全国のドクター8,884人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 調布市
  4. 京王多摩川駅
  5. 村田歯科医院 
  6. 村田 拓也 院長

村田 拓也 院長の独自取材記事

村田歯科医院 

(調布市/京王多摩川駅)

最終更新日:2019/08/28

30744

京王相模原線京王多摩川駅から徒歩2分の位置にある「村田歯科医院」は、開院からもうすぐ30年を迎える歯科医院だ。現在院長を務めるのは3代目の村田拓也先生。同院のグループ理事長であり隣の調布駅近くにある分院「ムラタデンタルクリニック」を運営する父とともに、地域の人々の歯の健康のために尽力している。研修時代から医科大学の口腔外科で臨床経験を積んできた村田先生。全身医療や救急医療にも幅広く対応でき、持病を抱える患者の薬の飲み合わせも考えながら診療できることが強みだと話す。患者に最良の歯科医療を提供したいという熱意を持ち、高齢者の多い地域において訪問歯科診療にも取り組みたいという、若々しく活発な歯科医師だ。
(取材日2017年2月15日)

大学病院で培った全身医療の経験を生かして

2016年からこちらの3代目院長に就任されたのですね。

1

当院はこのビル、この場所で30年近く開業しています。今は理事長である父が分院のムラタデンタルクリニックで診療をしていて、僕はこちらの本院で院長をしながら、火曜日と木曜日は分院を手伝っています。また金曜日は以前勤務していた東京医科大学病院でも診療しています。院長に就任してからは、やはり大学病院で診ていた時に比べると、経営のことやスタッフのケアも考えなければいけないので大変ですね。当院の患者層は、若い方よりもご高齢の方が多いです。若い患者さんだと持病がある方はそれほど多くないのですが、ご高齢になってくると、まず全身にどういう病気を持っているのか、どういう薬を飲んでいるのかというところから診なくてはいけません。そこは、僕の専門を生かせる分野だと思っています。大学病院では歯科領域の外科的な治療だけでなく、専門的な口腔外科治療に携わっていたんです。その経験は大きいですね。

診療の際に心がけていることは何ですか。

治療の時に、患者さんに「いつ終わるんですか?」と聞かれることがあったんです。そのため、最初の診察の時に、全体的にお口の中を見てプランを立て、必ず治療のゴールまで話すようにしています。中には長期間通っていただく必要がある患者さんもいますが、ゴールまで段階をしっかりお話ししていれば、患者さんも「いつ終わるのか」と心配せずに治療できると思うんです。治療費についても大まかにですが伝えます。例えば、現在の歯はこういう状況だから、まずは虫歯を治すとか、歯周病が進んでいるので同時に衛生士にも診てもらって一緒に治療するといったこと、ない歯を補うためにブリッジや義歯、インプラントといった方法があることなどを、最初の段階で説明させていただきます。

こちらの歯科医院の強みは何でしょうか。

2

加齢によって骨が少なくなっていたりする場合にインプラント治療をするには、外科的な技術が求められます。また、インプラントを入れた後の骨の扱い方や粘膜の扱い方次第でも、その質に差が出てくるのです。当院ではどんな状況でもインプラント治療という選択肢を提案できるのが、特徴の一つだと思います。もう一つの強みは、僕が医科大学の口腔外科に長く勤めていたことです。医科大学では、研修のカリキュラムで救命救急に半年間携わるんです。救急コールがあった時に、概要を聞いてどういう状況か予測したり、脳のCTを読んだりもしました。最初はやり方がわからず、必死に勉強しましたね。全身を診るということに関しては一通りやってきたという自信があります。もちろん教科書での勉強もしましたが、実践から学んだことが、より自信につながっていますね。

