全国のドクター8,855人の想いを取材
クリニック・病院 161,497件の情報を掲載(2020年1月21日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 川崎市中原区
  4. 武蔵小杉駅
  5. 医療法人慈泰会 あおば皮膚科・形成外科武蔵小杉
  6. 堀田 美穂 院長

堀田 美穂 院長の独自取材記事

あおば皮膚科・形成外科武蔵小杉

(川崎市中原区/武蔵小杉駅)

最終更新日:2020/01/14

193672 %e3%81%82%e3%81%8a%e3%81%b0%e7%9a%ae%e8%86%9a%e7%a7%91%e5%bd%a2%e6%88%90%e5%a4%96%e7%a7%91%e6%ad%a6%e8%94%b5%e5%b0%8f%e6%9d%89

JR各線と東急東横線が乗り入れる武蔵小杉駅。東急線駅東口からロータリーを挟んだ正面の商業ビル2階の医療フロアに「あおば皮膚科・形成外科武蔵小杉」はある。スタイルと機能性を追求した新しい街で、皮膚科、形成外科、美容皮膚科と皮膚に関わるさまざまな悩みに応えている。ホテルライクなインテリアがすてきな待合室で出迎えてくれたのは、堀田美穂院長。「いまや皮膚科も予防が当たり前の時代です。受診することでより美しい肌を長く保つことができる、そんな診療のご提供に努めています」と笑顔を見せる。保険診療から自費診療まで幅広い選択肢を用意して患者のニーズに対応する同院のめざす医療と今後の展望とは。堀田院長に話を聞いた。
(取材日2019年12月11日)

保険診療と自費診療の両軸で、肌悩みに対応

まずは医院のなりたちと、院長のご経歴から伺います。

1

当院は東京立川にある「立川皮膚科クリニック」の分院で、「小さな病院」として皮膚科領域の多様な症例に、充実した施設と医療スタッフで対応していくという同院の理念を受けて、保険診療の一般皮膚科から自費診療中心の美容皮膚科まで幅広く対応しています。私自身は大学病院とその関連病院で10年を超えて皮膚科医師として経験を積んだ後、保険外の診療も経験したいとの思いから3年ほど美容クリニックに勤務。「開業するのであれば若い患者さんを多くお迎えできる若い街で」という思いで、2019年10月に院長として当院をオープンさせました。大学病院では数多くの手術を行ってきましたし、美容皮膚科の医師としても新しい治療や機器に多く接してきました。そうした経験を当院にいらしていただく患者さんに還元していきたいと考えています。

医院の特徴を教えてください。

各種レーザー機器を備えているほか、脱毛からしみ・ほくろ、肝斑や赤ら顔のケアまで対応しています。また当院にはエステティシャンが常駐しており、カウンセリングから施術までをご担当するのも特徴です。パウダールームも備えていますので、治療後もゆっくりお支度していただけます。また、赤い色素に反応するダイレーザーを導入しており、血管腫(赤あざ)や血管奇形の治療にも活用しています。そのほか、ニキビ治療に力を入れているのも当院の特徴と言えます。

ニキビ治療ではどのような治療を受けられますか?

2

ニキビ治療については保険適用のものでさまざまなお薬がたくさん出ていますので、その方の症状に合わせたお薬を使った保険診療が中心になります。主に男性ホルモンにより皮脂腺が活性化されて起こる毛穴の詰まりを取る目的のお薬などです。また、自費診療では酸で角質細胞を剥離させることで肌再生を促すピーリングも行っています。ニキビは「治して終わり」ではなく、その後のケアにより再発を防ぎながら美しい肌を保つことが重要なのです。

ニキビケアから脱毛、巻き爪まで幅広く診療

そのほかに力を入れている治療はありますか?

