淡路町デンタルクリニック

淡路町デンタルクリニック

浅野 雅子院長

29625 %e6%b7%a1%e8%b7%af%e7%94%ba%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

淡路町で長く診療を続けてきた「淡路町デンタルクリニック」が、2018年5月、淡路町交差点から外堀通りを東京方面に歩いてすぐの場所に移動し、リニューアルオープンした。新しい院内も明るくゆったりとした造りで、円い柱や石を積み上げたような壁が洗練された印象だ。浅野雅子院長は矯正が専門分野で、インプラント治療を専門とする夫とともに歯科全般を診療してくれる。専門の矯正治療は時間も費用もかかるので、多くの選択肢を提案し、納得してもらった上で治療を始めるのが鉄則と話す院長。やわらかな雰囲気の院内で治療にかける思いを聞いた。
(取材日2016年8月30日)

一般歯科をはじめ矯正とインプラント治療が1ヵ所で

―移転してビルの1階になり、より入りやすくなりましたね。

以前入っていたビルが取り壊されることになり、通ってくださる患者さんにご迷惑をおかけしないよう、近隣で探したところ、ここが見つかりました。以前はビルの2階で診療を行っていたのですが、移転して人目につくようになり、「通りがけで気になって……」という方も来院されるようになりましたね。淡路町は主人と私の母校である日本大学歯学部のある御茶ノ水や、主人が開業した歯科医院がある両国からも近く、なじみのある土地です。昔からの下町気質が残っている一方で、オフィス街の活気もあって、本当にいいところです。今まで以上に多くの方に知っていただき、より地域に根付くことができればと思っています。

―診察室が明るくゆったりとしていて、居心地が良いですね。

心配と不安を抱えておいでになる患者さんに緊張をといていただけるよう、やわらかな雰囲気にしたいと思いました。待合室には優しいピンク色を配し、診察台の椅子には元気の出る赤を選びました。この椅子は座るだけでリラックスできる、座り心地が良いと、患者さんにも好評です。緊張を和らげるという意味では、スタッフも日頃から患者さんに話しかけてコミュニケーションをとるよう務めています。治療前にまず彼女たちが患者さんのお話を聞いて、それを的確に私に伝えてくれるので、とても助かっています。歯科医師には直接聞けないことも、気軽に尋ねられるようで、患者さんの不安の解消に一役かってくれています。

―患者さんはこの辺りでお勤めしている方がやはり多いのでしょうか。

そうですね。オフィス街ですので、患者さんは近隣で働いている方がメインですが、昔からこの近くにお住まいの方、最近できたマンションからおいでになる方と、就学前のお子さんから年配の方まで幅広くいらしていただいています。

―ご夫婦で診療なさっているのですね。

夫のクリニックと当院とで、夫婦で定期的に行き来して治療にあたっています。夫は専門であるインプラント・口腔外科と一般歯科、私は専門の矯正と一般歯科全般を診ています。一つのクリニックの中で、虫歯や歯周病などの一般的な治療から、専門家による矯正歯科とインプラント治療、また審美面に配慮した歯科診療まで幅広く対応しています。患者さんにとっても選択肢が広がりますし、トータルな治療をご提示できるのは当院のいい点かもしれません。例えば、矯正やインプラントの治療の前に虫歯や歯周病の治療を済ませたり、インプラントをする前に少しだけ歯を動かす部分矯正を行ったり、といった対応がスムーズに行えますからね。



Access