全国のドクター9,579人の想いを取材
クリニック・病院 160,676件の情報を掲載(2022年12月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 品川区
  4. 旗の台駅
  5. 旗の台くらじ歯科クリニック
  6. 倉治 翔太郎 院長、倉治 ひとみ 副院長

倉治 翔太郎 院長、倉治 ひとみ 副院長の独自取材記事

旗の台くらじ歯科クリニック

(品川区/旗の台駅)

最終更新日:2022/04/13

201563 top

旗の台駅から歩いて5分の場所にある「旗の台くらじ歯科クリニック」。大田区池上出身の倉治翔太郎院長が、2022年3月に開業したクリニックだ。セラミックやマイクロスコープを用いた治療を行い、歯周病の分野でも数多くの症例に携わってきた倉治院長。妻で副院長の倉治ひとみ先生をはじめスタッフ一丸となり、地域に溶け込む温かみのあるクリニックをめざす。設備の充実にも力を入れる同院は、歯科用CT・デジタルエックス線・口腔内カメラ・マイクロスコープを導入。必要と判断した症例には、保険診療・自由診療に関わらずマイクロスコープを活用し、治療の精度向上に努めている。今回は、乳児から高齢者まで、地域住民のあらゆる歯の悩みに対応している倉治院長とひとみ副院長に、クリニックの特徴や診療時の心がけについて話を聞いた。

(取材日2022年4月4日)

充実の設備と温かい雰囲気。地域密着型のクリニック

明るく開放感のあるクリニックですね。

1

【倉治院長】そう言ってもらえるとうれしいです。当院は「あなたに寄り添う街の歯医者さん」をコンセプトに、今年の3月に開業しました。院内は木目の風合いを生かし、テーマカラーは白と青、差し色にグリーンを取り入れています。院内には一部段差がありますがスロープを用意しています。ベビーカーや車いすの方はお声がけください。老若男女どなたでも気軽に立ち寄れるような、温かみのあるクリニックをめざしています。
【ひとみ副院長】診療ユニットはパーティションで区切っています。圧迫感を感じることのないよう、上下は開けて開放的な造りにしました。カウンセリングルームはプライバシーに配慮した個室空間です。お口の状態を患者さんと一緒にモニターで確認しながら、治療計画を提案しています。

子育て世代にうれしい工夫が随所にみられます。

【倉治院長】待合室の一画にはキッズスペースを用意しました。親御さんの診療中は、保育士の資格を持ったスタッフがお子さんの対応をすることも可能です。大人と同じように、子どもにもクリニック通いを習慣づけてほしいと思っているんです。大人になっても「歯医者さんの雰囲気や音が苦手」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。子どものうちから歯科の雰囲気に慣れ、治療でも嫌な思いをしなければ、歯科への苦手意識は生まれません。お子さんが「歯医者さん嫌い」にならないよう、優しい対応を心がけています。ぜひご家族皆さんでいらしてください。
【ひとみ副院長】虫歯の深さを測る医療機器も備えています。ペン型の小さな装置を歯に当てるだけのものです。お子さんだとエックス線撮影が難しいこともあり、こちらを使うことも多いです。

設備の充実にも力を入れているとか。

20220411 2

【倉治院長】院内には、歯科用CT、デジタルエックス線、口腔内カメラ、マイクロスコープ、レーザー治療器を備えています。特に肉眼の最大20倍程度まで拡大できるマイクロスコープは、当院の診療には欠かせません。虫歯を治療しても歯と詰め物の間に段差があると、そこから菌が入り込み再発するリスクが上がってしまいます。それを防ぐためには精密な治療が必要です。当院では保険診療、自由診療に関わらず、必要と判断すればマイクロスコープを使用しています。レーザー治療器は痛みを感じにくく、傷口の回復までの期間が短いことが特徴です。出血のコントロールにも活用しています。また各ユニットには飛沫や粉塵を防ぐ口腔外バキュームを取りつけており、診療室の空間を清潔に保っています。

画像や数値データを活用したわかりやすい説明を

院長のご経歴と得意分野をお聞かせください。

20220411 3 1

【倉治院長】日本歯科大学を卒業後、神奈川歯科大学附属横浜クリニックの歯周病科をはじめ、主に神奈川県や都内の歯科医院で研鑽を積んできました。小児歯科や矯正も含めた歯科全般に携わり、神奈川県のクリニックでは分院長を務めました。特に力を入れていたのは、セラミックでの補綴とマイクロスコープを使った治療です。今もこの2つは得意分野といえますね。それに加えて歯周病の治療にも注力しており、多角的なアプローチによる歯周病治療を提供しています。

