全国のドクター9,295人の想いを取材
クリニック・病院 158,642件の情報を掲載(2024年4月22日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市南区
  4. 大橋駅
  5. しもむら内視鏡クリニック
  6. 下村 保 院長、下村 晋 副院長

下村 保 院長、下村 晋 副院長の独自取材記事

しもむら内視鏡クリニック

(福岡市南区/大橋駅)

最終更新日:2023/03/03

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック main

大橋駅から徒歩1分、クリニックビルの4階に「しもむら内視鏡クリニック」がある。院長の下村保先生は、多くの内視鏡検査を行ってきた内視鏡検査の専門家。豊富な経験を生かし、検査を受ける患者の痛みや苦しみに配慮した内視鏡検査を提供するために2018年に開院。2020年7月より、外科が専門の弟の下村晋先生が副院長として加わり、患者の苦痛をさらに減らすことに尽力している。クリニック内は患者のプライバシーを守るため、男女別の更衣室や前処置室を配置。人目が気になりやすい待合室はパーティションで区切った空間づくりをしている。お互いに信頼、尊敬し合いながら診療にあたる2人に、クリニックの特徴や今後の目標についてじっくり話を聞いた。

(取材日2020年9月25日)

苦痛に配慮した内視鏡検査に取り組む

どのような患者さんが来られますか?

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック1

【下村院長】健診や人間ドックで来院される方が多いですね。自由診療に限り、胃カメラや大腸カメラも同日に行っています。クチコミが広がり、県外からお越しになる患者さまもいらっしゃいます。「内視鏡検査がスピーディーで楽なのは当たり前、小さな病変も見逃さない!」をモットーにしています。組織検査にもこだわり、病理学の大学教授に依頼することで、超早期がんの発見率向上に努めています。
【晋副院長】大橋駅から徒歩1分、院内すべてバリアフリーですので、ベビーカーやお子さま連れ、車いすの方も受診されています。年齢層や主訴は多岐にわたり広く、便秘・肛門が切れて出血した・産後の痔が治らない、など専門である肛門病変のご相談も多いです。1階に「大橋ごう脳神経外科」があるビルの4階です、エレベーターをご利用ください。

お2人の得意分野や、クリニックの強みをお聞かせください。

【下村院長】僕が内視鏡経験を積んだ千葉の亀田総合病院では、内視鏡の分野で広く知られる先生方から直に学び、迅速かつ楽に安全に検査を行うための技術を取得する機会に恵まれました。その学びを郷土に還元し、胃・大腸カメラを普及し、がんで亡くなる方をゼロに! 年1の健診をスタンダードに!と日々、奮闘中です。
【晋副院長】健診で便潜血陽性を指摘され精密検査になった方の中には、大腸だけが原因でなく、肛門病変の治療が必要な方もいらっしゃいます。ここでは両方を診ることができることも強みです。専門の外科分野を生かし、検査から治療までワンストップで行っています。万が一、がんの診断の場合でも、患者さまやご家族に寄り添いながら、最善と思われる提案をしています。

兄弟で開業をしようと思った経緯を教えてください。

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック2

【下村院長】兄弟仲が良く、得意分野をそれぞれに生かせることが、兄弟で開業を決めた理由です。僕は内視鏡検査などの消化器内科をメインに、弟は痔などの外科治療も行うことで、患者さまのニーズに幅広くお応えしています。一度に1ヵ所で診察できるというメリットは大きいようですね。また、排便時に血がついていたというご相談も多く、ご本人ではその出血原因を特定するのは難しい部位ですので、恥ずかしがらずに相談してください。また、医療においては診断力が重要です。病理の判定や健診結果の確認など、専門の病理医を含め複数医師で行っている点も患者さまに安心していただいています。

患者のプライバシーにとことん配慮

患者さんのプライバシーを守るための院内の工夫を教えてください。

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック3

【下村院長】検査着を着て移動する健診の方は、一般診療の方と動線を分けるようにしています。男女別の更衣室やロッカー、お手洗いは8ヵ所あり、男女が顔を合わせない工夫をしながらご案内します。大腸の内視鏡検査は、前処置として下剤を飲んでいただくので、個室・男女別の前処置室・付き添いが必要な方や、カップル、友人同士、車いすの方などの広めの前処置スペースなど、パーティションを利用し、なるべくリラックスしていただけるようにしています。待ち時間には貸し出しテレビの利用やWi-Fiで、パソコン・ゲーム・映画鑑賞をするなど、各々で院内での滞在時間をカスタマイズすることも可能です。さまざまな角度から検査のハードルが下がるような提案をしています。院内は白を基調とし、清潔感のある空間づくりを心がけました。患者さまから頂いた絵画や書などを季節に合わせて飾ったりもしています。

