城山ガーデンデンタルクリニック

谷 正明 院長

25408 df 1 main 1366879506

自分の技術力に自信があれば、過剰な設備は不要

―診療の際に心がけていることはありますか?


ドクターと患者さんの間には、信頼関係が必要不可欠だと思っています。患者さんの中には、過去に他のクリニックで嫌な思いをしてしまって、猜疑心を抱いていらっしゃる方もいます。そういう患者さんは、顔や表情を見ればすぐに分かります。ドクターの第六感とでも言うのでしょうか。そんな患者さんには、特に丁寧に接して、じっくりとお話をするようにしています。まずは治療内容を複数提示して、それをきちんと「治療方針書」という書面にしてお渡しします。口頭の説明と違って、書面にすると患者さんも余裕を持って考えることができますからね。そして患者さんの立場になって、困っていることはすべて解決してあげること。治してあげたいという思いが強すぎて、つい治療時間が長引いてしまうこともあるんです。時々スタッフに「先生、そろそろ次の患者さんの時間ですよ」と、注意されることもあります(笑)。

―信頼できるドクターを選ぶコツはありますか?


やはりメディアに掲載されている情報だけに頼らずに、知人の評価や口コミなどを参考にしてみるのがよいのではないでしょうか。当クリニックもここに開業してから、ホームページはありますが、口コミやご紹介などに支えられてきました。また、いざというときにはきちんと大学病院や専門医を紹介してくれるドクターが信頼できます。当クリニックでも、矯正治療は外部から矯正専門のドクターを招いて治療にあたっています。歯科治療は全身の健康に影響をおよぼす、とてもデリケートな処置です。患者さんのために、大学病院と連携をとり常に万全の体制で治療を行うように心がけています。

―院内の設備でこだわっているポイントを教えてください。


待合室はホスピタリティを重視して、ゆったりくつろげるソファーや椅子を用意し、治療説明のDVDも流しています。プライバシーに配慮して各ユニットはパーテーションで区切ったり、個室の診療室も用意しています。オペ室には大型画面を設置して、CT画像を見ながらの手術ができるようになっています。しかし、これらは患者さんが、快適で安全に治療を受けていただくために用意している基本的で意義のある物(レーザー、超音波手術機具など)です。最新の機器や道具も一定の評価はしますが、それらに頼るのではなく、ドクターは腕で勝負する!というのが私の長年のポリシーなのです。自分の技術力に自信があれば、特別な機械(根管治療用顕微鏡)などは必要ないと思っています。

―読者にメッセージをお願いします。


歯は人生を豊かにするための大切な要素です。歯が健康になったり咬み合わせが改善されれば、何でもたくさん食べられるようになります。生きるための活力や栄養は食べ物から摂取することが第一です。そして食べ物をよく咬み切ったり咬み砕いたりできるようになれば、胃腸など消化器への負担軽減にもつながります。また、口元の印象が美しくなって自分に自信を持てるようになると、笑顔も増えて人生がもっと楽しくなりますよね。そんな健康的な歯を維持するためにも、半年に一度で良いので定期健診を受けてください!

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細