ひろこデンタルクリニック

ひろこデンタルクリニック

笹淵 博子院長

頼れるドクター

25271

東京タワーにほど近い港区芝にある「ひろこデンタルクリニック」。「ビジネス街だけあって、患者さんはサラリーマンが多いです」と優しく朗らかな笑顔で話す笹淵博子先生。博子先生をはじめスタッフは女性のみで構成され、一般的な歯科はもちろん審美歯科やデンタルスパにも力を入れている。また、完全個室のカウンセリングルームを備え、女性ならではの悩みや相談にも対応。「できることを包み隠さず、患者さんに伝えることが義務」と、可能な限りのコミュニケーションを取りながら、治療を進めるのが博子先生のモットー。何としても「痛い」「怖い」という歯科医院のイメージを払拭したいという博子先生に、じっくり話を聞いた。
(取材日2017年9月12日)

歯科医院とは人の人生を変えられる場所

―歯科医師になろうと思ったきっかけを教えてください。

子どもの頃に医療関係のドラマや漫画を見て、かっこいいと思ったことが最初のきっかけですね。実は私は未熟児で生まれ、当時は発育不足で病院に通う毎日でした。いまだに覚えているのは、夜眠れないほど歯が痛かった時期に歯科医院で治療を受けたところ、あっという間に痛みが消えて驚いたことです。そんなことも重なり、医療の世界に憧れを感じていました。それから縁があって北海道の医療大学に進み、そこで出会った恩師の紹介で、東京の歯科医院で働くことになりました。勤務医を経て開院してから10年たちますが、大学時代に教授に言われた「歯科医師は体力勝負」という言葉を、今とても実感していますね。

―審美治療に力を入れているそうですが、患者さんで多いのは女性ですか?

実は患者さんの7割以上が男性なんです。場所柄、サラリーマンの方が多いからでしょうね。また近くに昔ながらの商店街があることから、地元の方たちにも来院していただいております。審美歯科については、大学時代に学んでから、開院の際にはやりたいと思っていました。当時はまだ審美歯科の概念がなく、否定的に見られることもありましたが、ニーズの高い現状を見ると間違っていなかったと思います。何事においても第一印象は大事です。男性にも女性にも歯並びや歯の色は気にかけてほしいと思います。また、最近興味のある分野は噛み合わせです。当院の患者さんを診て感じるのは、きれいな口元の方が増えた一方、噛み合わせが悪い方も増えたことです。原因としては、集中することによる歯ぎしりや食いしばりの増加、食生活の乱れなどが考えられます。若い方も多いので気をつけてほしいですね。

―患者さんとの印象的なエピソードがありましたら教えてください。

今でも鮮明に覚えているのが、北海道での勤務医時代に通われていた患者さんです。学校の先生だったのですが、とにかく声が小さく、当初はほとんどコミュケーションを取ってもらえませんでした。それから治療が進み、歯がきれいになっていく度に、猫背だった姿勢が別人のように伸び、目を見て話してくれるようになったんです。その時に、歯を健康にするだけではなく、心の内面も健康にしていたことを実感しました。ふと私も昔、歯の治療を終えた後、なめるだけだったアイスを初めて噛んで感激したことを思い出しました。体の健康に気をつけていても、口腔内に問題があれば素敵な笑顔はつくれません。歯の健康は、歯だけでなく、心や生活にも影響してくるのです。それだけ歯科医院とは、人の人生を変えることができる場所なんだと思っています。

記事更新日:2017/09/27


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細