全国のドクター9,353人の想いを取材
クリニック・病院 160,994件の情報を掲載(2020年12月03日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 杉並区
  4. 阿佐ケ谷駅
  5. 山下スマイル歯科
  6. 山下 圭造 院長

山下 圭造 院長の独自取材記事

山下スマイル歯科

(杉並区/阿佐ケ谷駅)

最終更新日:2019/08/28

20180425 %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

南阿佐ケ谷駅から徒歩3分、阿佐ケ谷駅からも徒歩10分ほどの「山下スマイル歯科」。「予防歯科とハイクオリティー歯科で患者の歯と健康を守りたい」と話す山下圭造院長のもとには、そのコンセプトに共感する患者、歯科医師、スタッフが集い、「生涯健康な歯を維持する」という同じ目標に向かって前向きな取り組みを行っている。同院の予防プログラムについてやスタッフとの抜群のチームワークの秘訣など、さまざまな角度から話を聞いた。
(取材日2013年12月11日)

予防歯科とハイクオリティー歯科で歯と健康を守る

ここ阿佐ケ谷への思いはいかがでしょうか?

1

22年前の開業当時は知り合いもほぼいませんでしたが、今では7000人の大切な患者さん、温かいご近所の方、素晴らしいスタッフ、家族に支えられ、私の人生の中で故郷と同様にとても大切な場所となっています。最初のクリニックを開業したのは1991年ですが、そこが手狭になり2003年に移転しました。新しいクリニックの設計を手がけていただいたのは、患者さんでもあった設計士さんです。プライバシーを保ちながらも圧迫感がないデザインをお願いしたところ、北欧風の温かい空間を見事につくってくださいました。診察室に3台のユニットがあるほか、歯のクリーニング専用プライベートルームがあります。患者さんのニーズに応えるため、メンテナンス専用の別院も増設しました。

貴院のコンセプトを教えてください。

「予防歯科とハイクオリティー歯科であなたの歯と健康を大切にします」がコンセプトです。かつては「歯科医療を通じて少しでも患者さんの役に立ちたい」との思いで診療を行ってきました。しかし、治療をすればするほど、歯を削ること・抜くことだけでは本当の解決にならないと考えるようになり、予防歯科に本格的に取り組むようになったんです。予防歯科に興味があり、自分の歯を大事にしたい方のための歯科医院になると決めたところ、スタッフの意識も高まり、クリニック全体のレベルアップにもつながりました。

「ハイクオリティー歯科」についても詳しくお聞かせください。

予防歯科に共感される患者さんは、その場しのぎではなく、より高度な医療を求めています。そのご要望に応えられるよう、歯科用マイクロスコープによる精密治療のほか、矯正やインプラントなどの治療は各専門家が担当しています。私は自ら掲げた「予防歯科を中心としたかかりつけ医」の実現に集中し、米国コネチカット大学で学んだインプラント治療などを優秀な歯科医師と連携して提供し、レベルアップを図っています。この診療スタイルこそ、患者さんの歯と健康に最もメリットがあると考えています。

なぜそこまでハイレベルな歯科医療にこだわるのですか?

20180717 2

大学卒業後お世話になった霞が関の研修機関では、南カリフォルニア大学で学んだ歯周病・歯内治療・小児などの専門家集団が治療を行うアメリカンスタイルの診療を行っており、その時に受けた影響も大きいと思います。予防歯科というコンセプトに基づき、高品質の歯科医療を提供するためには、自分一人ですべての治療を行う日本的なスタイルより、専門家との連携で予防に特化したハイレベルな歯科医療が重要だと知ったんです。

虫歯菌・歯周病菌検査から始まる予防歯科

このクリニックならではの特徴は?

33

生涯を通して歯と健康を大切にするために、患者さん全員に虫歯唾液検査と歯周病顕微鏡検査を受けていただきます。そして、ただ結果を伝えるのではなく、う蝕に関する基礎知識や食生活、フッ素の利用、唾液の量、クリーニング、キシリトール、歯周病などの知識をまとめたオリジナル資料を使ってその方に最適な虫歯予防の方法を説明します。ただ「虫歯になりやすい」と言われても受け入れにくいと思いますが、虫歯唾液検査の結果があれば、「自分は唾液量が少ないから、一生懸命歯磨きをしても虫歯になる危険性が高い」とわかり、予防プログラムの実行率も高くなります。

全患者に虫歯菌・歯周病菌検査の実施を始めたきっかけは?

