全国のドクター8,993人の想いを取材
クリニック・病院 161,449件の情報を掲載(2020年2月20日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 下丸子駅
  5. なかお歯科医院
  6. 中尾 晃康 院長

中尾 晃康 院長の独自取材記事

なかお歯科医院

(大田区/下丸子駅)

最終更新日:2019/11/15

20284 %e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%8a%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

2010年の開業以来、子どもから高齢者まで、下丸子の人々に親しまれてきた「なかお歯科医院」。院長の中尾晃康先生は、「めざすのは、単なる『歯医者さん』ではなく、地域に根差した『最高のサービス業』という位置づけの歯科医院」といい、何よりも患者の希望を大切に、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を実践している。特に歯周病とインプラント、根管治療に力を入れ、技術を磨くことはもちろん、治療器具や材料もこだわりを持ってそろえるなど環境整備にも余念がない。開業から9年、診療への現在の思いを中心に話を聞いた。
(取材日2019年10月3日)

「医療はサービス業」、患者に寄り添った治療を

歯科医師を志したきっかけとこの場所で開業した理由を教えてください。

1

父が歯科医院を開業していて、その後ろ姿を見て育ったというのが、歯科医師になろうと思った一番の動機ですね。悩んだ時期もありましたが、「技術職」と「接客業」の両方に就きたいと思い、その両方をかなえられる歯科医師を選びました。実家を継ぐという選択肢もありましたが、患者さんとの関係を含めて自分の歯科医院を一からつくりたいと思ったんです。実家は同じく歯科医師の弟に任せて、私は下丸子で開業しました。この場所を選んだのは、子どもから高齢者まで幅広い年代の患者さんがいらっしゃるからです。下町風情を残しつつもマンションも立ち並び、新旧のバランスがとても良いですね。当院でも2歳の子どもから90歳代の高齢者まで幅広い世代の方が来院してくださっています。

どのような歯科医院をめざしているのでしょうか。

単なる「歯医者さん」ではなく、地域に根差した「最高のサービス業」という位置づけの歯科医院をめざしています。サービスというのは、治療の内容や時間、患者さんとのコミュニケーションなどすべてにおいてです。私の診療のモットーは、「患者さん一人ひとりに寄り添った治療をすること」。患者さんの症状や状況、思いなどに合ったオーダーメイドの治療を提供したいと思っています。治療するかしないかも患者さん次第。ご自身のことですから、私が強制することはありません。きちんとご説明しますので、よく考えて決めていただけたらと思います。

幅広い世代の方が来院される中、ファミリー層も多く来られているそうですね。

2

駅前ですが、落ち着いた住宅街に囲まれていますので、子育て世代も多いんですよね。院内はベビーカーや車いすのまま入っていただけますので、小さなお子さん連れでも気兼ねせずお越しください。お子さんの治療については、水を出さずに削るなど痛みを抑えて、できるだけ早く行うことを心がけています。怖がるお子さんには、鏡を持って何をしているのかしっかり見ていただきます。この治療を受けたらどうなるかがわかれば、ちゃんと治療を受けてくれるはずですから。お子さんにも満足していただけるような治療をしていきたいと思っています。

歯周病とインプラント、根管治療に注力する

現在、特に力を入れている治療について教えてください。

20191113 3

開業時に思っていた以上に、歯周病とインプラント治療については重点的に取り組むようになりました。成人が歯を失う一番の原因は歯周病です。歯周病は、脳梗塞や糖尿病、心臓病などさまざまな全身疾患との関連も深いので、定期的な検査も大切にしています。万一歯を失った場合は、歯や口腔内の状態、予算などに応じて、インプラント治療を含む複数の選択肢をご提案します。

