全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 160,897件の情報を掲載(2021年5月14日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. たまプラーザ駅
  5. 医療法人ハートアンドオンリー たまプラーザ南口胃腸内科クリニック
  6. 久津川 誠 先生、東 瑞智 先生

久津川 誠 先生、東 瑞智 先生の独自取材記事

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

(横浜市青葉区/たまプラーザ駅)

最終更新日:2020/12/07

20201201 21719 top

東急田園都市線、たまプラーザ駅近くの「たまプラーザ南口胃腸内科クリニック」は、痛みや苦しさに目配りした内視鏡検査が特色だ。明るく温かみのある院内で土日も検査を行うなど、検査を受けやすい環境にも配慮している。院長である平島徹朗先生とともに、同院で診療にあたるのが久津川誠先生と東瑞智先生だ。「楽に受けられるなら次回も、と思っていただくことで、定期的な内視鏡検査につなげ、がんの早期発見・早期治療をめざしたい」と話す2人に、クリニックの特色や検査に対する工夫などについて、詳しく聞いた。
(取材日2020年10月27日)

内視鏡の専門家が痛みに十分配慮して検査を実施

クリニックの特色を教えてください。

1

【久津川先生】内視鏡検査を中心に、さまざまな消化器の症状を診ています。特に内視鏡検査では、患者さんの体格や体質に応じて適切な量の鎮静剤を用い、専門の医師が丁寧に行うことで、痛みや苦しさの軽減に努めています。とても痛かった、うまく入らなかったという経験がある方でも安心でしょう。上部消化管である喉から食道、胃、十二指腸までと、下部消化管の盲腸から大腸までの幅広い部位を観察できます。嘔吐反射が出やすい喉の部分も鎮静剤を使うことでしっかり確認し、すべての部位で見落としのない検査をめざしています。
【東先生】大腸がんをはじめ消化器のがんは自覚症状なしに進行することが多く、早期発見・早期治療のためには、定期的な検査が望ましいです。受けていただいた検査をより高精度で正確な診断につなげるため、大学病院などと同等の先進的な機器を導入し、小さな病変も発見できるように努めています。

内視鏡検査を担当されるのはどんな先生ですか?

【東先生】当院の医師3人は、日本消化器病学会消化器病専門医と日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医の資格を取得しています。また、院長の平島先生は大分大学医学部附属病院や国立がん研究センター中央病院で経験を積まれ、久津川先生は昭和大学横浜市北部病院、私は北里大学病院と、それぞれ症例数の多い病院で内視鏡の検査・治療に従事してきました。こうした医師が専門性の高い検査を行い、判断が難しい症例は互いに相談して診断を下し、治療方針を決められるのは当院の強みです。入院しての治療が必要な場合、症例数の多い適切な病院をご紹介できるメリットもあります。
【久津川先生】消化器の病気のことは何でもご相談ください、と自信を持って言える環境です。

どのような方が受診されていますか?

2

【久津川先生】内視鏡検査を受けられる方のほか、検査を受けた方のご家族が受診されるケースも増えています。そうした患者さんは、普段からおなかの調子が悪い、胸やけが続いている、下痢で悩んでいるなど症状はさまざま。過敏性腸症候群をはじめ、命の危険はないものの生活の質が大幅に低下する病気もあり、食事や運動といった生活習慣の改善も含めて対応しています。
【東先生】年齢は30代から80代まで幅広くご相談にみえています。必要な方には内視鏡検査を行い、そこで得られた詳細な情報をもとに、症状に合わせた薬の処方や生活改善のアドバイスを適切に行っております。血便など消化管の炎症やがんが疑われる方もおられますので、その場合は早めの内視鏡検査をお勧めしています。

安心して内視鏡検査を受けられる体制づくりに注力

どんなときに内視鏡検査を受けるべきですか?

3

【久津川先生】健康診断などの便潜血検査で引っかかった方は、早めの検査が必要です。血便のほとんどは痔などが原因ですが、一部にがんの兆候であるケースも含まれます。そうした「万が一」を見逃さないために内視鏡検査が重要なのです。また下痢や便秘などの便通異常が数週間続く場合や、これまでと違う症状が出た場合も検査をお勧めしています。定期的に検査することで、「気づかないうちにがんが進んでいた」といった状況を避けることにもつながるので、理想をいえば40歳になったら内視鏡検査を受けていただきたいですね。
【東先生】CTやMRIといった先進的な機器を使っても、早期の胃がん・大腸がんの発見や診断は難しいのが現状です。やはり当院のように経験豊富な医師が行う内視鏡検査が有用と考えています。

検査への不安にはどう対応されていますか?

