全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年7月31日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 府中市
  4. 府中駅
  5. 府中エンライトデンタルクリニック
  6. 後藤 弘明 院長

後藤 弘明 院長の独自取材記事

府中エンライトデンタルクリニック

(府中市/府中駅)

最終更新日:2020/04/02

193857

府中駅から徒歩1分にある白いビルの2階に2019年11月オープンしたのが、「府中エンライトデンタルクリニック」だ。明るい待合室と広々とした診察スペースが印象的な同院の院長で日本歯周病学会歯周病専門医でもある後藤弘明先生は、人生100年と言われる現代において、虫歯や歯周病の治療と予防に取り組むことで、患者の生活や人生の質を上げることをめざし診療に取り組んでいる。「当院で私たちと出会ったことで、その方の人生が良い方向へ向かっていくようお手伝いがしたいですね」と話す後藤院長に、同院のことについて話を聞いた。
(取材日2020年3月6日)

治療することと予防の両方からアプローチ

クリニックを紹介していただけますか?

1

歯科医療は、生活の質に非常に密接に関わっています。そして、人生100年時代といわれる現在は人生も長くなっていますので、当院で行っていることで患者さんの生活や人生の質を上げることが、私たちの仕事であり、それに貢献したいと考えています。それを達成するため私たちには、治療することと病気にならないことの両方のアプローチがありますので、虫歯や歯周病を始めとする口の中のトラブルを治療するのと同時に、歯科衛生士などにも活躍してもらって、予防的なことにもしっかり取り組んでいきたいと考えています。そして、「治療」という部分では、歯周病の治療やインプラントがポイントになってきます。それらをしっかり行うことで、失ってしまった機能や、周りから見える見た目を回復させ、患者さんが尊厳や自信を持って、日常生活を送れるようにすることをテーマに診療しています。

すてきな院内ですが、こだわった部分を教えてください。

コンサルティングルームを作ることにはこだわりました。初診のときや資料を提示して込み入った話をするときなどに診察台で話をするのではなく、コンサルティングルームでしっかりと対面して話をするようにしています。そういう意味では、診察台の前に説明用の大きなモニターをつけることも考えたのですが、当院の診察室は半個室で隣からは見えませんが、後ろを通るときに見えてしまうんですね。健康な人ならまだしも、そうじゃない人は口の中の大きな写真を他人に見られるのは嫌だと思いますので、モニターの代わりにタブレット端末で見てもらえるようにしました。拡大もできますし、遠くから眺めるよりも手元で見てもらったほうがわかりやすいのではないかと思います。潜在的な問題も浮き上がらせて治療するには、患者さんにもちゃんと理解してもらって、治療に参加してもらわないと成り立ちませんので、そうできるよう努めています。

特徴は、どのようなところでしょうか?

20200325 2

私は、日本歯周病学会歯周病専門医なのですが、当院では歯周組織の再生を図る、再生療法や、下がった歯茎を戻す目的の歯周手術にも対応しています。もう少し大きな枠で言うと、悪い1本の歯などに注目するのではなく、口の中全体で診査診断をして、実際にするしないは別にしても、治療計画も口の中全体を考えて、患者さんに提示するようにしています。理由としては、よく家に例えるのですが、どんな豪華な家を建てるにもはじめに地盤調査をして、地盤がやわらかかったら誰も建てませんよね。同じように、例えば、かぶせ物での治療をするときでも、長持ちさせるためには、その土台をしっかりと確認して、必要ならば整えておかないといけないからです。

リスク評価をした上で行うメンテナンス

メンテナンスにも力を入れているのですね?

