全国のドクター8,863人の想いを取材
クリニック・病院 160,940件の情報を掲載(2022年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市西区
  4. 橋本駅
  5. ホームドクター さかいクリニック
  6. 堺 浩太郎 院長

堺 浩太郎 院長の独自取材記事

ホームドクター さかいクリニック

(福岡市西区/橋本駅)

最終更新日:2021/10/12

20210915 196338 top

木の葉モール橋本北口バス停留所の目の前。「ホームドクター さかいクリニック」は、クリニック名のとおり、地域の“かかりつけ医”をめざして研鑽を積んできた堺浩太郎先生が院長を務めるクリニックだ。消化器外科の医師としてさまざまな場所で経験を積んできた堺院長。中でも胃・大腸内視鏡検査と肛門の手術には特に注力しており、開業1年の同院でもすでに多数こなしているという。「患者さんのお悩みを解決するには、お話にしっかりと耳を傾けることが大切です。それだけでも患者さんの心はすっと軽くなりますからね」とやわらかい口調で話す堺院長。かかりつけ医としての考え、日々の診察のスタンス、そして患者への温かな思いを存分に語ってもらった。

(取材日2021年9月2日)

「かかりつけ医になりたい」思いを胸に勉強に励んだ

まず、先生が医師をめざしたきっかけからお聞かせください。

1

私は小さい頃はけっこう病弱で、よく小児科などに通っては点滴などもしてもらっていたんです。そういう時に見かける先生たちが素直にかっこいいなと思えて。ごく普通の家庭でしたからどうやって医師になればいいかなどは当時はわからなかったのですが、それでも憧れはありました。それと、先生たちってたまに難しい言葉を使うんですよね。それが子ども心にも不思議で、どうして難しい専門用語を使うんだろう、なんて思っていました。そこで医師としての患者さんの視点に立った診療というのはどういうものか、という点も気になるようになったんです。

先生ご自身の経験がきっかけになったんですね。

医師になってからは、家族や友人たちから病気のことについて尋ねられるたびに、「こんなにも質問してくる人が多いのなら、それに応えられるような、地域性のあるクリニックが必要なのでは?」と考え、当初からいわゆる「町医者」をめざしていました。ただ、そのためには経験が必要だと考えたんです。だからどのくらいの年数でどういうことを身につけるべきかと逆算したんですよ。自分の専門として消化器外科を選んだのも、麻酔科や放射線科などを含めて勉強をする必要があり、体全体を視野に入れて診られるという点に惹かれたからでした。

かかりつけ医となるためどのように研鑽を積まれたのでしょうか。

2

医学部を卒業し、消化器外科の医師としてさまざまな場所で修業をしました。まず最初の5年はたくさんの患者さんに接し、全体的なことを学ぶことに重点を置きました。1-2年目は外科全般、麻酔、放射線科を学び、3年目から救急病院で自分の専門外の患者さんを診られるようにと工夫もしました。5年目から10年目は自分の専門性を高めるために、大腸がんや痔の手術、内視鏡検査の勉強に集中しました。静岡県浜松市に肛門手術で知られる松田病院があるのですが、そちらの先生に直談判し、3年間勉強させてもらったこともあります。その後、福岡大学病院、白十字病院、福岡リハビリテーション病院などで、チームリーダーとしてさまざまな病気と接し、2020年に当院を開業しました。

他院では質問しづらいことでも、話しやすい環境づくり

こちらにはどのような患者さんが多いのでしょうか?

3

かかりつけ医って、超専門的で高度な医療を提供することよりも、幅広い知識があり、その中で「この症状ってどこに行ったらいいんだろう?」と悩んでいる方へ答えを提示し、道筋を整えていくことが大事なんだと思います。いま開業してちょうど1年ほどがたちましたが、帰りぎわに「先生、ちょっとこの質問もいいですか?」と気軽に相談してくださる方が増えています。「健康診断で要検査にはならなかったけど、『経過観察』と書いてあるのは具体的にどうしたらいいんですか?」など、他の医療機関ではなかなか聞きにくいことを質問をしてくださようになってきたと実感できて、日々うれしさを噛みしめているところなんです。

