全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,495件の情報を掲載(2020年1月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 三田駅
  5. ひろこデンタルクリニック
  6. 笹淵 博子 院長

笹淵 博子 院長の独自取材記事

ひろこデンタルクリニック

(港区/三田駅)

最終更新日:2019/08/28

25271

東京タワーにほど近い港区芝にある「ひろこデンタルクリニック」。「ビジネス街だけあって、患者さんはサラリーマンが多いです」と優しく朗らかな笑顔で話す笹淵博子先生。博子先生をはじめスタッフは女性のみで構成され、一般的な歯科はもちろん審美歯科やデンタルスパにも力を入れている。また、完全個室のカウンセリングルームを備え、女性ならではの悩みや相談にも対応。「できることを包み隠さず、患者さんに伝えることが義務」と、可能な限りのコミュニケーションを取りながら、治療を進めるのが博子先生のモットー。何としても「痛い」「怖い」という歯科医院のイメージを払拭したいという博子先生に、じっくり話を聞いた。
(取材日2017年9月12日)

歯科医院とは人の人生を変えられる場所

歯科医師になろうと思ったきっかけを教えてください。

1

子どもの頃に医療関係のドラマや漫画を見て、かっこいいと思ったことが最初のきっかけですね。実は私は未熟児で生まれ、当時は発育不足で病院に通う毎日でした。いまだに覚えているのは、夜眠れないほど歯が痛かった時期に歯科医院で治療を受けたところ、あっという間に痛みが消えて驚いたことです。そんなことも重なり、医療の世界に憧れを感じていました。それから縁があって北海道の医療大学に進み、そこで出会った恩師の紹介で、東京の歯科医院で働くことになりました。勤務医を経て開院してから10年たちますが、大学時代に教授に言われた「歯科医師は体力勝負」という言葉を、今とても実感していますね。

審美治療に力を入れているそうですが、患者さんで多いのは女性ですか?

実は患者さんの7割以上が男性なんです。場所柄、サラリーマンの方が多いからでしょうね。また近くに昔ながらの商店街があることから、地元の方たちにも来院していただいております。審美歯科については、大学時代に学んでから、開院の際にはやりたいと思っていました。当時はまだ審美歯科の概念がなく、否定的に見られることもありましたが、ニーズの高い現状を見ると間違っていなかったと思います。何事においても第一印象は大事です。男性にも女性にも歯並びや歯の色は気にかけてほしいと思います。また、最近興味のある分野は噛み合わせです。当院の患者さんを診て感じるのは、きれいな口元の方が増えた一方、噛み合わせが悪い方も増えたことです。原因としては、集中することによる歯ぎしりや食いしばりの増加、食生活の乱れなどが考えられます。若い方も多いので気をつけてほしいですね。

患者さんとの印象的なエピソードがありましたら教えてください。

2

今でも鮮明に覚えているのが、北海道での勤務医時代に通われていた患者さんです。学校の先生だったのですが、とにかく声が小さく、当初はほとんどコミュケーションを取ってもらえませんでした。それから治療が進み、歯がきれいになっていく度に、猫背だった姿勢が別人のように伸び、目を見て話してくれるようになったんです。その時に、歯を健康にするだけではなく、心の内面も健康にしていたことを実感しました。ふと私も昔、歯の治療を終えた後、なめるだけだったアイスを初めて噛んで感激したことを思い出しました。体の健康に気をつけていても、口腔内に問題があれば素敵な笑顔はつくれません。歯の健康は、歯だけでなく、心や生活にも影響してくるのです。それだけ歯科医院とは、人の人生を変えることができる場所なんだと思っています。

歯の美しさはもちろん健康も保つために検診にも注力

治療の際に心がけていることはありますか?

