グリーンパーク歯科医院

池田秀彦 院長

29115 df 1 main 1421136881

患者とのカウンセリングを重視し、予防歯科や歯牙移植などの再生治療にも積極的に取り組む

―診療の際に心がけていることはありますか?

当院は、患者さんとの十分なカウンセリングを心がけています。患者さんに治療法について説明するときには、いわゆるオーソドックスな方法と先進の医療を用いる方法の両方を提案します。こちらから一方的におしつけるのではなく、患者さんのライフスタイルや仕事の忙しさ、費用に対する考え方などをじっくりお伺いした上で方向性を決め、診療していきます。患者さんによりいっそうわかりやすい説明ができるよう、イメージ画像を使用してカウンセリングを行うこともあります。場所柄外国人の患者さんも来院されますので、言葉が通じにくいときなどには便利ですね。治療が終了したあとは、歯の健康を保つためにも定期健診に通ってもらうようにしています。当院では、定期健診にクリーニング専用の器具で歯の表面や歯と歯の間を磨きあげるPMTCを取り入れ、ドクターと衛生士によるダブルチェックで継続的にお口のケアを行っています。

―治療後も、定期的にケアをおこなっていくことが大切なのですね。

そうです。当院では、患者さんの歯をできるだけ長持ちさせるために、歯を支える土台としての根(根管)の処置である根管治療にも力を入れています。根管治療は、歯を保存するためになくてはならない「基礎工事」ともいえる重要な治療です。根管治療後の経過が思わしくないと、かぶせた部分のみならず、義歯もろとも歯を台無しにしてしまうこともあるのです。根管治療をしっかり施すことで、たとえ一度壊れた歯でも、永続的に機能させることができるのです。また、虫歯の治療においては、例えば被せ物をするとき、より精度の高い接着剤を使用し、唾液を徹底的に排除して細菌を入れないような口内環境を整えて上で接着剤を使う……などということです。

―患者が日々の生活の中で気をつけることはありますか?

あります。ご自身の歯や歯肉を、健康な状態で長持ちさせるためには、大人でも子どもでも、予防を考え定期的に歯科医院でチェックしてもらうことです。当院では、患者さんが来院しやすい環境を整え、歯を長く健康に保つための治療法として、矯正、歯牙移植、インプラント、目立たない義歯を使用した治療法などをお勧めしています。カウンセリングでは、患者さんの満足度を考慮し、予算についての相談もしながら治療方法を選択することを心がけています。

―患者さんとの印象的なエピソードがあれば教えてください。

噛み合わせが悪く、近所の歯科医院や大学病院で診てもらっても適切な治療をしてもらえずに困っている患者さんがいらっしゃいました。その患者さんは、ストレスなどによる歯ぎしりが原因で歯が摩耗し、奥歯だけでなく前歯も減ってしまっている状態だったのです。不十分な治療をしてしまうと、食べ物を噛みにくくなったり、話しにくくなってしまう可能性がある難しい治療だったのですが、当院で適切な高さのかぶせものを施したことで噛み合わせが改善し、正しい噛み合わせに戻すことができました。「今まで噛み合わせが悪くて食事もしにくかったのに、治療のおかげでおいしく食べられるようになり体重が増えました。何より気持ちが楽になって毎日の生活も楽しくなりました」と、喜んでいただけたのが嬉しかったですね。

記事更新日:2016/01/24


Access