東京保健生活協同組合 東京健生病院

山崎 広樹院長

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

文京区大塚にある「東京健生病院」は、1982年、東京保健生活協同組合が設立した病院。医療生協の保健活動と、医療機関、介護事業所のネットワークを生かし、地域の中で患者と家族を支えることをめざしている。特に、慢性期の患者に対するリハビリテーションでの援助や、最期まで地域で暮らすための医療、介護支援は同院がもっとも得意とするところ。急性期を終えたものの、日常生活に戻るには不安がある患者の受け皿としての役割は大きい。必要があれば、退院前に同院の職員が患者の自宅に出向き、その患者が退院後、家で生活をするにはどんな設備やサービスが必要で、それには介護保険をどのように使っていくかといった提案も行っているそうだ。また同院は透析や健康診断にも力を入れており、「地域の誰もが安心してかかれる病院として、総合診療をめざしていきたい」と院長の山崎広樹先生。今回は、地域における同院の役割や各病棟の特徴、透析治療などについて話を聞いた。
(取材日2018年4月18日)

最期まで地域で暮らすための医療を提供

―まずは病院の成り立ちと地域での役割について教えてください。

当院の運営母体である東京保健生活協同組合は地域住民の健康促進をめざし、医療生協の保健活動と、誰でも安心してかかれる医療機関と暮らしを支える介護事業所のネットワークによって事業を行っています。その中で当院は、急性期症状が落ち着いた慢性期における良質な医療の提供をめざし、在宅復帰を支援するリハビリテーションにも力を入れています。例えば、大きな手術を無事終えたとしても、まだ不自由があると、すぐに日常生活に戻るのは難しいですよね。高齢者であれば、数日の入院で認知症の症状が現れることもあります。そのような患者さんに、入院中、体を動かせるようリハビリを行い、帰宅前のワンクッションとなることが、当院の大事な役割の一つです。在宅療養を希望される場合は、訪問診療や介護サービスを受けるための調整もいたします。在宅療養中、一時的に具合が悪くなったときのバックアップ機能として入院していただくこともあります。

―どういった病棟がありますか?

回復期リハビリテーション病棟が27床、希望に応じてリハビリを取り入れられる地域包括ケア病棟が35床、そして、療養病棟が64床あり、差額ベッド代は不要です。回復期リハビリ病棟は、入院期間が最大180日。ご自宅で生活できる程度に体が動くよう、患者さんに合わせたリハビリを実施していきます。療養病棟では、長く調整が必要な方や末期で看取りを必要としている方が、地域の病院で最期を迎えられるように、という部分を担っています。当院では、療養病棟においても決して寝かせっきりにはしません。ターミナルという人生最後の状況において、多くの患者さんは身の回りのことが少しずつできなくなっていきますが、人としての尊厳という意味でも、ご自身のことはなるべく自分できることが大切です。そこで、体が固まってしまわないようにベッドサイドで簡単な動きやリハビリを行ったり、自分で歯を磨く、食事をする、といった部分を援助します。



Access