全国のドクター9,327人の想いを取材
クリニック・病院 160,990件の情報を掲載(2020年11月24日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 東大阪市
  4. 鴻池新田駅
  5. 鴻池ファミリー歯科
  6. 森脇 信吉 院長

森脇 信吉 院長の独自取材記事

鴻池ファミリー歯科

(東大阪市/鴻池新田駅)

最終更新日:2020/10/20

192724

JR学研都市線の鴻池新田駅より徒歩2分の「鴻池ファミリー歯科」は、スウェーデン式の予防を重視した診療を取り入れているクリニックだ。森脇信吉(のぶよし)院長をはじめ同院のスタッフたちは、東京のスタディーグループなどに参加して研鑽を続けているほか、スウェーデンのイエテボリ大学で専門的に学んだ経験を持つ衛生士も在籍している。今でこそスタッフとのチーム医療を確立しているという同院だが、開業からここまでの道のりは平坦なものではなかったと森脇院長は語る。現在クリニックにはユニットが6台、常勤の歯科衛生士が6人在籍し、日々の診療にあたっている。真剣に歯科医療と向き合い、地域の患者のために常にアップデートを続ける同院の理念や森脇院長の熱い思いを聞いた。
(取材日2019年9月10日)

スウェーデン式の予防重視な診療を取り入れる

スウェーデンの診療スタイルを取り入れているそうですが、どういったものですか。

1

スウェーデンは予防に力を入れていて、ヨーロッパの中でも特に予防を推進している国なんです。当院は、歯科医院なので歯をまったく削らないというのは難しい場合もありますが、なるべく歯を削らず、予防に努めていくことを基本方針にしています。治療してもらうだけで予防せずにいた人と、きちんと定期的に予防に来ていた人を比較したデータがあるのですが、予防した人のほうがトータルで医療費も通院回数も少なくなるという結果が出ています。つまり、予防にまめに通っていただくことが歯と全身の健康寿命を長くすることにもつながるということです。当院では長期的なメリットを見据え、予防に力を入れるようになりました。こういったお話も初診でお伝えしています。

治療の流れや方針を教えてください。

「28本あれば28本すべての歯を診断する」という思いで日々診療しています。そのため、初診はまずカウンセリングをして、エックス線と一眼レフカメラで口腔内の写真を撮り、検査をします。詰め物が取れている、歯が痛むなど、早急なお困りの場合は、少し治療することもありますが、検査とご説明までで初診が終わることもあります。そして2回目から具体的に治療方針を決めて、それに沿って進めていくために、順番や回数、金額についてしっかりお話させていただいています。自分が患者になったと想定して考えると、いつ治療が終わるのかわからないと不安に感じると思うのです。ですから当院では患者さんにある程度のゴールを提示することを心がけています。あらかじめ目安がわかっていれば、治療に向かう気持ちも変わってきますよね。患者さんも一緒に頑張っていきましょうという思いで、カウンセリングや説明を大切にしています。

患者さんにも治療方針をしっかりご理解いただくということですね。

2

このように説明をしっかりするのは、スウェーデンの歯の健康習慣をこの地域に広げていきたいという思いがあるからです。当院の患者さんは現在、大人の方が多く、子どもの虫歯は減ってきています。これは良いことなのですが、 今小中高校生の方々が10年後、20代、30代になった時には歯周病のリスクと向き合っていかないといけなくなります。今虫歯がないから歯科医院に行かないのではなくて、虫歯がなくても歯科医院に来る習慣づけをすることが大切です。虫歯があるとか痛みがあるから行くわけでなく、生まれて歯が生えたら歯科医院に通い、慣れていただく。それがかかりつけ医を持つということだと考えます。

スタッフの能力を生かしたチーム医療体制を確立

予防を重視するためには、歯科衛生士などスタッフとの連携が欠かせませんね。

20201006 3

当院には信頼できるスタッフがそろっており、スウェーデンのイエテボリ大学で学んだ経験を持つ衛生士もいます。ほかのスタッフも東京や大阪のスタディーグループに参加して勉強させていただき、研鑽の日々です。患者さんにおうちでのケアをしっかりしていただきたいという思いから、スウェーデンの歯ブラシをはじめ、予防に必要なもの一式の紹介もしています。実はこれもスタッフ発案のアイデアなんです。

