全国のドクター9,154人の想いを取材
クリニック・病院 160,823件の情報を掲載(2021年4月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 芝公園駅
  5. エミルデンタルクリニック芝
  6. 笠木 星児 院長

笠木 星児 院長の独自取材記事

エミルデンタルクリニック芝

(港区/芝公園駅)

最終更新日:2021/04/07

198137 top

東京タワーが間近に見える芝公園近く。赤羽橋にある「エミルデンタルクリニック芝」は2021年に開院した、清潔で気持ちのいい雰囲気のクリニックだ。院長の笠木星児先生はさまざまな分野で研鑽を積んできた、オールラウンドに診療を行う歯科医師。虫歯からインプラント治療、審美歯科、歯列矯正まで幅広い歯科治療を提供し、症状や治療法の丁寧でわかりやすい説明に努めていると話してくれた。明るく居心地のいい院内で、クリニックにかける熱い思いを聞いた。
(取材日2021年3月12日)

居心地のいいクリニックで再発しない治療を提供したい

印象的なクリニック名ですね。

1

よく家族の名前かと聞かれるのですが、実は「エミル」は日本語と英語の造語です。日本語のほほ笑みの「笑み(emi)」と、英語の未来を表す助動詞「will(ウィル)」をかけ合わせました。来院後患者さんに笑顔で帰っていただくことで僕らも笑顔になる。将来のお互いの笑顔につながるようにという願いを込めました。ロゴマークもアルファベットのE、M、I、L、Lがはめ込まれたデザインになっているんですよ。

開院にあたってこだわったのはどういったところですか。

訪れる患者さんにとって居心地のいいクリニックを作りたいと思いました。歯科医院に行くというと緊張なさる方が多く、またどなたも来院前はお口の中に悩みを抱えて不安な状態です。少しでも気持ちの和らぐ空間が提供できたらと、扉や棚は木目調で統一し、やわらかな色遣いのインテリアにしました。診療室は完全個室と半個室からなり、プライバシーの面にも配慮しています。場所的にも3つの駅から徒歩圏内で、大きな通りに直接面した1階と、わかりやすく、患者さんに気軽に入っていただきやすいようにしました。

このクリニックの治療の特徴を教えてください。

2

再発しない治療をめざしています。せっかく治療しても「詰め物が取れてしまった」「歯周病が再発した」というケースは少なくありません。来院してくださった患者さんに、なるべく再発しない治療、お口の中のことで困らない治療をするために正確な診断を下すための検査や、患者さんにご納得いただけるような情報提供をしなければならないと考えています。歯科用CTやレントゲンでの撮影のほか、唾液検査も行い、その結果に基づいて、例えば虫歯になりやすい方にはメンテナンスを重視し、歯ブラシや歯磨きのご提案をさせていただくなどしています。また治療面では口腔内スキャナーを導入しています。スティック状のカメラで歯をなぞり、患者さんの歯の3Dデータを作成していくもので、精密な型採りだけでなく、型採りの際に粘土のような印象剤を入れる必要がないので、嘔吐反射を起こしやすい方も楽になり、患者さんの負担を減らせる大きなメリットがあります。

丁寧な説明と幅広い知識と技術に支えられた治療

幅広い治療を心がけていると伺いました。

3

何か1つの診療科目に特化するのではなく、幅広く診療できるオールラウンドな歯科医師でありたいと思っています。なぜなら、1つの処置をするためにも、さまざまな分野の知識や技術が必要だからです。一例を上げればインプラント治療をするときには、当然口腔外科の技術と知識が必要ですし、歯周病や補綴の知識も欠かせません。また、患者さんのお口の中全体を一口腔ととらえ、治療していく視野が大事です。1本の歯だけ治してそれでおしまい、ではないんですね。多くの場合、その歯が悪くなった原因があり、その場限りの治療であればまた再発します。僕が心がけているのは「木を見て森を見ず」ではなく、「木も見て森も見る」診療。そのためには、やはり幅広い技術と知識が必要です。