診療の際に心がけていることを教えてください。

【下村院長】特に心がけているのは、検査や手術前の患者さまの緊張や不安を和らげることです。初めてでなくても、不安の強い方はいらっしゃるので、事前にしっかり説明をし、それぞれの患者さまのニーズに応えるようにしています。
【晋副院長】肛門病変に関しては、ためらいながら受診される方もいらっしゃいます。恥ずかしさがあっても、診てもらって良かったと安心していただけるよう、さまざまな治療のご提案をしています。当院は日帰り手術のみになりますがお薬での治療も行えますので、まずはご相談ください。

より良い環境づくりをサポートしてくれるスタッフがいるとお伺いしました。

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック4

【下村院長】看護師長をはじめ、各部署のリーダーが、常に患者さまファーストで行動してくれています。待ち時間の目安の声かけや、電話対応にしても、細部に至るまで行き届いた対応をしてくれており、患者さまが再来院される際には、スタッフをよく褒めてくださいます。医師、看護師、内視鏡技師、臨床検査技師、薬剤師、医療事務、健診事務、クラーク、女性スタッフのほとんどが、家事育児と両立しながら働いているので、スタッフを支えるご家族にも感謝しています。また、スタッフ間での心配り・思いやり、シフトの調整など、サポートし合っていて、院内の雰囲気がとても良いですね。この心地良い環境づくりのおかげで、僕たち医師が患者さまに集中でき、効率良く診療できています。ここまでできるスタッフは日本中どこを探してもいません、しもむら内視鏡クリニックの宝です。

医療理念を大切にし、今後も高みをめざす

お2人の医療理念をお聞かせいただけますか?

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック5

【下村院長】僕たちは代々医師の家系で学び育ちました。患者さまにとって最善の選択は? 家族や大切な人ならどうするか?を常に考えています。また、当院の得意分野の健診を通じ、病気になる前こそ重要と強く感じています。早期発見、早期治療と並行し病気にならないための生活習慣は大切ですね。健診・検査を早く受けていればとならないために、1年に1度でも自分の体と向き合うことがスタンダードな町づくりをしたいです。ご自身の体を大切に想うことが、周りを幸せにできることを広めていくことも目標です。そして、医師として日々奮闘する姿を僕が見てきたように、僕や弟の子どもたちにも見せたいですね。
【晋副院長】問診をしっかり行うため、診察に時間がかかりますが、悩みを共有し解決したいという強い想いがあります。また、専門でもある肛門病変はデリケートな部位ですので、信頼関係を築き、できる限り多くの方の悩みを解決していきたいです。

今後の目標についてお聞かせいただけますか?

【下村院長】胃カメラ・大腸カメラといえば、しもむら内視鏡クリニック!となれること、当院を受診して良かったと思ってくださる方を増やしていくことが目標です。
【晋副院長】大橋駅の西口側に、兄弟で診療する良いクリニックがあるらしいね!と言ってもらえることが目標です。これまでもいろいろな医院で仕事をしてきましたが、これほど各々のプロ意識が高く、それでいてフレンドリーなところはありません。この素晴らしさが1人でも多くの方に伝えられたらいいなと思います。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

下村保院長、下村晋副院長 しもむら内視鏡クリニック6

【下村院長】クリニックを身近に感じてもらえるようになりたいです。女性医師も加わり、ニーズの多様化にさらに柔軟に対応し続けます。患者さまファーストという核を大切に、芯のある医師でありたいです。研修医時代の恩師に「医療はすべての人に公平であれ、医師の能力で命に差が出てはいけない」と叩き込まれました。当時の未熟な僕は、患者さまのベッドの隣に簡易ベッドを入れ寝泊まりし、実力のない時をカバーしていました。患者さまのそばにい続けることで、細かな変化にすぐに気づけるのです。責任感と重圧で眠ることもできず過ごしたあの時代、燃えるような使命感で過ごした研修医時代ですが、今もその想いは変わらず強くなるばかりです。そんな熱い兄弟のクリニックは、大橋駅からすぐです、ぜひ足を運んでみてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

人間ドック+胃カメラ検査/3万5000円、人間ドック+胃・大腸カメラ検査/4万6000円
※上記は、人間ドックと内視鏡検査を同日に行った場合の費用になります。
※症状や内容によって金額が異なりますので、詳細はホームページをご確認ください。

Access