全国のドクター8,960人の想いを取材
クリニック・病院 160,755件の情報を掲載(2021年9月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 調布市
  4. つつじヶ丘駅
  5. 医療法人社団あか里会 こいけ歯科クリニック
  6. 小池 仁 院長

小池 仁 院長の独自取材記事

医療法人社団あか里会 こいけ歯科クリニック

(調布市/つつじヶ丘駅)

最終更新日:2021/07/07

30670 top

京王線のつつじヶ丘駅北口から徒歩約2分。甲州街道沿いに位置する「こいけ歯科クリニック」は、1998年の開業以来地域に根差した診療を続ける歯科医院。「最適な治療と継続的なメンテナンスで歯を守ること」をコンセプトに、赤ちゃんから高齢者まで幅広い層の患者を迎えている。小池仁院長は、東京歯科大学卒業後、一般歯科はもちろん、小児歯科から口腔外科まで広くキャリアを積んだベテランの歯科医師。その明るく親しみやすい人柄にファンが多く、紹介による患者の輪が広がり、一家で受診するファミリーも少なくないという。「かかりつけ医としてご家族皆さんのお口の健康を守りたい」と語る小池院長に、同院の特徴やめざす医療についてなど、幅広く話を聞いた。
(取材日2021年6月16日)

家族受診のメリットを重視し、口の健康をサポート

まずは貴院のなりたちと特徴を教えてください。

20210624 1

1998年に開業し、地域の皆さんに支えられて今年で23周年を迎えることができました。祖父をはじめとする親戚に歯科医師が多く、自然と歯科医師をめざすようになった私ですが、島根県で祖父が実践していた患者さんに寄り添う「地域密着型」の診療スタイルにいつしか憧れを抱くように。学生時代からいずれは住宅地近くに開業し、地域の皆さんのお口の健康を支えるかかりつけ医になりたいと思ってきました。そのため、歯学部を卒業した後は小児歯科のクリニックや大学病院の口腔外科などを選んで在籍し、幅広く経験することを意識して勤務をしてきました。幅広い年齢層のファミリーが多く住んでいらっしゃるこのエリアで開業することができ、現在まで思い描いてきた診療を実践できていると感じています。

どのような患者さんが多くいらしていますか?

小さなお子さんからご高齢の方まで、本当に幅広い層の患者さんに受診いただいています。治療での来院というよりは、メンテナンスのための定期受診が多いでしょうか。当院の特徴として一つ挙げられるのは、ご家族での受診が多いこと。診療を受けた方がご家族にも勧めてくださるケースが多いのですが、最も身近で大切な家族に勧めていただけることはうれしく、やりがいを感じます。2世代、3世代にわたって診させていただいているファミリーも多く、親子やきょうだいで似ているところやまったく異なる個性などを知ることも楽しく感じていますね。家族背景を知ったうえで診療することは、双方にとって安心感につながりますし、ご家族で同一の歯科医師の診療を受けることには大きなメリットもあるのです。

家族で受診するメリットとはどのようなものでしょう。

2

病気の原因は遺伝因子6割、環境因子4割ともいわれますが、虫歯や歯周病も同じ。歯並びや口内細菌の状態は親子で似る傾向がありますし、食生活や歯磨きなどお口の状態を大きく左右する生活習慣も、親から子へと受け継がれるものです。ご家族で検診を受けていただくことで、トータルで問題解決に取り組むことができれば、より良い結果を望むことができます。ご両親の傾向から、お子さんの将来を予測し予防していくことも可能になるのです。また、小さなお子さんにとって、初めての歯科医院に恐怖心を持つのは当たり前のこと。パパやママと一緒に受診することで、安心感を持っていただけるというのも大きなメリットです。