チームとして診療していく上で、心がけていることはありますか。

チームメイトであるスタッフたちを信じて託すことです。開業したばかりの頃は、スタッフのマネジメントで悩むこともありました。とにかく自分が引っ張っていくからついて来い、というような方針でした。私自身、休む暇もなく働いていましたね。幸いにも患者さんにはたくさん来ていただけて本当にありがたかったんですが、なかなかスタッフが定着しない状態が続いていたんです。開業して5年ほどたった時に、どうせならもっと楽しんで仕事をしてほしいと思い、ここ1年半くらいで歯科医院の改革に着手しました。完全にトップダウンでやっていたところをスタッフに権限を移譲し、彼女たちに自主性をもって仕事に取り組んでもらったところ、生き生きと働いてくれるようになりました。前は私が言ったことだけをやってもらっていたんですが、今はもう自分たちがやればやるだけ良くなるということを感じているようです。どんどん結果を出してくれていますよ。

スタッフに権限を与えることに不安はありませんでしたか。

4

こちらからすると最初はすごく心配でした。しかし、今の若い方はそういうことをしていくとすごく伸びるんですよね。皆さん非常に能力が高いと感じます。併せて診療時間を1時間短くして、残業せずに定時で帰ってもらうようにし、水曜も休診にしました。休む時は休み、働く時は働くという方針にしたのです。まさに働き方改革ですね。しかし診療時間を短くしてもきちんと結果が出ています。スタッフたちの患者さんに対する接し方や表情、患者さんを思いやる心にゆとりが出てきたのだと思います。予防を重視するクリニックとして患者さん一人ひとりを大切にすることは本当に重要です。今まで私1人で余裕なくやっていたのが、スタッフを信頼し、結果を待つことで全体の雰囲気が変わり、それが患者さんにも伝わっているようでうれしい限りですね。

訪問診療や介護予防教室で地域に貢献

歯科医師になろうと思ったきっかけを教えてください。

5

私の父は鍼灸師、母は柔道整復師で開業していました。また、身内に医師が多かったことから、自分も将来医療に関連する職に就くことを幼い頃から目標にしていました。小学生の時は、帰ってきてランドセルを置く場所が親の仕事場で、ただいまと言うと患者さんがみんなおかえりと言ってくれる。そこで宿題をして、親の仕事が終わったら一緒に帰っていましたね。自分もいつか仕事として医療現場に身を置くかなというイメージがありました。もともと東大阪市で育ち、中学校までの期間をここで過ごしたんですよ。縁あってこの東大阪市で開業することができましたので、これからも地域に恩返しをしていきたいです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所にも届け出て、訪問診療も行っていますね。

当院では開業当初から、訪問歯科診療のサポート事業を行う会社と密に連携を取りながら訪問診療を行っています。また、当院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に届け出済みです。これに届け出るためには訪問診療に関する項目も含めてさまざまな基準が設けられていますので、将来通院できなくなることが心配な患者さんにも、安心して当院をかかりつけにしていただきたいと思っています。さらに歯科医師会の活動として、定期的に他の先生方と一緒に介護予防教室を開催しています。高齢になると口の周りの筋肉が落ちたり唾液が少なくなったりして口腔機能が低下しやすくなるので、そういったことを地域の高齢者の方にお話しして、できるだけ良い状態を維持してもらえるようなお口と全身の健康教室を行っています。

地域の患者さんにメッセージをお願いします。

6

これまではだいたい人生80年でしたが、これからは人生100年時代になっていきます。今の10歳くらいの子たちの平均寿命は110年になるという話もあるほどです。ということは、健康寿命がとにかく大切になってきます。人間にとって食事をすることは楽しみの一つですから、寿命が長くても噛めず、食事を楽しめないというのは悲しいですよね。いつまでも3度のご飯を楽しんでもらうため、当院がお役に立っていきたいです。虫歯のない子でも歯科医院に行く習慣を今からつけていただくことが、将来の財産になるのではないでしょうか。定期検診に行きたいと思ってもらえるクリニックになれるよう、スタッフと協力してまい進していきますので、ぜひ予防に来てくださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/41万円~、成人矯正75万円~、小児矯正30万円~
※クレジットカードは自由診療のみ対応

Access