全国のドクター8,988人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月19日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 水天宮前駅
  5. グリーンパーク歯科医院
  6. 池田秀彦 院長

池田秀彦 院長の独自取材記事

グリーンパーク歯科医院

(中央区/水天宮前駅)

最終更新日:2019/08/28

29115 df 1 main 1421136881

半蔵門線水天宮前駅から徒歩ですぐのところにある「グリーンパーク歯科医院」。院内はやわらかなイエローベージュの壁紙で統一され、清潔感のなかにも温もりが感じられる雰囲気。池田秀彦院長は、口腔外科医として勤務しながらも歯周病や補綴咬合などのセミナーに積極的に参加して技術を習得し、一般・小児歯科、歯周病治療、義歯・インプラント治療、口腔外科、矯正歯科、審美歯科治療、ホワイトニングと幅広い診療科目を掲げている。「お口の健康は心の健康」をモットーに、患者とのカウンセリングを重視。そのため診療室は全室個室である。朴訥な語り口の中にも、「エビデンスを重視した確実な診療を施し、患者のお口の健康を保ちたい」という思いがひしひしと伝わってくる。そんな池田院長に、日々の診療への思い、今後の展望などについて伺った。
(取材日2014年12月16日)

子どもから高齢者まで、幅広い年齢層や症例・ニーズに対応

水天宮の地に開業された理由を教えてください。

29115 df 1 1 1421136881

この地はいわゆる都心なのですが、日本橋箱崎町周辺には昔から住んでいる地元の方が多く、また都心の割には緑も豊かで近年ファミリー層も増えてきています。オフィス街でもあるので、先端の治療を求めるビジネスマンやOLの方が通いやすいエリアです。幅広い層の患者さんが訪れやすい立地であることをふまえ、ここで開業することを決めました。2005年に開業して、まもなく10年になりますが、平日の夜はビジネスマンやOLの患者さん、土曜日は地元にお住まいの方の来院が多いですね。東京シティエアターミナルの近くなので、海外赴任中でこのエリアに住まいを借りている方が、一時帰国のタイミングで受診に訪れることもあります。

開業にあたり、どのような医院づくりをめざしたのでしょうか。

当院では「お口の健康は心の健康につながる」をモットーに、さまざまな角度から患者さんのお口の健康を保つお手伝いをしてきました。私は日本大学歯学部を卒業後、日本大学歯学部付属病院で口腔外科医として勤務していましたが、勤務医時代に歯周病治療や歯周再生治療などの必要性を感じ、「JIADS(先進歯科医療を学ぶ会)」のセミナーに通って歯周病について専門的に学びました。そんな中で噛み合わせや矯正治療の重要性も改めて感じ、歯科スタディーグループや、東大阪にいらっしゃる本多正明先生のご指導のもと、補綴咬合についても専門的に勉強しました。私自身は歯周病治療に重きをおきながら噛み合わせなどもしっかり診て、患者さん自身が永続的に自分でお手入れしやすい口腔環境づくりのお手伝いをしていきたいと思っています。仕事が忙しかったりして定期的に来院できない場合でも、健康な歯の状態をなるべく長く保てるよう、ひとつひとつの治療に最善を尽くすことを、私自身はもちろんスタッフにも常に伝えています。

幅広く勉強されてきたからこそ診療科目も多岐にわたっているのですね。

29115 df 1 2 1421136881

そうですね。当院では一般・小児歯科をはじめ、予防歯科治療、歯周病治療、義歯・インプラント治療、歯科口腔外科、矯正歯科、審美歯科治療、ホワイトニングと幅広い診療に対応しています。スタッフは私を含めて6人、そのうち4人は女性スタッフです。矯正治療、保存治療の専門医もいます。症状によっては複数のドクターで話し合いながら、個々の患者さんの、歯と歯茎を長持ちさせる治療計画を組み立てていきます。専門分野の治療の場合は、専門スタッフと私とで相談します。スタッフ同士で患者さんの情報を共有することで、よりよい治療法を検討していけると考えています。

患者とのカウンセリングを重視し、予防歯科や歯牙移植などの再生治療にも積極的に取り組む

診療の際に心がけていることはありますか?

29115 df 1 3 1421136881

当院は、患者さんとの十分なカウンセリングを心がけています。患者さんに治療法について説明するときには、いわゆるオーソドックスな方法と先進の医療を用いる方法の両方を提案します。こちらから一方的におしつけるのではなく、患者さんのライフスタイルや仕事の忙しさ、費用に対する考え方などをじっくりお伺いした上で方向性を決め、診療していきます。患者さんによりいっそうわかりやすい説明ができるよう、イメージ画像を使用してカウンセリングを行うこともあります。場所柄外国人の患者さんも来院されますので、言葉が通じにくいときなどには便利ですね。治療が終了したあとは、歯の健康を保つためにも定期健診に通ってもらうようにしています。当院では、定期健診にクリーニング専用の器具で歯の表面や歯と歯の間を磨きあげるPMTCを取り入れ、ドクターと衛生士によるダブルチェックで継続的にお口のケアを行っています。

