全国のドクター9,372人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月16日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 上野毛駅
  5. T-ONE歯科クリニック上野毛
  6. 田宮 隆弘 院長

田宮 隆弘 院長の独自取材記事

T-ONE歯科クリニック上野毛

(世田谷区/上野毛駅)

最終更新日:2020/08/13

195695 top

東急大井町線上野毛駅北口徒歩2分という好立地にたたずむ「T-ONE歯科クリニック上野毛」は、院内外ともに、白と青を基調とした清潔感のあるクリニック。2020年6月に開業したばかりの院内には院長の田宮隆弘先生が選び抜いた機器類が並び、滅菌機の導入など感染症対策にも余念がない。幅広い世代の人に利用してほしいとの言葉どおり、ビジネスパーソンも利用がしやすいよう土日も平日同様に診療している。現在は、一時的に利用停止としているが、院内にはキッズルームも配置。1児の父でもある田宮先生の配慮が光る。親子で、家族で、安心して通えるようこまやかに配慮する田宮先生に話を聞いた。
(取材日2020年7月16日)

多世代の暮らす住宅地の健康を守るクリニックとして

この場所での開業の経緯を教えてください。

1 1

開業前は大きな医療法人で勤務し、多くの方と仕事をしてきました。その経験を生かし、自分の目と手の届く範囲で診療できるよう開業したいと考えていました。以前の勤務先は元住吉だったのですが、この辺りは元住吉と住宅地の雰囲気が似ていたこともあり、以前からいい印象を持っていたんです。開業にあたって住まう方の年代構成なども調べると、さまざまな世代の方がバランス良く住んでいる町、という印象を抱き、特定の年代ではなく、幅広い世代の方にご利用いただきたいと考えていたので、この町に決めました。実際、開業してからも、2歳のお子さまから85歳の方まで幅広い年代の方にご利用いただいています。医療機関の使命は、地域の健康を守る、維持することにあると考えています。ご家族で来院くださる方も多いので、地域のかかりつけ歯科医院として根差していけるよう、これから多くの方と出会っていい関係を築きながら末永く継続していきたいですね。

治療をする上で大切にしていることは何ですか?

一番はやはり、コミュニケーションをしっかり取ることです。最初に全体の治療計画をお伝えするのですが、そこでもし患者さんの理解とこちらの意図が食い違っていれば治療は始められませんので、きちんとお互いのコンセンサスが取れるようお話ししていきます。例えば、歯を1本失ってしまった場合、健康にも影響が出る可能性があります。その人がどういう人生、生活を送りたいのかということも考えて話し合いながら治療を進めるようにしています。80歳、90歳になっても元気に過ごしたいと考えている方がいらしたとして、自分の歯で生涯食べたいのか、インプラントでもいいから自分の歯に近い感覚で食べたいのか、とか。それぞれにさまざまなニーズがあるので、その人その人に合う治療をしていくためにはよく話し合うことが大切だと思っています。その上で、私自身の技術、知識、診断のレベルを上げ、幅広い選択肢を提示できるよう日々勉強しています。

各年代で気をつけてほしいことはありますか?

2

小さなお子さんの課題はやはり、ブラッシングがきちんとできているかどうか。汚れが残っていると虫歯のリスクが高まります。年齢が上がり学齢期に入るとよほど痛みがない限り来院しなくなってしまうことが多いのですが、やはり、リスクの多い子には定期的に来院してほしいと思っています。その時には、放置するとどうなるのかということもお伝えします。30代、40代になると歯周病などさまざまなトラブルでまた来院される方が多くなってきます。そのトラブルの根本に噛み合わせが関係している場合もあるので、当院では、その年代の方々にも矯正という選択肢をお伝えすることもあります。加齢や、生活習慣の変化で口の状態もリスクも変化していきます。その時その時の状態に合わせて、ご本人がモチベーションを維持しながら対処できるような提案を心がけ日々勉強も続けていますので、やはり年代に関わらず定期チェックにはいらしていただきたいですね。

