富田歯科医院

富田歯科医院

富田 望院長

25134

新橋駅烏森口より徒歩5分。働く世代が足早に行き交うオフィス街のビル2階に「富田歯科医院」はある。直線的なデザインのインテリアとオレンジ色のダウンライトで彩られた院内は、10年の時の経過を感じさせない斬新でおしゃれな空間だ。院長の富田望先生は、徹底した原因究明からそれぞれの症状に合わせたベストな治療、将来のリスクをも見越した術後管理までのトータルケアで、患者を真の「口腔健康」へと導く。「患者さまに新鋭の技術を提供したい」との思いから休日も勉強会に通う謙虚で誠実な院長に、たっぷりと話を聞いた。
(取材日2016年11月29日)

働く世代をしっかりサポートするため、柔軟に対応

―素敵な医院ですね。内装にかなりこだわられたのではないですか?

ありがとうございます。温かみのある雰囲気にしたかったので、ダウンライトを活用しています。最近ではこういう感じも増えましたが、10年前に開業した頃は、歯科医院といえば白色の蛍光灯が一般的でした。もちろん診療室では口の中の色をきちんと再現する必要があるので、従来の蛍光灯を使用しています。受付は丸みを帯びたデザインが主流でしたがインパクトを考えて直線のものにしました。いろいろ希望をくんでくださった内装業者さんに感謝しています。とはいえ、やはり見た目のおしゃれさより「安全」にこだわった部分のほうが多いんですよ。

―具体的に教えてください。

開業当初からマイクロスコープと歯科用CTを導入しています。これは、車でいうとナビゲーションシステム。従来の平面レントゲンでは医師の経験による「勘」に頼るところが多かったのですが、マイクロスコープとCTがあると実際目で見て病巣も確実に把握できるので、安全な治療には欠かせないと思っています。また、歯科用CTは一般的な医科用CTと比べると被ばく量が格段に少なく、その面でもご安心いただけるのではないでしょうか。それから、これは他の院も同じだと思いますが、院内感染予防のため、治療に使用する器具はすべてオートクレーブ(高圧蒸気減菌器)で滅菌し、オートクレーブの使えないゴムの部分には、薬剤消毒とガス滅菌を併用するなど徹底するよう心がけています。

―開業するのにこの場所を選ばれた理由は?

父が虎ノ門で弁理士をやっていて、この辺りは幼少の頃からなじみがあったからです。それと、第一線で活躍されている方々の助けになれればなと漠然と思っていたところに、業者さんからこういう物件があるとお声をかけていただき、縁があってこちらに決めました。

―お勤めされている患者さんが多いことで、特に配慮されていることはありますか?

1時間半~2時間程度時間がとれる日があり、患者さまご自身が希望されるのであれば、「集中治療」に対応しています。1度のご来院で複数の治療を済ませることで来院回数を少なくすることができます。「来月から海外赴任なので、今月中になんとかしてほしい」といった緊急のご要望にもできる限りお応えできるよう努力しています。ただ、実際はお仕事が終わった後に来られる方が多く、疲れていらっしゃる患者さまも多いので、集中治療というより限られた時間の中でできるだけ多くの治療をさせていただく、そんな感じですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細