3

歯周病の予防のために、ただ定期的に来てもらうというよりは、その患者さんの現状や病気などをもとに評価をして、その上でこういう対処をしないといけないから、通っていただく必要があるということをきちんと説明して、理解してもらうようにしています。基本的に歯科疾患で多いのは、虫歯と歯周病ですが、それには、噛み合わせも関係しています。当院では、例えば、間食が多いとか、唾液が少ない、喫煙している、フッ素を使っている、現在、どれくらい虫歯や歯周病があるのか、歯並びなどをフォーマットにしてチェックしています。その上で、あなたには何がリスクとなっていて、これを変えたらこれくらいリスクが下がりますとか、変えられないこともありますので、リスクが高いままであれば、メンテナンスに来る間隔を短くする。患者さんにやってもらうことと、私たちがすることの両方をしっかりとできるようにしています。

インプラントの考え方についても、教えてください。

インプラントは、もともとの歴史から言うと総義歯の人がちゃんと噛めるようにしようとしたのが始まりなんです。しかし、現在はどちらかといえば、インプラントと天然の自分の歯と共存する状態の人のほうが多いと思います。ですから、患者さんの天然の歯をしっかり診断、治療ができないと、インプラントをしても、他の歯がどんどん駄目になっていって、インプラントだらけになっていくだけです。そうならないためにも、歯周病とインプラントの治療を合わせてちゃんと行うことでそういったリスクを回避できると考えておりますので、責任をもって口腔内を治療させていただいています。

診療の際に心がけていることを教えてください。

20200325 4

治療計画を立てたり実際に治療をしたりするときでも、自分の家族のように考えてするようにしています。その上で、その人の立場や都合があるので、それを尊重したところに最終的には落ち着けるようにということも大切にしています。また、しゃべりすぎずに、その人の思いや求めているものなど、話を聞くことを心がけています。基本的に不健康になりたいと思っている人はいなくて、できるだけ良い状態で幸せに暮らしたいと、みんな考えていると思っているんです。一方で、タバコも吸えば甘いものも食べ、運動はしないなど、健康でいたいけど、そこにたどり着けない自分もいる。ですから、私たちとここで出会えたことで、それを乗り越えて、その人の人生が良い方向へ向かっていくようなお手伝いができればなと思っています。

これからも技術をもっと向上していきたい

先生は、なぜ歯科医師を志したのですか?

5

両親が歯科医師で、実家が歯科医院でした。親に言われて歯科医師になったわけではないのですが、そういったレールが敷かれていて、その上をただ走るというふうに捉えてしまい、子どもの時は歯科医師になりたいとは思っていませんでした(笑)。それで、親がどんな仕事をしているとかは、ずっと考えたことがなかったんですけど、大学に進学する時期になって進路を考えたときに、医療に携わっている身近な人がいたので、話を聞いてみたんです。いろいろ話を聞くうちに、困っている人がいて、それを助けて感謝されるという単純な図式ですけど、それが魅力的に思い、歯科医師になることを決心したんです。

どのようにリフレッシュしていますか?

本当は、学生時代にもやっていたテニスをしたいのですが、全然する時間がありませんね。今は小さな子どもが2人いますので、できるだけ早く帰って、手伝って、一緒に寝てしまうみたいになっています(笑)。休日も、勉強しないといけないときやほかに用事があるときは行かせてもらいますけど、それがなければできるだけ、子どもと一緒にいるようにしています。でも、運動はやっぱりしたほうがいいと言うか、しないといけないとは思っているんですけどね。

今後の展望とメッセージをお願いします。

6

個人的には、治療したものを長期に維持することがすごく大事だと考えているので、そのための技術をもっと向上していきたいですね。クリニックとしては、歯科医師もですが歯科衛生士を増やして、予防的なアプローチだったり、軽度な歯周病など、歯科衛生士が活躍できる範囲を増やして、その質もしっかりと担保できるよう取り組んでいきたいと考えています。そして当院は、口の中のトラブルをちゃんと治療することを求める人のための歯科クリニックですので、今まで治療したところや自分の口の中に不安や問題を抱えている人には、ぜひ一度足を運んでいただいて、拝見させていただきたいと思っています。そして、予防ということでは、子どもの頃から取り組むのがもっとも効果的ですから、お子さんも一緒に、ご家族全員でご利用いただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/37万円~、歯周組織再生療法/10万円~、部分矯正/3万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access