継続することで見えてくることがある

歯科医師になった経緯と印象に残る患者さんのエピソードを教えてください。

3

親族に医療関係者が多くいて、また、幼い頃から手に職を、ということは意識していました。バスケットボールを15年ぐらい続けてきて病院のお世話になることも多かったので、その時に心身を治すということに興味を持ちました。手先が器用なほうだったこともあり、歯科の道に進みました。とにかく今は自分自身のレベルを上げていきたいと考えています。歯科の最先端に常に敏感であることで、治療の幅を広げて、幅広い選択肢を提供したいですね。これまでにたくさんの出会いがありますが、特に印象に残っているのは足かけ4年ほど治療を担当した方です。来院時60代で、途中ご病気もされて。上の歯をすべてインプラントにしたのですが、治療が終わると笑顔も違うし、すごくご満足いただいて。生活の質や、治療予後などいろいろ考えながら想いに添い、治療していた方なので、非常に想い出深いです。

プライベートはどのように過ごされていますか?

15年続けたバスケットボールを仲間としたいという思いもあるのですが、土日も診療しているので、なかなか時間をつくるのが難しいですね。成長の過程で、親から自分で言い出したことは最後まで責任を取り継続するということを叩き込まれたので、仕事に対しても使命感を持って継続することを心がけています。今は、このクリニックを地域に根差せるようにしたいという熱い思いで走り続けている感じですね。何事も継続することで見えてくるものがあるとも感じています。とはいえ、私も一児の父で、現在8ヵ月の子どもがいるので、休みの日には沐浴やミルクの世話など子育てにも積極的に関わるようにしています。子どもの存在は大きくて、今後の成長が本当にとても楽しみです。

忙しい中でどのように学びを継続されているのですか?

4

いろいろなスタディーグループ、勉強会、セミナーに参加しています。勤務医の時には海外セミナーに参加したことも。いまはオンラインのセミナーを受講するなどして学びを継続しています。専門性を磨く、というよりは今は全体のレベルの底上げをしていきたいと思っています。

コミュニケーションを大切に納得のいく治療を

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

5

やはり、患者さんの期待に応えて、それ以上の治療をご提供でき、満足いただけた時ですね。そんな期待にこれからも応えていけるように、常に歯科治療の最先端に敏感でいて、幅広い選択肢を提供できるようにしていたいですね。

今後力を入れていきたいことは何ですか?

まだ開業して1ヵ月なので、スタッフ間の連携やオペレーションなどの部分で、ご不便をおかけしているところがあるのではないかと思います。患者さんには、気持ちよく治療を受けてお帰りいただきたいと思っているので、スタッフの接遇や、私自身の治療の質の向上にも力を入れていきたいと考えています。同時に、スタッフにもやりがいや満足感を持って働ける環境を整備していきたいですね。また、ゆくゆくは、リーフレットや冊子を作成し、治療を受けられる皆さまのお口の健康への理解が深まるような働きかけもしていきたいと思っています。やはりご自身の理解が深まることで、治療後の状態をしっかり維持管理できるようになったり、治療上のコミュニケーションが深まることも期待できます。さまざまなツールを充実させて情報共有をして、幅広い選択肢の提示と、治療の透明性を大切に、より想いに添った診療ができる体制づくりを追及していきたいと思います。

読者へのメッセージをお願いします。

6

今まで、自分はよくわからないままに治療を受けていたとか、歯医者は怖い、とか歯科に対して恐怖心や不安がある方にも、ぜひご来院いただきたいと思っています。今のお口の中の状態をお伝しえて、いろいろなツールを使って理解をしてもらってからきれいな状態にしていきます。治療の内容、期間などすべて明らかにして、保険適用なのか自費なのかに関わらず、その治療にどんなメリット・デメリットがあるのかをお伝えして、選択肢をご提示します。現在は新型コロナウイルス感染症の流行の時期。血管系の病気の併発の可能性も話題に上ります。口の健康と結びつかない方もいらっしゃるかもしれませんが、歯周病リスクが高い人は感染症のリスク、心筋梗塞や血管系疾患のリスクも高めます。歯周病の治療はもちろん、メンテナンスの仕方などのお伝えにも力を入れていますので、こんな時だからこそまずお口の状態を調えて、健康管理に役立ていただけたらうれしいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~
成人矯正/70万円~
マウスピース型装置を用いた矯正/片顎25万円~

※詳細はクリニックのホームページをご確認ください。
※自由診療についてはクレジットカードでのお支払いが可能です。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access