なつぼり歯科クリニック

夏堀祥二郎 院長

22767 df 1 main 1414396280

CT導入によりインプラント治療や根管治療のクオリティがさらにアップ

―2013年の秋からはCTを導入なさっているそうですね。


CTで口腔内を3Dで確認できるようになり、より安全で正確な治療を実現できるようになりました。従来のレントゲンでは平面でしか見えなかったものが、CTを使えば立体の“輪切り状態”で見ることができます。歯と顎の骨の位置関係や大きさ、顎の神経の走行状態、歯の根の状態、病巣の位置など、これまでとは比較にならないほどたくさんの情報を得ることができるのです。患者さんも自分の口内の状態をより明確に把握して安心して治療に臨むことができますし、CT撮影だけのためにわざわざ大きな病院に足を運んでもらう手間もなくなります。危険な症例をすぐに察知することもできるので、無理に当院で治療を続けずに、速やかに大学病医を紹介することもできるようになりました。

―CTは主にどのような治療に使用しているのですか?


当院ではインプラント治療の術前検査や根管治療など、主に外科的治療に使用しています。特にインプラント治療に関しては、歯と顎の骨の位置関係や大きさを把握することで非常に手術の安全性が高まりますので、ぜひCTを採用しているクリニックを選んでいただきたいですね。根管治療については、非常に複雑に入り組んでいる根管の、レントゲンでは見えなかった部分までCTで可視化できるようになりました。これによって、より正確な診断と治療が可能になります。他にも、歯周病治療の際に歯の欠損部を確認したり、再生療法の経過を観察するなど、あらゆる診療にCTを利用することができます。しかしCTは保険適応外になりますので、当院ではやみくもに使用することはいたしません。必要だと判断した場合のみ使用いたしますのでご安心ください。

―とても温かい雰囲気の院内ですよね。


目印の看板はピンク、院内の床は木目、青空の壁紙にピンクやオレンジの色をアクセントに使って、温かみのある楽しそうな感じを意識して作りました。入口脇の壁にも歯をモチーフにしたカラフルなイラストがありますが、これは塗装業をされている患者さんに描いていただいたんですよ。お子さんが来やすい雰囲気なら、ご両親にも来ていただけるし、どなたも和めるクリニックにしたかったんです。開業当時から、戸塚駅周辺は歯科医院がたくさんあったんですが、当院の特色を地域の方にも支持していただいているようで、横浜市にある歯科医院の平均の倍以上にあたる患者さんに来ていただいています。自分でもこういう温かな感じがしっくりきますし、患者さんも私に何でも言いやすいと思うんですよね。ダメ出しでも、もちろんお褒めの言葉でもいいんですが(笑)。 最近は院内を改装して、診療室をパーテーションで区切って個室のような状態にしました。これで患者さんにも、よりリラックスして治療を受けていただけるようになったと思います。あとは、ピンクを基調にしていた院内の床をグリーンに塗り替えて、ちょっと落ち着いた雰囲気にしてみました。照明も数を増やしてLEDに替えたんですよ。「今までよりも明るくなったね」と言ってくださる患者さんもいて、なかなか好評のようです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細