インプラントは、治療後のメンテナンスが大切だといわれますよね。

インプラント治療を受けるからにはメンテナンスを徹底することが必須で、患者さん自身の意識も高める必要があります。そこで大切なのが、治療前にきちんとお話しすること。例えば、いくらインプラント治療が良い治療法だとしても、半永久的に歯を残せるとは限らないといったリスクもお伝えします。インプラントは「きちんとケアすれば一生ものだ」といわれることもありますが、それはネジのことであって、かぶせ物は違います。何もしなくても、骨は年に0.1mm下がるともいわれます。多少は下がっても骨を支えることはできますが、歯周病が加わると骨の吸収速度は2~3倍に増えるので、なるべく骨が下がらないようにメンテナンスしなければなりません。しかも、かぶせ物は摩耗して、歯と歯の間に隙間ができることもあります。定期的に通院すれば、かぶせ物を変えるタイミングなどのアドバイスもできるので、メンテナンスにはきちんと通ってほしいですね。

最近は、根管治療にも力を注いでいらっしゃるそうですね。

4

根管治療は自分の歯をできるだけ残すための治療で、歯科医師の技術に加えて根気も時間も必要です。治療の質と精度を保つために、講習会に参加するなど特にここ数年勉強を重ねて、歯科用CT、マイクロスコープ、ニッケルチタンファイルなどの治療器具も新たに導入しています。ニッケルチタンファイルは根管治療の際に根を掘り進めていく器具。歯科医師個人のテクニックを磨くだけではなく、やはり治療に用いる道具も重要だと思うんです。また、根管治療では十分な洗浄、消毒も大切です。そこがきちんとできていないと、治療の進みも悪く長持ちしないということも実感していますので、薬液を根っこの先まで浸透させて洗浄、消毒するよう心がけています。治療機器も薬剤もどんどん進歩しているので、新しい器材があれば試して良い物はどんどん取り入れていきたいですね。技術も環境も、今後さらに向上させたいと思っています。

歯磨きは一番の治療と考え磨き方や歯ブラシ選びも助言

患者さんとのコミュニケーションで、配慮していることはありますか。

5

患者さんと同じ目線に立つことでしょうか。でも、そんなに難しいテクニックではなく、相手の目を見て話す、同じ目線で座る、納得できるまで何度も説明するなど、当たり前のことですね。説明する際は、言葉だけではなくツールも必要です。アニメーションや、歯科用CT・エックス線で撮影した自分の口の中の映像を見て、「おおっ」と思ってほしいんです。でも、思いのほか「歯科医院に行けば治してくれる」と感じている人が多いものです。そうではなくて、自分と歯科医師で一緒に治していくという意識を持つことが欠かせません。そのためには、やはり今の自分の状態を知ることが大切。最初にきちんと説明することで、興味がなかった人にも興味を持ってもらえるよう心がけています。

セルフケアの重要性についてもよくお話しされるそうですね。

歯科治療において一番の治療は歯磨きだと思うんです。歯科医院で歯石を取ったらそれで終わりではありません。歯石を取ると歯ブラシを歯に当てやすくなるので、その状態で毎日歯を磨いて歯を健康に保つことにつなげてほしいんです。磨く時は歯ブラシを横に動かすのではなく、消しゴムで文字を消すようにぐりぐりと、1箇所につき10秒ほど押し当てるのがコツです。歯ブラシ選びも重要ですね。当院では症状や目的別に歯ブラシをそろえてご紹介していて、例えば歯周病の方には腫れた歯肉を傷つけにくい、毛先がやわらかいタイプがお勧めです。でも、歯肉が引き締まってくると毛先が細いと歯茎が傷ついてしまうので、毛先が丸いもののほうがいいですね。子ども用の歯ブラシは毛足が短く硬いものが多いのですが、当院では毛先がやわらかいタイプも紹介しています。気軽に立ち寄っていただけたらうれしいですね。

読者へメッセージをお願いします。

6

まず、歯科医院で歯のクリーニングと定期検診を受けて、ご自身の今の口腔状態を知っていただきたいですね。それだけでも歯への意識が高まっていくはずです。そして、治療の必要があれば早めに対処しましょう。30代、40代の方は今のうちにきちんと治療しておいて、年を重ねても歯の健康を保っていけるようしっかり対策をしていってほしいです。インプラント治療をするにしても、骨がないとできないこともあります。老後の貯金ではないですが、早い段階から歯を大事にして、虫歯や歯周病があればきちんと治療をしておくことが大切だと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/20万円(税抜)

Access