マイナス1歳から100歳超までのオーダーメイド診療

小児歯科に力を入れていらっしゃるのですね。

3

近年は小児歯科を専門とするクリニックも増え、「お子さんは専門の歯科医師に」と考える親御さんも多いようです。しかし、先にお話ししたような理由で、私はお子さんと親御さんで一緒に受診していただくことをお勧めしています。お子さんの治療ではスタッフの対応も重要になりますが、当院は若いスタッフが多く、楽しい診療を演出する声がけなどにも長けています。月に2回の診療ではありますが矯正専門の歯科医師も在籍しているので、虫歯だけでなく歯並びや指しゃぶりなどのお悩みも相談可能です。また、妊娠中は女性ホルモンの増加とともに口腔環境が変化し、虫歯や歯周病といったお口のトラブルが出やすいもの。妊娠中の歯周病が早産や低体重児出産のリスクにつながるともいわれています。妊娠中のケアや出産後の赤ちゃんのケア、良い歯を育むための食事のアドバイスなどもお伝えできますので、マイナス1歳から親子でご受診いただければと思います。

予防歯科についても教えてください。

以前は「痛くないのに歯医者さんに行く必要があるの?」という考えの方も多くいらっしゃいましたが、現在では定期的なメンテナンスが当たり前という感覚の方も増えてきました。とはいえ、そのご要望も多岐にわたっており、患者さんのニーズに合わせた予防ケアをご提案しています。「忙しいからできるだけ受診回数を減らしたい」という方にはホームケア指導を徹底しながら、3ヵ月あるいは4ヵ月に一度程度の定期的な来院を勧めています。また、歯の着色除去、口臭対策、ホワイトニングをキープしたいといった目的で好きな時にいつでもクリーニングできる保険外のトリートメントコースを実施しています。お気軽にお問い合わせください。

それぞれの患者さんに合わせたオーダーメイドの診療なのですね。

4

はい。セラミックなどの審美歯科においても、患者さんのご要望を大切に治療を進めています。治療前に治療後を予測した模型を製作し、口腔内写真を見せながらじっくりと相談しますので、ご自身が希望するゴールが想像しやすくなります。また歯科技工士を招くことで、患者さんが直接形や色の要望を相談することができるので、より納得して治療を受けていただけるでしょう。

「聞く」と「伝える」を重視し、相談できる歯科医院に

睡眠時無呼吸症候群の治療にも取り組んでいらっしゃると伺いました。

5

マウスピースを装着することで下顎を数ミリ前に出し、睡眠中に舌根が下がることを防ぐ狙いのスリープスプリント治療は、睡眠時無呼吸症候群に対して保険適用となっています。当院では早い時期から専門の医院と連携し、スプリント製作に取り組んできました。携帯しやすい装置なので、旅行先や出張先、海外出張の際の長距離の飛行機移動などでもお使いいただけます。ビジネスマンを中心に多くの方にご利用いただいています。ぜひお試しいただければと思います。

診療の際に心がけていらっしゃることは?

歯科医院は患者さんがお口の健康を守るためのインフォメーションセンターだと考えています。十分な情報提供を行うことで、患者さんがご自身で必要な治療を選択できるように心がけているのです。最初が肝心なので初診では皆さんに1時間をかけて、お口の現状やリスクをお伝えし、やるべきことやできる治療をわかりやすく説明します。ニーズに合わせた情報をお伝えするためには、患者さんが何を求めているのかをつかむことが大切ですので、「伝えること」と同じくらい「聞くこと」にも力を入れています。

読者に向けて一言メッセージをお願いします。

6

「わからないことを聞きやすく、適切に答えてくれる」。そんな、相談しやすい歯科医院でありたいと思っています。歯科医院は痛みがある時だけ行くべき場所ではなく、普段から定期的に来院いただき、一緒にお口の健康を守るお手伝いをする場所。ご自身のお口の現状とリスクを知ることで、予防意識を高めるきっかけにもなります。お子さんからお年寄りまで、自分の歯を生涯にわたって守るためのお手伝いができればと考えています。ぜひご家族でお誘い合わせのうえ、お気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/15万円~、インプラント治療/45万円~、セラミックを用いた治療/5万円~、トリートメントコース/5500~1万1000円

Access