岡野歯科医院

岡野歯科医院

岡野欣之 院長

頼れるドクター

25835 df 1 main 1426656621

「患者さんの歯の健康管理を、生涯を通じて診させていただく。そういった気持ちで行うのが本当の治療です」と話す岡野欣之(よしゆき)先生が院長を務める「岡野歯科医院」。今年で開業100周年を迎え、親子3代にわたって通う患者さんもいるほど地域に根差した診療を続けている。東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩3分、お茶の水女子大学と跡見学園に挟まれた文教地区らしさが色濃く残る街路に面する同院。祖父、そして父から受け継いだ確かな技術と知識、経験に基づいた「患者さん本位」の診療を心がけており、「コミュニケーションを通じて信頼関係を築きながら診療にあたる」ことをモットーとする岡野院長に、歯科診療に向き合う信念と、地域医療にかける思いについて伺った。
(取材日2015年2月26日)

義歯(入れ歯)なども自分たちの手で、父から受け継いだ技工へのこだわり

―今年が開業100周年、岡野院長が3三代目ですね。医院について教えてください。

祖父が大正4年に歯科医院を開業して、それを父が継ぎ、その後を私が継いで今年の6月には100周年を迎えます。医院の内装は、患者さんがリラックスして受診できるよう落ち着いた雰囲気でまとめ、天井には丸みを持たせて広がりを感じさせる空間づくりを施しています。患者さんの層は、祖父の時代から通ってくださる方とそのお孫さんまで、親子3代続けて通ってくださる方がいらっしゃいますし、最近では近隣にあるお茶の水女子大学や跡見学園などの学生さんも増えています。あわせて、小学生になる私の子どものお友だちとのつながりで、親御さんから「ちょっと診てほしい」といった親子の患者さんも増えています。年齢層が幅広くなったことで、患者さんとのコミュニケーションの大事さを感じています。古くから通ってくださる方とは身近な話題を交え、小さなお子さんであれば学校での出来事などを問いかけながら、笑顔のある診察に努めています。科目は、歯科一般、矯正歯科、小児歯科、口腔外科を標榜しています。

―医院の特徴をお聞かせください。

まず、院内に技工室を設けており、患者さんの入れ歯やクラウン(被せ物)などの補綴物の製作と加工は、外部に依頼することなくほぼすべて私たちの手で行っています。患者さんにとっては仕上がり期間が短く、色の調整や嚙み合わせの修正もすぐに行え、患者さんと私が納得できる品質まで仕上げられるのが特長といえるでしょう。もともと父が技工もできる歯科医師として患者さんの入れ歯を作る姿を見ていましたので、8年間ほど東京医科歯科大学の研修医、医員、専攻生として研究・勤務していた時代も、当然のように技工について学びました。当時の友人たちは、「技工もするの?」とけげんそうに尋ねてきましたが、私にとって技工は「学ぶのが当たり前」という感覚でした。患者さんの口の中を一番知っているのは外部の技工士ではなく、いつも患者さんの口の中を診させていただいている自分たち歯科医師ですから、技工を自らの手で行うのが当たり前だと思っていました。

―先生が診療で重視する「こだわり」は何でしょうか?

当院では、詰め物、被せ物、入れ歯などの材料にこだわりを持っています。経営面を考えれば、材料費を安く済ませらればいいのですが、安い材料では長く使う入れ歯の質、寿命にもかかわりますよね。「材料に妥協をしない」ことは、父の代からのこだわりで、良い材料を使うことで製作物の精度が格段に上がります。変色しにくい細かな粒子や、耐久性、耐摩耗性などの面で考えると、最良の材料を選ぶのは当然なので、ここは絶対に妥協できない部分ですね。それから、当院では衛生管理面にも力を入れています。滅菌器には、完全に近い滅菌を施せる欧州基準をクリアした高圧の機器(クラスB規格)を導入して、ペーパータオルまで滅菌して使用しており、意識としては、総合病院の外科外来と同じ衛生管理レベルをめざしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細