全国のドクター9,023人の想いを取材
クリニック・病院 160,841件の情報を掲載(2022年5月19日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 春日市
  4. 春日駅
  5. 医療法人 はらだ歯科
  6. 原田 俊之 院長

原田 俊之 院長の独自取材記事

はらだ歯科

(春日市/春日駅)

最終更新日:2022/01/24

192854 top

春日駅と春日原駅、どちらからも徒歩約3分と利便性が良い「はらだ歯科」。2012年の開業より地域のかかりつけ歯科医院として幅広い世代の健康を守っている。院長の原田俊之先生のポリシーは、歯科医師の常識や固定概念を決して押しつけず、信頼するスタッフと密に連携を図りながら一人ひとりの希望をかなえられるよう、誠意を持って全力で診療に取り組むこと。2021年12月には院内の一部をリニューアルし、メンテナンスに特化したこだわりの個室や診療室とつながったキッズスペースなどを新たに設けた。「患者さんと一緒に笑って楽しく話せるときが一番の幸せ。開業から10年、患者さんに成長させていただいたその恩返しのつもりです」と笑顔で語る原田先生に、クリニックの特徴やリニューアルにかけた想いを語ってもらった。

(取材日2021年6月23日、再取材日2021年12月8日)

縁と出会いに感謝し、心の通った診療に力を尽くす

診療におけるモットーからお伺いします。

1

歯科医師というより、まず一人の人間として「一期一会」という気持ちを大切にしています。患者さんとのご縁を大事にし、私自身も含め、どなたにも後悔をしてほしくないという思いが強くあります。だからこそ、当クリニックを選んでわざわざ受診していただくすべての方に真摯に寄り添い、できる限りご要望をかなえられるよう精一杯、努力するのが私の信念です。虫歯が多かったり、重度の歯周病であっても、決して否定的な言葉は使わず、どんな時でも親身に接し、患者さん一人ひとりに勇気や笑顔を届けられる歯科医師でありたいと思っています。自分にしかできないやり方で、地域の方々にオンリーワンの温かな歯科医療を提供できたら幸いです。

開業から10年を迎えるにあたって、院内を一部改装されたのですね。

1台診療チェアを増やし、そこは特別感のある個室にしました。180度以上ぐるりと自動で回る診療チェア、手元に出てくるうがい台、温かみのある照明、大きなモニターなど先進的な設備を備えていますが、高額な自由診療でしか使わない部屋じゃありませんよ(笑)。保険診療でのメンテナンス、カウンセリング、ホワイトニングなどで日常的に使用し、患者さんに心地良くケアを受けていただきたいと思っています。治療の音が苦手な方や空調に敏感な方も、ここならリラックスしていただけるかと。また親子で来院される患者さんのために、以前は待合室にあったキッズスペースを診療室内に移動。ドアを開けると診療室の一つとつながるので、親御さんが治療を受けているそばでお子さんはDVDを見ながら待っていただくことができます。複数のお子さん連れでも気楽に、安心して来院してください。

患者さんへの思いやりが随所に感じられます。

2

キッズスペースのドアの丸窓からお子さんが顔をのぞかせてカプセルトイを見つけ、「後でしたいなあ~」なんて言っている姿を見て、私たちも癒やされているんですよ。私は患者さんのおかげで成長させていただいているので、その恩返しのつもりで今回リニューアルしたのですが、患者さんがお祝いにと差し入れを持ってきてくださったりして……そんな強い関係性を築いてこれたんだと本当にうれしかったですね。ほかにも待合室を広くしたり、釣銭機を導入したりといった変更も含め、私の理想とするクリニックの一つの完成形はできたかなと思っています。これからも、どなたでも気軽に入ることができ、お金のことでドキドキすることなく、気持ち良く過ごしていただけるようなクリニックでありたいですね。

すべては、患者一人ひとりの健康と笑顔のために

患者と接する上で大切にしていることは何ですか?