ちなみに、院長は池上のご出身だと伺いました。

【倉治院長】私は池上で育ち、この地域に慣れ親しんできました。縁あってこの場所に開業できたことをうれしく思います。地元ということもありますが、中でも東急池上線には思い入れがありますね。わずか3両のローカル線ながら蒲田・五反田と主要駅もつなぐ「小さな頑張りやさん」です。私を育ててくれたこの地域に、今度は私が歯科医師として、これまでの経験を生かしながら、地域医療への貢献というかたちで恩返ししていければと思っています。
【ひとみ副院長】この辺りは長年お住まいの方も多く、ふれあいのある地域。私は山梨県の出身ですが、この街の温かい雰囲気が大好きです。当院には、歯が生えたばかりの赤ちゃんから90歳を超えた方まで、多くの方がご来院くださっています。

副院長はもともと営業職をされていたと伺いました。

20220411 4

【ひとみ副院長】私は大学卒業後、最初は広告会社の営業職に就いていたんです。当時はリーマン・ショックで社会情勢が大きく変化した時期。それが自分の生き方を見直すことにもつながり、手に職をつけたいと神奈川歯科大学に編入したのが歯科医師になったきっかけです。両親が歯科医師だったことも影響しているかもしれません。2度目の大学生活となりましたが、やはり自分で志した道。勉強がとても楽しかったことを覚えています。卒業後は舌側矯正やマウスピース型装置を用いた矯正を専門とするクリニック、セラミックを取り扱う一般歯科で経験を積みました。回り道をしてたどり着いた「歯科医師」ですが、営業職で得たものも大きかったですね。世の中にはさまざまな仕事があることを知り、人との接し方も学びました。この経験は歯科医師となった今も生かされています。

クリニックを「治す場所」から「予防する場所」に

診療の際に心がけていることはありますか?

5

【倉治院長】患者さんが理解、納得して治療を受けられることです。「どこを治療したのかよくわからない」とならないよう、わかりやすい説明を心がけています。歯科医師による診断、撮影などの画像データ、検査で得た数値を患者さんと共有し、疑問や不安にもきちんとお答えします。
【ひとみ副院長】私も院長と同じ思いです。治療面では患者さんの立場に立ち、痛みや負担の少ない方法を選んでいます。例えば、麻酔の際は電動麻酔器を使います。麻酔による痛みは、麻酔薬の注入圧にムラがあることで感じることが多いです。そのため、コンピューター制御された電動麻酔器を使用することで、そのムラを抑え、極力痛みが少なくなるように配慮しています。またレーザー治療器は、高血圧・心臓疾患・内科的疾患といった持病がある方や、妊娠中の方の治療にも使用できるのが特徴。安心、安全な歯科医療を提供できるよう心がけています。

今後の展望についてお聞かせください。

【倉治院長】地域の日常に溶け込むクリニックをめざしています。そのためには技術の向上はもちろん、ホスピタリティーの充実も欠かせません。歯が痛くなったときに「旗の台くらじ歯科クリニックで診てもらおう」と信頼してもらえるような存在になりたいです。
【ひとみ副院長】患者さんのニーズに合わせて治療の幅を広げながら、ゆくゆくは矯正にも力を入れていきたいです。矯正というと大がかりで見た目の問題を感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですがマウスピース型装置を用いた方法ならば、装着しても目立ちにくく、前歯のみを矯正する方法もあるんですよ。

最後に読者へメッセージをお願いします。

6

【ひとみ副院長】健康な歯をつくるためには、クリニックでのメンテナンスとご自宅でのホームケア、どちらも大切です。大人の方はご自分で磨けますが、子どもの歯磨きは大変ですよね。私も2児の母ですから親御さんの気持ちがよくわかります。歯ブラシ選びやケア方法など、何でも聞いてください。
【倉治院長】歯科医師の役目は削って詰めるだけではありません。大切なのは再発しないようにすること。時代に伴い、クリニックは「治す場所」から「予防する場所」に変わりつつあります。治療後も定期的にメンテナンスにいらしてください。クリニック通いが習慣になれば、虫歯の早期発見や歯周病の予防、その先の全身の健康にもつながります。まるで美容室に行くかのように、クリニック通いが日常の一コマになれば、歯科医師としてうれしいことですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックを用いた治療/4万5000円~、フラップ手術(歯周組織再生療法)/5万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/35万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access