先生のめざす姿に近づいているという証拠ですね。

そうですね。例えば、「認知症が進んできて、どうしたらいいでしょう?」なんて質問があったとすれば、介護保険の説明であったり、症状によっては脳神経外科を紹介したりもできます。「その患者さんにとってのベスト」を提案することが大事だと思っています。もちろん当院でできることであれば対応しますが、できない場合もある。「町の患者さんの相談窓口」が、当院の役割なのではないかと思うんです。患者さんが直接、大きな病院に問い合わせをしても断られることも多いのですが、以前勤めていた病院であれば先生たちとも顔なじみですから、電話を一本入れるだけで「堺先生からの紹介なら」と多くは快諾してくださるんです。新型コロナウイルス感染症のこともあってどの病院も新患の受け入れに慎重になっているようですが、これまでの積み重ねがこうした場面で生かせるのは本当にうれしいですね。

先生が診察時に心がけている点は何でしょうか?

4

やはり患者さんが言いたいことを言える環境、雰囲気づくりですね。なので自分だけではなくスタッフにもせかせかした様子を患者さんには見せないようにと伝えています。実はスタッフは私が以前勤務していた病院からわざわざ来てくれた人ばかり。「先生が開業するのならお手伝いします」と手を挙げてくれたメンバーなので、私の性格などもよくわかってくれているんです。つい患者さんと話しこんでしまうと、こっそり「先生、次の方が待っておられますよ」と注意してくれることもあります(笑)。患者さんにはとてもフレンドリーに接してくれていますし、本当に心強い存在です。

患者の考えを第一に、思いやりを持って接していく

先生の専門は内視鏡検査と大腸肛門外科とのことですが、実際に相談も多いのでしょうか?

5

内視鏡検査は本当に多いです。この1年で胃・大腸を合わせ、かなりの数に対応しました。患者さんの仕事場の同僚やご家族、ご友人といった方のクチコミでどんどん広がっているようで、とてもありがたいですね。とはいえ、通常の診察の入り口は、やはりおなかの不調、そして下血などがあるからお尻の状態を見てもらいたい、ということが多いです。肛門外科で大腸内視鏡検査をやるメリットとしては、一度の検査で肛門の状況と大腸の状況がわかるという点でしょう。痔だと思っていたら直腸がんだった、という例も実際にありますので。

見落としをしないという点も非常に大切なのでしょうね。

とはいえ不安になりすぎるのも良くないですよね。私自身も過敏性腸症候群なのでそういった患者さんのお気持ちは本当によくわかります。十分な説明があり、症状への対策がわかれば、過敏性腸症候群の方が日常生活を送るのはそう難しくはないのです。私は香辛料の効いたものが好きでつい食べてしまうのですが、その後は必ずおなかが痛くなります。でもそうなるのがわかっていれば問題はないのです。「なぜそういう症状になるのかがわからない」から不安なんです。だから「あなたの症状はこういうことが原因になっています。だからこの薬を服用しましょう」と理論立てて説明すれば、それだけで心が軽くなったと感じる方も多いはず。不安を抱えている患者さんの不安要素を取り除き、適切な提案をし、そして笑顔になってもらうということが最も大事だと考えています。

では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

私なりの考えはもちろんありますが、第一に考えているのは患者さんの気持ちです。特に初めて内視鏡検査を受ける方は覚悟を決めたような雰囲気でいらっしゃることが多いですが、肩肘張らずに、どうか気を楽にして来ていただければと思います。お薬の治療にしてほしいとか、もっと話を聞いてほしいとか、患者さんお一人お一人の要望にしっかりと寄り添い、こちらの意見だけを押しつけないというスタンスで日々診療にあたっています。その日は混んでいてなかなか時間が取れないとなれば「また明日改めてお話を聞かせてください」なんて声をかけることもあります。そうやってお互いに自然体でいられれば、クリニックに通うのも苦じゃなくなると思うんです。「先生」と呼ばれるのもいまだにくすぐったいくらいですから(笑)、ぜひ「近所のお兄ちゃんにお話を聞いてもらいたいな」という気軽な気持ちで何でも相談してくださると、私もとてもうれしいです。

Access