3

他人に口の中を見せ、治療を任せるのは、容易なことではありません。小さなお子さんも頑張って口を開いてくれるわけですから、それを当たり前と考えず、すべての患者さんに感謝や敬意を持って全力で治療にあたるのが私たちの務めだと捉えています。診療中は気持ちが通じ合うコミュニケーションを心がけ、常に一つ一つの言葉選びにも注意を払っています。健康になってもらうのはもちろんですが、ここに来て楽しく過ごすだけでも元気になれる。そんなクリニックでありたいというのが開業時から変わらないコンセプトです。だからこそ、立ち居振る舞いや身だしなみ、表情や話し方にも気をつける。それが真のプロフェッショナルだと考えています。

メンテナンスで重視されていることは何ですか?

まず、治療の経過や口の中の状態を適切に見極めて、通院する間隔を患者さんごとに設定。場合によっては1ヵ月周期で来院してほしい方もいれば、2~3ヵ月や6ヵ月間隔が適している方もいらっしゃいます。受診時には、エアフローを施し、自宅では取りづらい汚れや着色をしっかりクリーニングします。現在、歯科衛生士は3人。それぞれが担当する患者さんの歯磨きの癖や、口腔内の細菌叢の性質、食習慣、生活スタイルをしっかりと把握するほか、メモとして記録することでスタッフ全員が共有できるよう対応しています。自宅でのブラッシングのお話をする際は、各患者さんの技量や背景を踏まえ、なるべくできている箇所を褒めながら、ストレスがかからないよう優しい指導を心がけるよう徹底しています。

先生が得意とされている診療を教えてください。

4

どの分野も適切に対応していますが、特に小児歯科と審美歯科の分野でしょうか。小児歯科はこれまでの経験を生かした診療で多くの方に受診いただいています。当クリニックでは体を拘束する抑制具は一切使わず、初診から治療を施すことは避け、本格的な治療の前に仲良くなって信頼を築くことを大切にしています。無理やり治療しても恐怖心を抱くだけですからね。治療スピードも重視し、お子さんにとっても親御さんにとってもより良い対応を心がけています。また常に患者さんの希望を第一に考え、虫歯を審美的に治療できるコンポジットレジンやホワイトニングなどにも幅広く注力。義歯治療にもこだわっており、自由診療にはなりますが、従来の目立つ金属部分がない自然な印象の義歯も取り扱っています。すべては患者さんに自信を持って笑ってもらえるように。それが審美歯科における本当の治療だという想いですてきな笑顔をつくるべく日々全力で取り組んでいます。

スタッフと力を一つに、地域に親しまれる歯科医療を

スタッフ同士の連携の良さも大きな特徴ですね。

5

当クリニックのスタッフは、次の治療を先読みして道具を準備してくれたり、特に私が指示しなくても求める動きをしてくれたりと、配慮の行き届いた対応をしてくれます。まさに「以心伝心」。その言葉がふさわしい、連携の良さだと自負しています。患者さんと同じようにスタッフも、私にとっては家族のような存在。だからこそ、日頃のコミュニケーションは大切にしています。また、一緒に成長するために、しばしば院内で外部講師を招いての講習会を実施。社会人マナーの勉強をしたり、インプラント治療や矯正治療について学んだり、患者さんにより良い歯科医療を提供できるよう取り組んでいます。今回の改装でスタッフの研修用ルームも整備したので、今後活用していきたいですね。

歯科医師を志したきっかけや仕事のやりがいを教えてください。

歯科医師だった父の影響が大きかったのは間違いありません。人と話すことがとても好きなので、歯科医師となり、日々診療にあたる中で、患者さんが私たちの対応やコミュニケーションに満足してくれるのを目の当たりにするたびに、やりがいを実感しますし、「初めて先生と会ったのに、そんな気がしない」「こんなに褒めてもらったことがない」「次は家族も連れてきますね」といった言葉をいただくと、特に手応えを感じますね。年数を重ねるほど、天職だと感じています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

「治療が怖い」、「時間がかかって大変」、「費用が高い」。過去の体験から、歯科医院にそんなイメージを持っている方は少なくありません。だからこそ、それを払拭するクリニックでありたいと私たちは考えています。患者さんの立場で考え、一人ひとりに親身に寄り添い、できる限り保険診療の充実を図りながら、満足してもらえる歯科医療を届けられるよう努めています。地域の身近なかかりつけ医として、気軽な気持ちで悩みを話しに来ていただけたら幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング(10日分のジェルつき)/2万4200円~
オフィスホワイトニング/1回1万5400円~
※その他コースもございます。
義歯(片側1歯)/11万円~

Access