大森赤十字病院

中瀬 浩史院長

21315

日本赤十字社東京都支部大森診療所として始まり、「大森赤十字病院」に改称され、病院創設から60年余となった同院。その間、幾度かの増築や改築を重ね、現在は2011年に全面開院した新病院で診療を行っている。「地域医療の中で一人でも多くの方に役立つ病院でありたい」という中瀬浩史院長のもと、同院は外来患者の検査と診断を当日中に終える「One Day Hospital」など、患者の利便性と早期治療を実現する診療を行っている。その狙いや診療の特色について聞いた。
(取材日2016年8月22日)

地域の医療機関と連携し、きめ細やかな診療を

―こちらは60年以上の伝統ある病院とお聞きしました。

ええ、2013年に病院創設60周年を迎えましたが、その歴史の中で当院は一貫して「地域医療の中で一人でも多くの方に役立つ病院」をめざしてきました。地域の医療機関から患者さんのご紹介を受け、急性期治療を過ぎた後はかかりつけ医にお戻しするといった連携を強め、東京都知事から「地域医療支援病院」として承認されています。地域に必要な救急医療では不安定狭心症や心不全、心筋梗塞をはじめとする循環器疾患への対応、脳梗塞や脳出血など脳血管障害に対する血管内治療に力を入れています。悪性腫瘍の治療についても、この地域で高度な治療や体への負担が少ない手術を提供できるよう準備しているところです。

―目標とされている「One Day Hospital」について教えてください。

当院外来を受診されたその日に必要な検査を終え、診断を出せる体制のことです。患者さんが検査で仕事を何日も休むのは難しいでしょうし、また診断がはっきりするまでは不安な日々を過ごすことになります。そうした期間をできる限り短くすることも病院の重要な機能の一つと考えました。現在は通常採血、心電図、一般X線検査のほか、MRI検査、CTscan、造影CTscan、超音波検査なども予約なしで当日検査ができるようになっています。また当院は近隣の医療機関からのご紹介も多く、検査だけのご依頼もよくあります。その場合はご紹介いただいた当日に検査を終え、患者さんが医療機関に戻られるまでの間に、紹介元の医師に検査結果をお知らせすることも可能です。このように地域の医療機関と当院をシームレスにつなぐのが「地域医療連携サービス」で、検査を依頼した資料機関から当院の検査画像をすぐ確認できるようになっています。

―そうした地域連携を担う窓口の役割も重要ですね。

当院では医療連携室が窓口となって、地域で診療する医師の方をはじめ医療に携わるすべての業種の方々と連携を深めています。例えば医療機関から患者さんの当日受診のお尋ねがあった場合、5分以内の返事を目標として、患者さんがあまり待たずに紹介の可否がわかるよう努力しています。もちろん当院でできる限りお引き受けできるよう調整するのが前提です。また検査だけなら当院の地域医療連携サービスを利用して、オンラインで検査予約、予約状況の照会、検査完了の確認が可能です。このほかふだんから地域の医師会と情報交換を行い、また医療連携室のメンバーと当院の医師が地域内の医療機関を訪ねて連携の改善点をヒアリングして回るなど、病院全体で地域との協力を重視した取り組みを進めています。

記事更新日:2016/10/18


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細