そのように考えるきっかけは何だったのでしょうか。

僕の師匠の教えです。学校を卒業してから勤めたクリニックの院長さんで、たいへん厳しい方ですが、同時にたいへん優しい方でもあります。本当に多くのことを学ばせていただきました。その先生が「自分が今診ている患者さんだけでなく、他の先生が診ている患者さんの症例をみて、自分だったらどのように治療するかを考えるのも勉強」と常におっしゃっており、スタディーグループにも参加しました。そこでの活動では時折、随分厳しい指摘も受けたりもしましたが、非常に有意義な時間でした。そのスタディーグループで学んだことは今の僕の礎になっています。

治療なさるとき、大事にしているのはどういったことですか。

4

とにかく大事にしたいのは説明です。口頭での説明はもちろん、必ず患者さんのお口の中の写真を撮って「見える化」してお話しています。口頭で「虫歯になっています」と言われただけでは、患者さんにしてみれば「ほんとうかな」という気持ちがあると思うんです。中には何の説明もなく、気づいたら歯を削られていたという方もいらっしゃいますが、それは絶対に避けたい。まずきちんと「ここが虫歯です」と写真でお見せし、なぜ治療が必要なのか、どのような治療をしていくのかをわかっていただけるよう努めています。そうしないと、患者さんとの間に信頼関係も築けませんから。良い関係を築くことで患者さんが長く通いやすい歯科医院づくりに努めています。ですから、最初の説明はかなり時間を取り丁寧に行っています。患者さんからは「自分の口の中はこうなっているんだ」と驚いていただけたり、きちんと説明したことに対して喜んでいただけることも多いですね。

その上で治療プランを示してくださるのですね。

初診で歯を削って詰め物をするということはほとんどありません。まず現状をご説明し、治療の方針、治療にかかる期間や費用についてもきちんとお話しします。患者さんに提供する治療の選択肢もなるべくたくさん持っていたい。同じ詰め物が取れたという症状でも、お顔が一人ひとり違うように、お口の中の状態も患者さん一人ひとり違います。複数の選択肢の中で、歯科医師としてはこれがいいと思うというお話はしますが、選ぶのはあくまで患者さんです。

エミルへ行けば大丈夫といわれる歯科医院をめざして

治療の上ではなるべく歯を残すようにしていらっしゃるとか?

5

歯は極力抜かないほうがいい。持って生まれた天然歯に勝るものはありません。1本歯を抜くだけで、噛み合わせも噛みやすさも変わってきます。「他院で抜かなければならないと言われたんですが」とセカンドオピニオンを求めて来院される方がいらっしゃいますが、一手間かけて処置をすることで抜かずに済むことも少なくないんですよ。

今後の展望をお聞かせください。

お口の中で何か困ったことがあったとき、「エミルに行けば大丈夫」と言われるようになりたいですね。おじいちゃんおばあちゃんから小さなお子さんまで、気軽に来ていただけるクリニックでありたいと思います。治療としては歯周病について、皆さんにもっと広く知っていただきたい。歯周病は歯の基礎の部分の疾患です。日本の成人の8割がかかっているといわれますが、「痛みなく、気づかず、ゆっくりと」進行してしまうことが特徴です。ですから、歯科医院での検診を通して、気づいていただくことも大事なことと考えています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

海外に比べると、日本はまだデンタルIQが高くないと言われます。何か問題が起きてから歯科医院に行くという方が大半ですが、痛くなってからの治療は期間も費用もかかってしまいます。定期的に通っていただけば、虫歯が見つかっても最小限の治療ですみます。これからは、治療ではなく、予防が大切になってくると思います。なので、歯科医院は痛いことをされる、怖いところというイメージを払拭したい。定期的に美容院に行くように、歯科医院にも検診に行くことが生活の一部になっていただければうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~、歯列矯正/60万円~、セラミックインレー/5万円、ジルコニアインレー/5万5000円、セラミッククラウン/10万~12万、ジルコニアクラウン/10万~12万、マウスピース型装置を用いた矯正/23万円~、唾液検査/3000円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access