きくち歯科医院

きくち歯科医院

菊地 晶 院長

26360 df 1 main 1401841461

身近な歯科医院で、ベーシックな治療から最先端医療まで。多様化する患者のニーズに応えて、日々努力を重ねているのが菊地晶院長だ。約20年前、西武線椎名町駅前の便利な場所に開業した「きくち歯科医院」は、院長やスタッフが町の人によく声をかけられるほど地域に密着した歯科医院となっている。「そんなふうに信頼してくれるみなさんの健康を守りたいから、生涯この場所で診療を続けたい」と菊地院長。さらに生涯の師と仰ぐ中川孝男先生との出会いによって、国際基準にマッチした歯科医療にも早くから取り組んできた。「手軽で確実で安全な治療法があるなら、それも選べた方が患者さんのため」との思いから常に勉強を続け、診療への導入を図る菊地院長に最新の歯科医療について話を聞いた。
(取材日2013年4月21日)

同じ町で診療を続けるのは、これまで診た患者への責任

―椎名町駅前に開業されて、20年以上だそうですね。

毎日一生懸命に診療していたら、いつの間にか22年過ぎていたという感じです。とはいえ小さい頃から診てきた子が成人して、「もうすぐ結婚します」と教えてくれたときには、さすがに時間の経過を再認識しました(笑)。当院は駅に近いためか地域のみなさんから親しまれて、私やスタッフと町ですれ違うと、声をかけていただけるのもうれしいですね。現在、当院で管理している患者さんのカルテは6000枚以上。それだけ多くの方の「かかりつけ医」として、今後も診療を続けていく責任を感じます。また身近な歯科医院でありながら、ベーシックな治療から最新技術まで対応できるよう、常に自分の知識や技術をアップデートする勉強も必要でしょう。特にここ20年の歯科医療の進化はめざましく、例えば安価でスピーディーな骨再生技術の登場で可能性が大きく広がった感覚さえありますから。

―そうした技術が治療に果たす役割を教えてください。

いくつか代表例をお話しすると、まずPRGFやGRFという最新の骨の再技術の活用によって、歯の土台となる『骨の再生』が可能になりました。歯周病などで歯を支える骨を失った患者さんでも、歯を抜かずにすむようになりました。特にインプラントを使う場合は、埋め込む土台になる骨を再生技術で補うことで、固定が安定して審美的な回復が可能になり、長持ちすると期待されています。また当院では20年前から当時は最新だったYAGレーザー(ヤグレーザー)治療に取り組んでいました。レーザーは口の中を衛生的に保って予防効果を上げる、痛みが少なく治癒が早い歯周病治療ができる、治療をより安全にきめ細かくできるなど、多様な分野で大きなメリットがある治療法なんですよ。このほか高精度の測定と正確なシミュレーションにより、顎の動きまで考慮した最適なかみ合わせをご提供することも可能になりました。

―最新の治療に積極的に取り組まれているのですね。

最新技術を使えば、より手軽で効果的な予防や治療が実現できる場合も多いんですよ。私は患者さんの痛みを早くなくすのはもちろん、「虫歯や歯周病を効果的に予防する」「歯を長持ちさせるための治療を行う」ことも重視しています。治療してもすぐ別の所が悪くなる、治療した部分が劣化するなどの理由で、ずっと歯科医院に通い続けるのは患者さんにとって非常につらいことでしょう。より衛生的で再発しにくい治療、歯への負担を減らす高精度なかみ合わせには、最新技術が欠かせないのです。欧米では技術革新が積極的に医療現場に反映され、レーザーによる予防や治療も一般的になっています。このような日本と異なる国際レベルの歯科医療を知るきっかけとなったのが、私が生涯の師と仰ぐ中川孝男先生との出会いでした。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細