全国のドクター9,188人の想いを取材
クリニック・病院 161,264件の情報を掲載(2020年8月15日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中央区
  4. 三越前駅
  5. 日本橋形成外科
  6. 網倉良安 院長

網倉良安 院長の独自取材記事

日本橋形成外科

(中央区/三越前駅)

最終更新日:2019/08/28

29046 df 1 main 1424429172

三越前駅から徒歩2分。江戸桜通り沿いのビル2階に「日本橋形成外科」がある。シンプルでありがながらも、お洒落で高級感のある院内はスタイリッシュで清潔感にあふれている。ここで2011年より院長を務めているのが網倉良安先生だ。「もし自分が治療を受けることになったら、絶対にうちで治療を受けたいと思います」という言葉通り、ドクターや治療の質、使用している器具などすべてにおいて高品質な医療を提供している。クオリティーを高める一方、患者と話す際には専門用語を使わず、わかりやすい言葉での説明を心がけるなど、患者の不安に寄り添う努力を怠らない。穏やかな人柄と真摯に医療と向き合う姿勢が患者の信頼を集めている。そんな網倉先生にお話しを伺った。
(取材日2015年2月4日)

自信のあるものだけを使用し、高品質・高クオリティーの医療を提供

院内はとてもスタイリッシュで素敵なデザインですが先生が選ばれたのですか。

29046 df 1 1 1424429172

はい。使用する素材にもこだわって、建材屋さんに足を運び、自分で仕入れてきました。壁紙もアレルゲンを含まないものを使用し、すべて自分で選びました。院内には手術室もありますし、お子さんの患者さんだと待合室をはだしで駆け回ったりすることもありますので、できるだけケミカルなものを排除してクリーンな空間にしたかったんです。他にも、できるだけウッド素材を多く使用し、やわらかい雰囲気がでるように設計しました。患者さんの緊張を少しでも和らげることができるように、明るく優しいイメージにしました。

クリニックの特徴を教えていただけますか。

当クリニックに在籍しているドクターはすべて形成外科の認定医で、昭和大学の形成外科出身です。治療に使用している糸などの材料や器具もすべてこだわっておりますので、あまり保険診療では使用しないレベルの高品質なものを使用しています。非常にクオリティーが高く、質のいい医療を提供できるのが大きな特徴だと思っています。我々、医師の目から見ても、自分が治療を受けるならば絶対にここで受けたいと思える環境を作っています。自分が納得できないものは使わないし、人に勧めることは絶対にありません。自信があるものしか使用しませんので、予備知識がまったくなくても安心して来ていただき、治療を受けていただけると思います。

では先生がいつも心がけていることを教えてください。

29046 df 1 2 1424429172

患者さんに説明する際にはできるだけ専門用語を使わずに、わかりやすい言葉で説明することを心がけています。相手に理解していただけないと説明しても意味がありませんので、医師が普段使うような医療用語ではなく、誰にでもわかる言葉を選ぶようにしています。例えば腫瘍というのは専門用語ではできもののことであり、良性・悪性両方ありますが、一般的にはどうしても悪性のイメージが強いですよね。「これは腫瘍ですね」とお話しすると「癌ですか?」とおっしゃる方もいらっしゃるくらいです。腫瘍には良性もあるということをまず最初に説明しておけば、患者さんが動揺することもありません。説明の手間を惜しまず、理解していただける内容でお話しするようにしています。

患者の様々なニーズに答え、土日も診療。手術は夕方でも対応可能

クリニックに来られる患者さんの年齢層や主訴は何ですか。

29046 df 1 3 1424429172

一番多いのは皮膚のできものができたので取ってほしいという患者さんですね。次に多いのは腋臭の治療を希望される患者さんです。湿疹や怪我で来られる方もいらっしゃいます。年齢層はお子さんからご年配の方まで幅広いです。日本橋という土地柄、昔からこの近隣地域に住んでいらっしゃるという方が多いです。お年配の方は、巻き爪の症状で来られる方もいらっしゃいます。加齢によって腰が曲がってしまい、自分では足の爪がよく見えずに切ることができない患者さんもいらっしゃいます。土日も診療しておりますので、平日は休めないというお勤めの方も多いですね。

皮膚皮下良性腫瘍手術も対応しているのですね。

29046 df 1 4 1424429172

粉瘤や脂肪腫など、原因は様々ですが、皮膚が盛り上がって触れるような状態が見られることがあります。痛みがあることもありますし、まったく無痛の場合もあります。良性なのでそのままで様子をみましょうと言われることもありますが、場合によってはかなり大きくなり、こぶしほどの大きさになることもあります。当クリニックではこれらも手術で取り除くことができますが、ある程度条件がそろえば日帰りも可能です。被膜の中に麻酔を入れますので痛みがありません。ある程度被膜がしっかりしていることと、筋肉の中に腫瘍が入っていなければ、大きいものでも日帰り手術が可能です。本来であれば術後の安静が保てるので入院していただくのが一番いいのですが、お仕事が忙しかったり、家庭の事情で入院できない方もいらっしゃいます。また昼間はお仕事があり受診できないという方のために、夕方にも手術ができる体制を整えています。患者さんのご希望にはなるべく沿えるようご相談を受けつけています。

患者の求める結果よりさらにワンランク上の治療結果を提供し続けたい

先生は子どもの頃どんなお子さんでしたか。

29046 df 1 5 1424429172

至って普通の子どもだったと思います(笑)私は山梨の出身で、自然が多い田舎でしたから外で遊ぶのが好きでしたね。近所にスクールがあったので、小学校高学年からテニスを始めました。大学のサークルまで続けて、今でもたまにすることがあります。

医師を目指したきっかけは何ですか。

私の父が医師になりたかったそうなのですが、家庭の事情でなることができなかったんです。その父に、小さい頃から「医師はとても素晴らしい仕事じゃないか。医師になったらどうだ」と勧められてきました。もともと手先が器用で細かい作業も好きでしたから、幼稚園の頃にはもう医師になるものだと思っていましたね。父にうまく刷り込まれたのかもしれません(笑)建築にも興味があり、建築学科なども検討したこともありましたが、やはり医師への思いが強く、迷いはありませんでした。父も喜んでくれたと思います。外科を選んだのは、結果がわかりやすいことからです。我々は職人なんですよね。技術を学び高めて、自分が納得できる仕事をする。人の体にメスを入れるわけですから、自分に自信がないとできません。基礎をしっかり身につけ、質の高い技術を提供する。そういったところに魅力を感じました。

最後に今後の展望をお聞かせください。

29046 df 1 6 1424429172

患者さんが求めるものより、ワンランク高いクオリティーの医療を提供し続けていきたいと思います。大学病院と同じクオリティーで診療していると思っておりますので、今後も皆様のニーズに答え、しっかりと地域に根差したクリニックとして、いままで培った経験や知識を生かし、最良の医療を提供していきたいです。

Access