治療後も、定期的にケアをおこなっていくことが大切なのですね。

そうです。当院では、患者さんの歯をできるだけ長持ちさせるために、歯を支える土台としての根(根管)の処置である根管治療にも力を入れています。根管治療は、歯を保存するためになくてはならない「基礎工事」ともいえる重要な治療です。根管治療後の経過が思わしくないと、かぶせた部分のみならず、義歯もろとも歯を台無しにしてしまうこともあるのです。根管治療をしっかり施すことで、たとえ一度壊れた歯でも、永続的に機能させることができるのです。また、虫歯の治療においては、例えば被せ物をするとき、より精度の高い接着剤を使用し、唾液を徹底的に排除して細菌を入れないような口内環境を整えて上で接着剤を使う……などということです。

患者が日々の生活の中で気をつけることはありますか?

あります。ご自身の歯や歯肉を、健康な状態で長持ちさせるためには、大人でも子どもでも、予防を考え定期的に歯科医院でチェックしてもらうことです。当院では、患者さんが来院しやすい環境を整え、歯を長く健康に保つための治療法として、矯正、歯牙移植、インプラント、目立たない義歯を使用した治療法などをお勧めしています。カウンセリングでは、患者さんの満足度を考慮し、予算についての相談もしながら治療方法を選択することを心がけています。

患者さんとの印象的なエピソードがあれば教えてください。

29115 df 1 4 1422236679

噛み合わせが悪く、近所の歯科医院や大学病院で診てもらっても適切な治療をしてもらえずに困っている患者さんがいらっしゃいました。その患者さんは、ストレスなどによる歯ぎしりが原因で歯が摩耗し、奥歯だけでなく前歯も減ってしまっている状態だったのです。不十分な治療をしてしまうと、食べ物を噛みにくくなったり、話しにくくなってしまう可能性がある難しい治療だったのですが、当院で適切な高さのかぶせものを施したことで噛み合わせが改善し、正しい噛み合わせに戻すことができました。「今まで噛み合わせが悪くて食事もしにくかったのに、治療のおかげでおいしく食べられるようになり体重が増えました。何より気持ちが楽になって毎日の生活も楽しくなりました」と、喜んでいただけたのが嬉しかったですね。

常に新鋭の治療法を取り入れながら、地域住民のお口の健康を守っていく

先生が歯科医師をめざしたきっかけは何だったのでしょう。

29115 df 1 5 1421136881

父が、福島県の実家で外科の開業医をしています。父から将来医師になることを勧められたわけではありませんが、小さい頃から父が患者さんと接している姿を常に見ていて医療に興味がありましたので、自然と医師を志すようになりました。そして、高校生の時に同級生の影響もあって、日本大学歯学部に興味を持ち、入学しました。とても伝統のある大学です。この地域でも同窓の先輩が多くいらっしゃり、今でも多くの先輩と交流を持って学ばせていただいています。私の父は開業して30年になりますが、いまだに現役で、外来診療に加えて往診も行っており、尊敬すべき存在です。私も父のように生涯現役をめざしたいと思っています。

休日はどのようにお過ごしですか?

私の場合、仕事が趣味のようなものです。父の影響もあるのか、時間ができると医療についての調べものをしたりなどをしていて、積極的に休みをとりたいとはあまり思わないですね。2年に1度くらいの割合で海外旅行に行っていますが、そのときも、単なるバカンスだけでなく、現地の病院の見学などもしています。開業前に訪れたニューヨークのクリニックがイエローベージュの壁紙でやさしい雰囲気だったのが印象に残り、当院でも同様の雰囲気を醸し出せるように同じ色の壁紙を使用しています。患者さんが治療に集中でき、小さなことでもお話ししやすいように、プライバシーを重視した個別診療室にしているのも海外のクリニックからヒントをもらいました。患者さんに「治療を受ける」という緊張を与えないよう、当院ではBGMにハワイアンミュージックをかけています。

今後の展望と患者さんへのメッセージをお願いします。

29115 df 1 6 1421136881

虫歯や歯周病にならないよう歯の健康を重視する予防歯科に力を入れ、エビデンスに基づいたより新しい医療を取り入れながら、少しずつ進歩させていきたいと思っています。定期健診についても、当院独自の新しいシステムをつくっていきたいですね。また、当院ではインプラント治療にも対応していますが、インプラント治療も日々技術が進歩しており、5年後には違うものに変わっている可能性が高いと思います。インプラント治療だけでなく、自分の歯をすでになくなった別の場所に植える歯牙移植や親知らずの冷凍保存など、再生治療にも積極的に取り組んでいきたいと思っています。病院というのは患者さんにとっては来院しにくいところかもしれませんが、患者さんが気軽に立ち寄り、歯の相談やクリーニングを受けることができる雰囲気づくりを大切にしています。お口のことで気になることがあったら、どんなに小さなことでも相談しにきてほしいですね。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access