健康な歯をなるべく抜かない非抜歯矯正を軸に治療計画を考えています。抜歯することを前提にするのではなく、成人の患者さんでも下顎位のコントロールを治療に織り交ぜながら、歯の位置を誘導します。中には非抜歯での矯正は難しい状態の方もいらっしゃいますので、その場合は抜く可能性があることを事前にご説明させていただきます。成長途上のお子さんの場合は、顎の成長を生かして治療計画をたてることができるので、抜かずに済むことが多いですね。

カウンセリングに力を入れていると伺いました。

そうですね。初診の方ですと1時間以上かけることも多いですね。まずはスタッフとお話ししていただき、次に装置の種類や抜歯の必要がなさそうかどうかなどについてご説明させていただきます。その後、私が実際の画像などをお見せしながら具体的な治療方針についてお話をさせていただきます。最後にもう一度スタッフと代わり、料金のご説明や、その他私には聞きづらかったことや新たに浮かんできた疑問点などを患者さんからお話ししていただくといった流れになります。歯科医師の私よりも女性スタッフのほうが話しやすいことも多いと思いますし、私自身も治療に時間が割けるため、このスタイルでご説明させていただいています。やはり、最初にきちんとご説明することは、とても重要だと思うんですね。あとから「こんなことは聞いてなかった」という思いをさせたくありません。

診療の際、どのようなことを心がけていらっしゃいますか?

矯正装置を着け続けることは、患者さんにとってご不便なことも多いと思います。取り外しできるタイプの矯正装置ですと着け直すことを忘れるなどの危険性もあり、装着していない時間が多ければ多いほど終了の時期が遅くなります。このようなことをなくすために、矯正に対する患者さんのモチベーションを上げることがとても大事だと思っています。嫌がらずに通院していただくために、お子さんにはご褒美としてちょっとしたおもちゃをプレゼントすることも。大人の方にもお子さんにも、なるべく苦痛を感じずにお越しいただきたいと思い、接遇や内装など気をつけています。

矯正は外見の良さだけでなく、体や心の健康にも関わる

歯科医師を志すようになったきっかけについて、教えてください。

20200520 5

やはり、矯正歯科クリニックを開業していた父の影響が大きいと思います。クリニックと自宅は離れていましたので、実際に診療している姿は目にしたことがなかったのですが、歯科医師会や学会の集まりへ何度か連れて行ってもらったことがありました。父以外の歯科医師の先生方やそのご家族とお会いすることもあり、ごく自然な流れで歯科医師になると決めていましたね。父は診療に懸命に取り組んでいただけでなく、矯正科の学会や歯科医師会などにも熱心に出席していました。患者さんからも感謝されている父のことを尊敬しています。私自身も矯正歯科の医師となったわけですが、矯正は歯列を根本から治療していくところにやり甲斐を感じています。

矯正治療について、吉川理事長のお考えをお聞かせください。

テレビのニュースなどで欧米の政治家を見ると、皆さん歯並びがとてもきれいだなと感心します。生まれた時から歯並びが良い人もいるでしょうが、子どもの頃から矯正歯科に通うなど努力している人もいると思います。政治家に限らず、欧米人は歯に対する意識が高いんですね。歯並びが良くないと、見た目の悪さだけでなく虫歯にもなりやすいですし、噛み合わせが悪いことから健康にも影響を及ぼします。また、成人になってから矯正を決めた方に伺いますと、歯並びが悪かったために小学生の時からいじめられたとおっしゃる方も少なくないですね。体や心の健康を保つためにも、歯列矯正は有効な手段だと思います。

最後に読者へ、メッセージをお願いします。

20200520 6

矯正というと、外見を良くするために歯並びをきれいにするというイメージを持たれがちですが、当クリニックでは、外見だけでなく機能面の改良も見据えた上で、噛み合わせを重視した治療をめざしています。可能な限り健康な歯を抜かず、きれいな歯並びで毎日を過ごしていただけるよう、スタッフ一同努めて参ります。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/84万円~
歯列矯正 成人矯正/63万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access