3

大学病院ではフットケアを集中的に行ってきて、その重要性を実感しました。特に巻き爪の治療は得意で、多くの症例を治療したほか、企業と協力して治療用クリップを開発、商品化した経験もあります。巻き爪はつらい痛みに加えて、歩行に支障を来したり、アスリートにとっては成績に影響が出たりすることも。テープなどを使ったセルフケアの方法もありますが、セルフケアには限界がありますので早めにご相談いただければと思います。また、高齢者の方では爪切りがうまくできないという方が少なからずいらっしゃいます。高齢になると爪が厚く、硬くなり切りづらくなりますが、放置してしまうと爪の変形などのトラブルを招いてしまいます。当院では爪切りも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

どのような患者さんが多くいらしているのでしょうか?

ニキビに悩む10代、20代の方から、エイジングケアでいらっしゃる方まで、年齢層は幅広いですね。美容というと女性のものというイメージがあるかもしれませんが、当院では男女問わずご相談を受けています。男性でも脱毛や毛穴ケアを気にされる方が増えている印象です。また、近年ではお子さんのうちから脱毛を行うケースが増えているようで、娘さんを連れて脱毛のご相談にいらっしゃる親御さんもいらっしゃいます。まだ生えそろった状態ではないお子さんの脱毛は大人の脱毛と比べてもより繊細な出力調整が求められます。熱式で痛みの少ない医療用脱毛機もそろっていますので、ぜひ医療機関で受けていただくようにお勧めしたいですね。

診療上心がけていらっしゃることはありますか?

20200114 4

とにかくお話をよく聞くことと、なんでも聞いていただける関係を築くことを特に大切にしています。訴えに対しては一つ一つ診断をつけて、1年後にどのような状態が見込まれるかといった長いスパンでの見通しをお伝えするようにしています。当院では何らかの主訴を持って来院された方から、診療を通して別のお悩みをご相談されるというケースがたいへん多くなっています。皆さん皮膚に関しては気がかりを持ちつつ、相談する機会がないというのが現状なのかもしれません。お話を聞くことでそうした潜在的なお悩みも引き出し、トータルにケアしていければと思っています。

患者が前向きになっていく姿が、医師としての喜び

医師としてやりがいがいを感じるのはどんな時ですか?

5

皮膚のトラブルは直接命に関わることはなくとも、見た目に大きく影響するため、自信をなくされたり、心の重石となったりすることが多いんです。そうした方が再び笑顔を取り戻され、前向きになっていく姿を見せていただくと、医師としても大きな喜びを感じます。挙式前などのタイムリミットがある治療もお受けしていますので、気軽にご相談ください。

プライベートについても伺います。休日はどのように過ごしていらっしゃいますか?

小学生を筆頭に3人の息子がいますので、ほぼ「お母さん」としての屋外活動に費やしています(笑)。サッカーの応援などで夏場でも長い時間日に当たってしまうことも多く、肌状態を維持するためのUVケアには力を入れています。塗る日焼け止めに加え、さまざまな対処法がありますので、興味のある方はご相談ください。子どもとの時間を通して医師としても学ぶところが多く、特にこれまで何の気なく親御さんにお願いしてきた「お薬を1日2回塗る」ことがこんなにも大変なことだったと知ることができたのは収穫です。親としての苦労がわかるからこそ、「頑張っていますね」の言葉が自然に出ますし、経験から少しでもやりやすい方法をご提案することができます。何より、子どもの肌トラブルが親にとってどれほど心配なものなのかを実感したことで、寄り添う診療ができるようになったと感じています。

今後の展望について教えていただけますか?

6

ニキビケアなど、10代の若い患者さんをもっとお助けできるクリニックにしていきたいですね。皮膚科一般から美容皮膚科まで、「肌のことならここ!」と一番に思い出していただけるよう、信頼される存在になれたらと思います。当院では専任スタッフによる専用ルームでの無料カウンセリングを行っています。お肌の悩みに対して保険診療から自費診療まで幅広い選択肢をご提示して、治療期間や費用のご相談にも応じています。お悩みがあればぜひ足を運んでいただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ピーリング/3000円~(ピーリングローションにて)、レーザー脱毛/5000円~、しみ1mmあたり/3000円、ほくろ1mmあたり/8000円、

Access