聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

田口芳雄 院長

22143 df 1 main 1408704300

相鉄線三ツ境駅下車、野境道路沿いに1kmほど進むと、緑に覆われた大きな病院が見えてくる。「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」だ。横浜市西部地区の中核を担う病院として開院以来、地域の人々の健康と福祉の向上に尽くしてきた。大学病院と聞くと、待ち時間が長くて診療が短いなどという印象を持つ人もいるだろうが、院長・田口芳雄先生の話を聞けば、そんなイメージはあっという間に吹き飛ぶはず。「医療において最も大事なことは信頼です」と言い切る院長。患者の信頼に応えることこそ自分の誇りだという田口先生に、医療に対する考え方や地域での役割について聞いた。
(取材日2014年7月30日 情報更新日2018年8月25日)

かかりつけ医と連携し、横浜市西部地区の中核を担う

―病院の歩みや特徴を教えてください。

当院は聖マリアンナ医科大学の附属病院として1987年に当地に開院しました。横浜西部エリアの中核病院の一つです。地域のかかりつけ医と連携し、クリニックなどでは診療が難しい患者さんの精密検査や手術、入院治療などを担っています。また地域全体の医療レベルを向上させるための支援も、当院の大事な役割です。当院が、ほかの総合病院と比べて少し違う点は、外来の患者さんがやや多いことです。大学病院などの総合病院は、入院治療や手術など専門性の高い医療を行うことを目的としていますが、当院では、そこまでの治療が必要ない方でも、いくつかの病気に関しては、継続して見続けているのです。

―それ以外は、通常、大学病院は気軽に受診する場でないのですね。

市区町村単位の医療圏の中で、日常の健康管理はかかりつけ医が担い高度な検査や治療は総合病院が行っています。軽い疾患で大学病院へ来られてしまうと、外来が混み合い、高度な医療が必要な人に提供できなくなってしまいます。まずはかかりつけ医を受診し、そこでは難しい治療となれば、総合病院を受診してください。そうすれば、日本の医療はもっとよくなると思います。

―医療連携につい詳しく教えてください。

当院へは地域のクリニックから患者さんが紹介されて来院されますが、一方通行ではなくて、多方向の連携をとっています。例えば当医療圏には、糖尿病治療を得意としているクリニックがあるので糖尿病が心配な患者さんは、まずそのクリニックを受診します。当院は、治療の方向づけをし、場合によってはそのクリニックと当院とで一人の患者さんの情報を共有して治療の仕方を決めることもあります。そのようにして、地域の医療を支援するのも、当院の大事な仕事です。当院とクリニックとの紹介関係は、時には逆になることもあります。地域のクリニックがどんな治療を得意としているか情報をもって適切な医療機関をご紹介することも、大学病院の大事な役目です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細