3

まず、できることを包み隠さず、1から10まで患者さんに伝えることが、歯科医師としての義務だと考えています。その中で、患者さんの価値観や生活に合った治療法を選んでいただくスタンスです。保険内でも保険外でも治療内容は基本的に変わりませんし、私個人としては保険内での治療こそ、どれだけ費用対効果を感じてもらえるか腕の見せどころだと思っています。それを良く思ってもらえれば、保険外でもっと歯を良くしたいと思う患者さんも増えるはずですからね。後は、単純に「歯をきれいに磨きましょう」ではなく、「歯を磨いていても虫歯になるのはこういう理由です」としっかり現状を説明し、理解してもらうことを心がけています。どうしても検診は流れ作業になりがちなので、そこは徹底していますね。

検診にも注力されていると伺いました。

はい。どんなに白い詰め物やかぶせ物をしても、歯そのものが健康でなければ意味がありません。そのため当院では、特に検診に力を入れています。流れとしては、まず患者さんの食生活や睡眠時間などの生活習慣や全身状態を問診表で確認し、歯型検査や歯周病検査、エックス線検査などで、噛み合わせなど現在の口腔内の状況を細かく確認します。その際、専用のカメラで撮影した口腔内の画像を使って、普段は見えない奥歯の様子なども含めて患者さん自身にしっかり現状を知っていただき、その上で必要な治療を行っていきます。その際、難しい症例はその道のスペシャリストにお願いできる体制も整えています。

設備や診療内容も、とても充実しているようですね。

4

歯ぎしりや顎関節症なども含め、さまざまなお悩みに対応できるようになりました。実は肩凝り、首の痛み、腰痛なども口の中が原因の可能性もあるんですよ。また審美的な面でも、ほうれい線ができるのは噛み合わせの悪さが原因の一つともいわれています。口腔内の健康は、つい後回しにしがちですが、体全体の健康につながっていることを知ってほしいです。あと院内に歯科技工所を併設して、より患者さまのご希望に沿ったかぶせ物などを作れるのも、当院の特徴ですね。完全個室のカウンセリング室も完備していますので、気になることがありましたら気軽に何でも聞いてください。

いつまでも「女性」でいるために、口元の美学を学ぶ

お忙しいとは思いますが、休日の過ごし方を教えてください。

5

30代後半を過ぎてから少し太ってきた自覚があり、友人に誘われてレゲエダンスのレッスンに行くようになりました。場所はレッスン場ではなく、開店前の友人の店舗スペースを借りて行っています。バーなので飲み物にも困らないんですよ(笑)。実際にやってみると思った以上に運動量が多く、ダイエット効果はバッチリでした。また、それ以上に大きな収穫だったのが、運動前のストレッチです。体がリラックスできるので、噛み合わせの改善も見込めますと患者さんに話しています。近くのIT企業に勤めている患者さんからも、「うちでは10時と15時に放送が流れてストレッチの時間があるんです」という話を聞きましたが、体を動かすのは、健康を保つためにすごくいい習慣だと思います。

将来の夢はありますか?

私は昔からハワイが大好きで、毎年必ず旅行で行っています。日焼けをしているのもそれが理由ですかね(笑)。そんな大好きなハワイにデンタルスパを作ることが夢です。海外では、歯を診てもらうことがエステのように気持ちが良いことだということを知らない方も多いと思うので、それが広まるようなことをもっとやっていきたいです。そして、歯科医院特有である「痛い」「怖い」という人々のイメージを払拭できる力になりたいですね。願わくば、海外旅行のパッケージのオプションなどに入れてもらうことが理想です(笑)。歯は保険で治すのが当たり前と考える方が多い中、気持ち良くなるために行くという付加価値をつけたいという気持ちもあります。そのためにも、デンタルスパは今後も力を入れていきたいです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

私は50代の既婚者ですが、口元の美学を学ぶことによって、「奥さま」ではなくて「女性」になれると思っています。当院は歯科医院ですが、化粧品やサプリメントなどもご紹介しています。すべて私が実際に使用してみて良いと感じたものです。お子さんが生まれると、忙しい中で自分のことが後回しになってしまい、興味があってもサロンやエステなどにはなかなか通えないですよね。そんな中で時間を割いて歯科医院に来てくださっているので、当院では患者さんに対して、定期的な歯の掃除と一緒に、デンタルスパも提供できるようにしています。歯科衛生士も全員女性ですので、話しにくいことでも同じ女性として相談に乗れると思います。私もいろいろな場所から常に情報収集をしていますので、患者さんとの情報交換の場にしたいですね。気になる症状がありましたら、まずは一度足をお運びください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access