全国のドクター9,329人の想いを取材
クリニック・病院 161,136件の情報を掲載(2020年11月01日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 大和市
  4. 鶴間駅
  5. 医療法人社団 英優會 オークヒルズ歯科
  6. 柳沢 英明 理事長

柳沢 英明 理事長の独自取材記事

オークヒルズ歯科

(大和市/鶴間駅)

最終更新日:2020/04/01

21789

大和市最大のショッピングモールのオークシティ、イトーヨーカドー大和鶴間店2階にある「オークヒルズ歯科」。建物全体がバリアフリーということもあり、子どもから高齢者、車いすの患者まで、すべての人に優しい立地となっている。「『歯科医院ならオークヒルズ歯科に行くべき』と言っていただけるクリニックをめざしたい」と話す柳沢英明理事長。診療室や待合室のあふれる笑顔からも、クリニック全体の穏やかで居心地の良い雰囲気が伝わってくる。柳沢理事長は幼少から探究心旺盛な性格で、積極的に各種研修会に参加して自己研鑽を怠らないという。特にインプラント治療に力を入れており、国内外での研修や手術経験も豊富。先進の歯科用マイクロスコープや歯科用CTなどの充実した設備も特徴だ。
(取材日2018年3月22日)

保育士常駐、土日も20時までと通いやすいのも魅力

ショッピングモールの中にあって、とても便利ですね。

1

患者さんにとって利便性の高い場所にと考えてショッピングモールの中に開業しました。わざわざ歯科医院に行くためだけに外出していただかなくても、買い物のついでに立ち寄っていただけますので、ここを選びました。また、雨にも濡れずに駐車場から来院していただけます。診療時間も20時までで年中無休なので、仕事帰りの方や学生さんなどにも便利に使っていただけているようですね。

キッズスペースもあるのですね。

小さいお子さんがいらっしゃるお母さんは、なかなかご自身の歯のケアまで手が回りませんよね。当院ではキッズスペースを設けているほか、平日10時から17時は資格を持った専任の保育士が常駐してお子さんをお預かりし、ゆっくり治療を受けていただけるようにしています。保育の予約や費用は不要です。実は、保育サービスを導入すると決めた時は、それまでお子さんの相手をしていたスタッフたちから反対されたのです。スタッフはみんな子ども好きなので、「自分たちでやれるのに」という思いだったようですね。ところがサービスを導入してみると、「楽しいから帰りたくない」という子までいて(笑)。スタッフたちも、これは任せたほうがいいと納得してくれました。

診療のモットーや心がけていることはありますか?

2

ご自身の歯が一番だと思いますので、歯を長く残すことを最優先に考えています。また、最近では長期的に見て最善の治療法を望まれる患者さんが増えましたので、長期にわたり歯を失わないで済むような方法をご提案します。豊富な治療計画が頭をよぎりますが、その中で患者さんがご希望される治療法に対して技術を尽くします。私自身も痛みが苦手ですので(笑)、極力痛くない治療法を心がけています。治療の後は歯科衛生士が予防のお手伝いをして大切な歯を守ってゆきます。『医者は患者さんの命を救い、歯医者は患者さんの人生を変える』、これは私の尊敬する歯科医師の言葉ですが、いつもこの気持ちを忘れることなく、患者さんの最上のスマイル実現のために微力ながら地域医療に貢献していきたいです。

国内外で経験を積み、世界基準の医療をめざす

幅広い診療科の中でも、インプラント治療に力を入れていると聞きました。

3

インプラント治療に関しては、国内だけでなく、海外の研修会にも精力的に参加して先進の治療を学ぶと同時に、海外でも困難な手術を数多く施術し、技術力も磨き続けています。学びのきっかけは、患者さんからインプラントは怖いと言われたことでした。学生時代から勉強も徹底的にやらないと気が済まない性格でしたが、患者さんからそう言われたことでインプラントの勉強熱に火がついたのです。しかし、国内ではインプラントに関する情報や難症例のオペを行う機会が限られていたため、ニューヨーク大学インプラント科への短期留学やコロンビア大学、ドイツ、韓国などの研修に出かけて先進のインプラント治療を学びました。さらに、ロサンゼルスの審美インプラント外科を専門にする歯科医師のプライベートレッスンを毎年受け、年に一度は難症例のオペをしに海外に出かけるようにしています。今後も自己研鑽を継続し、より良いインプラント治療に尽力します。

勉強熱心でいらっしゃるんですね。

歯科医師が最新の歯科医学を勉強し続けるのは当たり前のことです。学生時代からもともと勉強が好きでしたが、今でも出身の東京医科歯科大学に情報交換のために出向くなど、探究心が鈍ることはありません。

専任スタッフがたくさんいらっしゃいますね。

先ほどふれた保育士のほかに、滅菌専任スタッフを配置しています。当院のスタッフ自身が安心して治療を受けられるレベルの衛生状態でありたいと考えています。また患者さんが治療上の相談ができるトリートメントコーディネーターがいます。歯科医師に代わって治療プランをわかりやすく伝えるほか、歯科医師には聞きにくい治療費や治療期間などの相談などにも親身にお応えいたします。

スタッフの皆さんが、生き生きと働いているのが印象的です。

4

患者さんに笑顔になっていただくためには、まずスタッフが笑顔で楽しく働くことが重要と考えています。スタッフ同士は家族のような絆で互いに配慮するよう気遣っていますので、自然と生き生きとした印象になっているのかもしれません。とてもうれしいお言葉ですね。

地域のニーズに応え、訪問診療も視野に

診療以外の日はどのように過ごされているのですか?

5

休みの日は、講習会に行く以外は家族と過ごします。日頃の運動不足解消のため、スキーや昆虫採集、史跡巡りなど体を動かすことが多いですね。今年は初めての富士山登頂を行いましたが、思ったよりも長い道のりでとても大変でした。果物狩りや工場見学、史跡見学、自然散策、スキーなどアクティブに動くようにしています。

患者さんと接する上で気をつけていることはありますか?

すべての患者さんは、自分の家族だと思って接するようにしています。自分が受けたくない治療、家族に受けさせたくない治療は、絶対にしません。特に痛いことはしたくないですね。また、治療の選択肢はできるだけ多く提示し、最善の治療法を押しつけることなく、最終的には患者さんご本人の意思を尊重します。

今後の展望をお聞かせください。

6

人生100年時代に備え、少しでも長く歯が残るご提案をさせていただきたいです。そして、大切な歯を長く維持させるためにさらに技術研鑽を怠りません。今後は虫歯や歯周病予防のため、歯科衛生士のメンテナンスにさらに力を入れていきます。また、さらなる高齢化社会に向けて訪問歯科も始めていますので、通院が困難になられてもご安心ください。

Access