クローバー歯科

クローバー歯科

森川 理院長

頼れるドクター

30855

夢のような治療を実現する「歯髄細胞バンク」認定施設

―こちらならではの治療はありますか?

当院は、歯髄細胞バンクの認定施設です。歯の神経である歯髄には、良質な幹細胞が集まっていて、その歯髄を歯から取り出して培養・冷凍保存し、いざというときの再生治療に役立てようというわけです。例えば、事故で脊髄を損傷し、下半身に麻痺が起きてしまったような場合。歯髄から取り出し保存しておいた幹細胞を使って脊髄の細胞を回復させることで、下半身の機能がもとに戻る可能性が出てきます。夢のような治療ですが、登録料、培養の費用、保管料などそれなりに費用がかかります。幹細胞自体も元気でなければならないので、抜歯した親知らずや乳歯など健康な歯だけが対象です。これからさらに研究が進む分野ですが、まだ限られた歯科医院でしか扱っていないと思います。

―衛生面にも気を配っているそうですね。

空中に漂っているゴミも気になる、いい意味で潔癖なタイプ(笑)なので、徹底してクリーンな院内環境を保つよう心がけています。空気清浄ユニットや、削った歯や金属・噴霧注水の飛沫などを吸い込む口腔外バキュームなどをそろえ、スリッパも専用の殺菌灯を通したものを使用。治療器具は患者さんごとに滅菌し、先端だけでなく取っ手の部分まで滅菌をかけています。スタッフにも、自分が患者さんの立場だったらと考えながら清潔への意識を高く持つよう、常日頃から指導しています。お口の中は細菌が入りやすいですが、患者さんの周囲の環境は人の手でコントロールできるものです。滅菌を怠って治療がうまくいかなくなるのは、本当にもったいないことなので、衛生面はしつこいぐらい徹底しています。

―印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

治療が難しかったとかうまくいったとかいう技術的なことより、やはり患者さんのお人柄のほうが強く印象に残りますね。特に印象深かったのは、60代の女性の患者さんです。昔から悩んでいた歯並びと虫歯を治療させていただいたのですが、すべて終わった時に「こんなにきれいにしていただいて感激です」と涙を流して喜んでくださって。その後、毛筆の便せん何枚にもわたるお礼状をいただきました。たいしたこともしていないんですが(笑)、やはりうれしいですね。その方からは、今でも半年ごとのペースでお手紙をいただきます。そういえば、ある患者さんに「他の歯科医院の悪口を言わなかったのは先生が初めてです」と言われたのもうれしかったです。それは僕がひそかに心がけていることでしたから。

記事更新日:2016/10/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細