虫歯唾液検査を受けたスタッフの発案です。彼女も最初はそれほど自分の口腔環境に興味がなかったのですが、検査結果がはっきり表れたことで予防に対する意識が大きく変わったそうです。特に自分の口の中の状態を詳しく知ることからスタートする大切さを実感し、ぜひクリニックでも取り入れたいと提案がありました。検査によって、虫歯になりやすい方のリスクをすぐにゼロにできるわけではありませんが、情報を共有し、患者さんの歯と健康を生涯にわたって守るという共通のゴールに向かって、一緒に前向きな予防に取り組めます。

スタッフの意見も大切にされているのですね。

44

当院の一番の自慢はスタッフです。仕事への高いプロ意識と優れた技術、患者さんの対応、人間性など、どれをとっても優秀な人物ばかり。個々の得意分野を生かしたチームワークも自慢です。何より「患者さんの歯と健康のために何ができるか」を常に考え動いてくれることに感謝しています。例えば、患者さん向けの資料には、歯科衛生士が2年間キシリトールを食べている自分の子どもと、食べていないお友達との歯の汚れの取れ方の違いを調べ、その結果を掲載しています。数ある雑誌や論文と比較してもこれほどわかりやすい資料はなく、他では手に入らない貴重なデータを患者さんに提供できました。

海外研修も行っていると伺いました。

予防歯科について学ぶために、歯科医師と歯科衛生士など数名のスタッフでフィンランドやスウェーデンへ研修に行っています。2012年には国内予防歯科の中心的存在である山形県酒田市の日吉歯科で、スタッフ全員が見学・研修をしたり、フリーランスの歯科衛生士を招いて定期的な院内研修を受けたりしています。日常の診療から学ぶことはもちろん多いのですが、学会や研修などから学ぶことも大切だと考えています。

徹底した衛生管理は患者への「おもてなし」

こちらで実施している初診コンサルティングとは?

5

初診時には質問票の内容をもとに20〜30分かけてコンサルテーションを行います。何も話をしないで急に口を開けられ、即治療をされることの恐怖などで、歯科医院への不満を感じる患者さんは多いのです。その気持ちを受け止めるためにも、治療に入る前のワンクッションは大事だと考えています。患者さんの主訴のほか、治療に対する要望や理想、今まで歯科医院で経験した困り事や不満についても伺います。患者さんの満足度を高めるため、担当スタッフにはコミュニケーションをより深く学ぶためのセミナーなどを受講してもらっています。

衛生面についてもこだわりがあるそうですね。

直接目に見えないところこそ大切にすべきだというのが私のモットーです。当院はドイツ製の診療ユニットを7台そろえ、治療用、ゆすぎ用などすべての水を自動消毒するシステムを導入しています。また、治療に関わるすべての水道は清潔を保つためにノンタッチセンサーの水洗を採用し、治療器具は使い捨て製品を使用するなど、衛生管理を徹底させています。回転切削器具の滅菌も患者さんごとに行っています。費用がかかる割に評価されにくい部分ですが、「おもてなし」の気持ちで、安心して治療を受けられる体制をめざしています。

患者さんとのエピソードがあればお聞かせください。

現在は訪問診療は行っていないのですが、ご家族からどうしても来てほしいと頼まれ、寝たきりのご高齢者のもとへ伺ったことがあります。お口の中を拝見すると、汚れをきれいに拭かせていただくくらいのことしかできなかったのですが、とても感謝されました。私は何もできない自分がふがいなかったのですが、心から感謝してくださることに驚き、心を動かされました。それまで技術を磨くことが何よりも大事だと思っていましたが、患者さんに気持ちを向けることの大切さを学ぶと同時に、このような形で貢献することもできるのだと気づかされました。

今後の展望と読者にメッセージをお願いします。

66

歯科医師としてさらに技術を磨き、患者さん一人ひとりに貢献すると同時に、スタッフのスキル向上や育成にも全力で取り組んでいきたいです。おかげさまで患者さんの数は年々増えており、予約が取りづらい状況です。それを少しでも緩和するために、メンテナンス専用の別院を開設しました。また医師で落語家の先生をお招きした「笑いと健康」がテーマの「大感謝講演会」には100名以上の方にご参加いただきました。今後も広く全身の健康に関する情報提供を積極的に行い、皆さんの健康に貢献していきたいと思います。

Access