医療法人社団博成会 川崎歯科クリニック

医療法人社団博成会 川崎歯科クリニック

川崎 洋介院長

頼れるドクター

27301

患者の全身の健康を守る「予防型クリニック」をめざす

―ホームページの「アンティーク・レトロ歯科」というページはとてもユニークです。先生のご趣味ですか?

私はレトロでアンティークな物が好きで、古い歯科関係の資料を集めているんです。古い物に興味を持つようになったのは、昭和30年代の東京の下町を舞台にした日本映画を見た頃です。歯科関連の物は誰も集めていないのではないか、これなら自分も楽しいし、患者さんに見せても面白いだろうと思ったのがきっかけでした。歯磨き粉の缶や欧米の歯科に関する昔の画集などをたくさん集めていて、2012年には個展も開催しました。余談ですが、今は見ることも少なくなった昔懐かしの丸型ポストにも愛着があり、SNSで「丸型ポストの会」も作っています(笑)。

―近年、口の中の状態が全身の健康にも影響すると言われます。これについて取り組んでいることは?

虫歯や歯周病を治すのは、歯科医院が患者さんに関わるスタート地点に過ぎません。歯や歯茎をしっかりケアすることで、きちんと噛める、飲み込める、栄養を取れる、健康な体で健康長寿を実現する……と、健やかに長生きするためのサポートをしたいと思っています。歯科医院で虫歯や歯茎を治して終わりではなく、口の中の状態が良くなって周りの人とのコミュニケーションが楽しくなれば、引きこもらないで外に出るようになるでしょう。最近では歯周病が糖尿病などの生活習慣病と深く関わることが知られるようになりましたが、その予防のためには医科・歯科の連携が必須です。地域の方々の健康な人生をサポートできるよう、スムーズな連携にもしっかり取り組んでいます。

―最後に、今後の展望についてお聞かせください。

私たちが力を入れたいのは、予防です。そのためにはマンパワーが欠かせません。今後は歯科衛生士をさらに増やし、健康志向に基づく予防型クリニックをめざしています。また、「健康美」を追及したいという患者さんのニーズが増えてきており、当院でも審美歯科に今以上に取り組みたいと思っています。適合性や耐久性に優れ、体へのなじみがいいセラミック、健康な歯を削らずに白くするホワイトニング、バネがないタイプの審美的に優れた入れ歯などをご用意しています。見た目がよくなるだけでなく、自然な笑顔がでて、明るくなれたという患者さんのお声を伺うと、やりがいを感じます。患者さんの健康を守るために一生懸命努めますので、気になることがあれば気軽にいらしてください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access