【久津川先生】患者さんが不安に思われるのは、「下剤をちゃんと飲めるのか」「検査は痛くないのか」「おなかは苦しくないのか」などです。当院では下剤の量や飲みやすさを考え、ほとんどの方が医師が判断した必要最小限の量になるよう配慮しています。また、おなかが早く楽になるよう、腸を膨らませるための送気は体に吸収されやすい炭酸ガス(CO2)を使用。患者さんに安心していただける工夫を重ねています。
【東先生】内視鏡検査の際は、専門的な知識・スキルを持つ看護師2人がサポートしてくれます。医師は胃や腸を診るのに集中していることが多いため、看護師が患者さんの呼吸状態、心拍数や血圧など体の状況を細かくチェックし、検査の安全性を常時確認しています。

痛みの軽減や安心感などを重視される理由は?

4

【久津川先生】がんの早期発見には定期的な内視鏡検査が必要です。そのためには、「痛くなく安心して受けられたから、また次回も」と感じていただくことが大切です。土日も内視鏡検査を行うのも、患者さんの利便性を高めるため。また不安を払拭できるよう、院内で専門教育を受けた看護師や受付スタッフが丁寧に接し、検査の流れや準備をわかりやすくご説明します。どのスタッフも説明の内容にブレが出ないよう勉強会を定期的に行っています。
【東先生】当院は電子カルテで患者さんの情報を共有しています。このため次回の検査で違う医師が担当した場合も、その方に適した下剤や鎮静剤の量、大腸内視鏡の挿入時の難易度・注意点などを把握できますから、安心して検査を受けていただけると思います。

地域の健康づくりに役立つパートナーが目標

医師をめざされたきっかけは何でしたか?

5

【久津川先生】私は小学生の時に、国が指定する難病である潰瘍性大腸炎と診断され、一時は私自身も家族も将来への不安の中で暮らすことになりました。しかし、主治医の先生が病状や治療方針を詳しく説明してくれるなど、しっかりと寄り添ってくださり、安心して治療が受けられるようになったのです。そうした経験から「不安を抱える患者さんやご家族に寄り添い、心の底から安心して治療を受けてもらえる医師になりたい」と思い、この仕事をめざしました。
【東先生】私の父は開業医で、自宅のすぐ隣の医院で診療していたことから、自然に医療の世界に興味を持ちました。病気を診るのはもちろん、患者さんの話をよく聞き、医療スタッフとの連携をはじめとしたコミュニケーションの良さ、優しい人柄など、父のような医師になりたいと考えて医師の道を志しました。

このクリニックにいらした経緯をお聞かせください。

【久津川先生】以前は昭和大学横浜市北部病院で内視鏡を専門にしていましたが、身につけた知識・技術が地域医療にもっと生かせればと考え、当院に入職しました。内視鏡はポリープやがんなどの病巣を映像で確認できるため診断が早く、おなかを切らずにポリープ切除する技術は体に負担のかかりにくい治療として威力を発揮します。そうした検査・治療を多くの方に利用していただきたいと考えています。
【東先生】私は北里大学病院で、他の医療機関からご紹介いただいた患者さんを主に診ていました。ただ病状がかなり進行した方が多く、もっと早い段階で病気を見つけて治療したいと思い、当院に移りました。平島先生の「胃・大腸の内視鏡検査に注力し、がんで亡くなる人をなくしたい」という強い思いにも引かれました。

今後の目標を教えてください。

6

【久津川先生】地域の皆さんが、消化器系の病気で悩んだり困ったりされないようにすることが目標です。内視鏡検査の結果に加え、飲酒・喫煙、食事などの生活習慣、ご家族の病気の状況も伺うことで、その方の病気に関するリスクも見えてきます。それらをもとに必要に応じて食事や運動、適切な検査の頻度といったアドバイスを行い、病気にならない生活をサポートしていきたいです。
【東先生】目標は、地域の方々が健康に暮らせるよう、信頼される相談役になることです。SNSなどを使い、健康情報をお知らせする活動も始めています。内視鏡検査以外にもさまざまな消化器系の病気に対応していますので、幅広い年齢の方に気軽にご相談いただきたいですね。

Access