全身についても把握することで、的確な判断へ

先生の得意な治療についてお聞かせください。

3

親知らずに関しては、どれだけ深くても抜けないものはないと思います。例えば歯と神経がとても近く、その歯を抜くとまひの出る危険性があっても、ひどく腫れる場合や矯正治療がしたいためなど、どうしても抜かなければいけないという状況はありますよね。神経は傷ついても回復するので、抜く時にちょっと押してしまったという程度なら、数週間か数ヵ月経てば治ることが多いのですが、それが怖いから大学病院に回す、自分ではやらないという先生もおられます。しかし、こまかいテクニックをしっかりと身に付けることで、神経を傷つける可能性をできる限り減らしながら親知らずを抜くことができるんです。そのテクニックを身に付けているというところは、お役に立てる点かと思います。

そういった技術を習得するために、あえて医科大学を選ばれたのですか。

歯科大学ではなく医科大学の口腔外科に行きたいということは、最初から考えていました。その理由の一つは、歯の治療するにあたって、飲んでいる薬との兼ね合いがわからず怖いから手をつけられない、ということにはなりたくなかったからです。「わからないから大学病院に行って」というのではなくて、僕自身が全身的なことをある程度把握し、症状や必要な治療をちゃんと理解した上で、大学病院が必要なのか判断できるようにしたかったのです。それから、父親と違う方面の技術を身に付けたかったこともあります。父は歯科技工士から歯科医になったという経歴から、入れ歯などの補綴関係を得意としています。歯科医師としてそこで負けない努力はもちろん、父が持っていないスキルを身に付けることで、一緒に仕事ができるほうが良いと思ったんです。

設備に関してこだわっていることはありますか。

4

診療ユニットは、僕が一番いいと思ったメーカーの新鋭のものを採用しています。滅菌管理がシステム内でできることや、タービンのパワーが強くて力負けして止まってしまうことがないのが利点です。医院の中に関しては、今後改装しようと計画しています。今年度中には図面を起こして業者にデザインをお願いするつもりなのですが、改装後は、奥を手術室にしてユニットは全部で6台にしようと思っています。これまでも、ここでできる範囲の外科的なことはやってきましたが、きちんと専用の手術室を設けることで、口腔外科を得意とするという特徴をより生かしていきたいのです。人員が足りないとできることも限られてしまうので、スタッフはどんどん増やしていこうと思っています。現在は歯科衛生士2人、歯科助手2人、歯科医師が3人ですが、すべて増員したいと考えています。

今後は専門性を生かした訪問診療も

医院の今後の展望についてお聞かせください。

5

高齢の患者さんが多い地域なので、今後は訪問診療も必要になってくると考えています。まずクリニック自体の人員を増やしてから、訪問診療のためのしっかりした体制をつくっていくつもりです。この分野に関しても、全身的に診てきた経験が生かせると思います。大学病院では、ICUで人工呼吸器につながれた状態で歯を抜くという外科処置も経験しました。動けない状態の人を治療することがあるという点では、訪問診療も通じる部分があるのではないでしょうか。またインプラントのケアも、しっかりとした知識がないとできませんので、きちんと準備していきたいです。訪問だからここまでしかできなくても仕方ない、というのは嫌なので、今までの経験を生かしてしっかり対応していきたいですね。

スポーツなどのご趣味は何かありますか。

僕は中学時代からアルペンスキーをやっているんです。大学でも6年間スキー部に入っていたのですが、スキー部というのは夏は活動がなくなってしまうんです。ですからその間はサーフィン部で活動していました。現在の趣味は完全にモータースポーツですね。こうしてみると、スピードが出るものが好きなのかもしれませんね。

最後に読者へ向けてメッセージをお願いします。

6

歯がないと、やはり体全体の調子が悪くなってくるということが、患者さんを診ていると目に見えてわかるんです。痛くなってから来院するという患者さんの気持ちもわかるのですが、痛くなくても定期的に来ていただきたいですね。気をつけていても、自分では届かない場所の磨き残しは絶対にありますから、自分の口の主治医を見つけて管理してもらった方が、ご高齢になった時に残っている歯が間違いなく多くなります。自分の歯で物を食べる、死ぬまでおいしく食べるというのが一番良いことだと思うので、そのために若い時からの積み重ねを大事にしていただきたいです。歯は自然に治っていかないものなので、自分の歯がまだある方は、今の状況をできるだけ壊さずキープするということを、一番に考えていただきたいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access