全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)

日本橋浜町矯正歯科

日本橋浜町矯正歯科

池田 侑平 院長

20190930 bana

2019年5月に開院した「日本橋浜町矯正歯科」。院長の池田侑平先生は東京医科歯科大学を卒業後、同大学歯学部附属病院や歯科医院で多くの人の矯正治療を行ってきた。表側矯正、舌側矯正、マウスピース型装置を用いた矯正といった複数の矯正方法に精通し、カウンセリングと検査結果を重視した診断で患者にとっての一番のゴールを設定するようにしているそう。小さな変化も見逃さない丁寧な治療を心がけることはもちろん、毎回の診療で歯だけではなく患者の気持ちにも注意を配ることで人間関係を築いていくのが池田先生の診療スタイル。常に向上心を持って治療に挑みたいと話す池田先生の目標は「いかに100%に近い治療ができるか」。それを実現するためにつくり上げたクリニックで、矯正への想いを聞いた。
(取材日2019年9月11日)

大学病院での経験を生かして、幅広い矯正治療を提供

―開業に至った経緯を教えてください。

最初は10年ほど大学に残り、40歳前くらいで開業できればと考えていました。しかし、大学には臨床、教育、研究という3本柱があるため、長く在籍するにつれ、どうしても教育と研究のウェイトが高くなってしまい、臨床にかける時間は限られてきてしまうんです。本来僕がやりたかったのは「歯列矯正を行って患者さんの歯列を改善していく」ということ。そのため、歯科医師になって5〜6年後頃から、開業したいと強く考えるようになりました。また、大学では表側矯正を扱うことが多いのですが、舌側矯正やマウスピース型の装置を使った矯正が世の中では主流になってきている中、治療の選択肢を多く提供できる環境で日々の診療を行いたかったことが開業を早めた理由の一つですね。

―この地で開業したのはどうしてだったのですか? またこだわった点はありますか?

東京の下町のような落ち着いた町で診療していきたいと思ったからです。僕自身もスタッフも患者さんもみんなが落ち着いて治療と向き合うことができるように、院内をブラウンで統一しました。矯正歯科専門のクリニックでよくあるのが真っ白やキラキラした感じの内装ですが、年齢や性別を選ばず長い期間通ってもらえるように、木目を基盤にした優しいトーンを基調に、ロゴのデザインなども含めて色についてはこだわりました。

―こちらではどのような矯正を行っていますか?

通常のワイヤーによる表側矯正、舌側矯正、マウスピース型の装置を用いた矯正の3つの方法をご用意しています。表側矯正の中にも一般的なワイヤーと目立ちにくい白いワイヤーを使用した方法があるほか、お仕事柄、矯正装置が見えないほうが良いという方には舌側矯正、少しの凸凹だけでワイヤーを付けるまでもなく整えられると考えられた方にはマウスピース型の装置がお勧めです。それぞれ方法や治療期間、金額に違いがあり、お一人お一人のお口の状況によって向き不向きがありますが、まずはカウンセリングで何にお困りか、どういうゴールをめざしているかなどお話しさせていただき、よりその方にあった治療方法を提案しています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

フルリンガル矯正(上下顎裏側)/115万円~、ハーフリンガル矯正(上顎のみ裏側)/95万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/95万円~、表側矯正/75万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細