全国のドクター8,980人の想いを取材
クリニック・病院 160,879件の情報を掲載(2021年8月01日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 大田区
  4. 大森町駅
  5. 医療法人社団伸義会 大森マチノマ歯科
  6. 原田 悟 院長

原田 悟 院長の独自取材記事

大森マチノマ歯科

(大田区/大森町駅)

最終更新日:2020/12/29

191426 top

京急本線・大森町駅から車で5分。大森西に建つ商業施設3階にある「大森マチノマ歯科」。間口の広い開放的なエントランスは、歯科医院が苦手な人でも気軽に入れそうな雰囲気だ。院内もイエローグリーンを基調にとても明るい造りとなっている。商業施設の中という立地環境も手伝って、小さな子どもから高齢者までファミリーで通っている人が多いそうだ。原田悟院長は、「この地域に暮らす皆さんが歯のことで困らないよう、いろいろとサポートしていきたいです」と話す。同院では原田院長のほか、4人の女性の歯科医師が在籍し、小児歯科や歯科口腔外科など専門性を生かした歯科診療を行っている。クリニックの特徴や歯科医療にかける思いなどについて話を聞いた。
(取材日2020年12月14日)

保険診療と自費診療、それぞれの特徴を生かし提供

開業の経緯について教えてください。

1

徳島大学を出た後、千葉県内のクリニックに勤務し、インプラント治療などの研鑽を積んでいました。その時、将来的には開業したいとよく話していたのですが、そんな折、医療法人社団伸義会の理事長から、目黒駅前に新規クリニックを開業するから立ち上げに参加しないか、というお話をいただいたのです。それで、当法人に入職し、目黒駅前セントラル歯科に開設時から勤務しました。その後、この商業施設にも新規開業するということで2018年11月から院長を務めています。当院内はとても明るい雰囲気で、このイエローグリーンは当法人のシンボルカラーです。地域の皆さんにより親しみを持っていだたければと願っています。

どのような患者さんが多く来られていますか? また、地域の歯科意識はいかがお感じですか?

患者さんはゼロ歳から90歳までとても幅広い年齢層の方に来ていただいています。上のフロアに保育園があり、私はそこの園医もしていますので、そこのお子さんやその親御さんも多く来られています。開院当初は歯科医院が8年から10年振りという患者さんが多いと感じました。治療途中で通院を止めてしまった方などそのままでは歯の寿命が短くなる状況を説明し、患者さんにもう一度通院してもらえるよう努力しました。今では、徐々に歯科意識が高まっているように感じます。

クリニックのコンセプトを教えてください。

2

今、お話ししたようにゼロ歳からご高齢の方、そして障害のある方まで幅広く診療し、適切な歯科医療を提供することです。歯科医院は怖いところ、歯科治療は痛い、というイメージを持っている方も多いと思います。当院ではそんなイメージを払拭できるよう、痛みに配慮した治療を心がけています。また、保険診療であれば保険診療の範囲内でその患者さんに満足いただけるような治療を提供し、自費診療を希望される患者さんには、ご要望に即したより良い治療を提供できるよう努めています。場合によっては、保険診療と自費診療をうまく組み合わせて治療計画を立てる工夫もしています。最近では保険診療の適用範囲も随時変化していますので、そうした情報もいち早くキャッチして対応していきたいと思います。

患者が主体性を持って治療に臨むことが大切

診療にあたって心がけていることはありますか?

3

歯科医師側が主導権を握るのではなく、患者さんが主体性を持って治療を受けられるよう努めています。それにはまず患者さんに丁寧にお話しして、歯の状態や治療方法などについて理解していただくことが大事です。口腔内写真やエックス線写真を見せて説明したり、疾患について解説したパンフレットなどもお見せしながら説明しています。患者さんの中には、予約をキャンセルしてそのまま来なくなった方もおられますが、そういう方でも再度受診していただけるとうれしいですし、しっかり対応いたしますので、気後れすることなくぜひご来院ください。あと、小さいお子さんの場合は最初に器具を見せたり使い方を話したりして、歯科医院に慣れてもらってから治療に入るようにしています。

力を入れていること、今後力を入れていきたいことはどんなことですか?

やはり予防ですね。小さい頃から予防のために通っていただければ、それが自然と習慣になると思います。虫歯を作らない口腔環境をずっと長く維持してほしいと思います。そして治療後は、その良い状態を維持するために定期的にメンテナンスに来ていただきたいですね。歯科医院は痛くなってから来る場所と思っている人も多いと思います。そうではなく、痛くなる前に、何か症状が出る前に来ていただければ治療も大事にならずに済みます。また歯周病は何も症状がないままに進行します。最近では、歯周病は、糖尿病や心疾患といった全身疾患、認知症などとも深い関わりがあることがわかってきています。全身の健康維持にも重要ですので、ぜひ定期的に通って歯茎の状態を確認していただきたいですね。

クリニックの診療体制について教えてください。

4

今、歯科医師は私のほかに4人在籍していて、全員女性です。それぞれ小児歯科や歯科口腔外科、矯正歯科と専門性を生かして治療を行っています。小児歯科を担当する歯科医師はやはり子どもへの対応が上手ですね。歯科衛生士は3人います。歯周病のケアや定期検診は歯科衛生士が担当しますが、虫歯を発見することも多いですね。そんな時は私が後で確認するなど、歯科衛生士と連携しながら対応しています。スタッフとは毎朝ミーティングをして患者さんお一人お一人の治療の進捗状況や治療計画を共有しています。スタッフはみんな仲が良く、コミュニケーションも取れていると思います。

地域に暮らす人々が歯のことで悩まないようサポート

先生はなぜ歯科医師をめざされたのですか?

5

実は私は小さい時から虫歯が1本もなくて1回も歯科医院に行ったことがなかったのです。そんな私が歯科医師をしているのは、何かの縁なのでしょうね。子どもの頃は漫画の影響で外科医に憧れていました。ですが、歯科医療について学び、だんだんその本質が理解できるようになると、自然に興味が湧いてきました。実際、一人ひとりの患者さんと向き合いながら治療をして、治療後に患者さんから感謝の言葉をいただくとうれしいですね。若手時代、ご高齢の患者さんに入れ歯治療を行った際にとても喜んでいただいたことがあったんです。その時、歯科医師としてのやりがいを感じました。今は、歯科医師になって良かったなあと思っています。

ところで、プライベートはどのようにお過ごしですか? 健康のために何かなさっていますか?

ほとんど犬中心の生活です。これまでチワワを2匹飼っていたのですが、また新しい子がやってきました。時間のあるときはいつも遊んでいます。ドッグランへ連れて行ったり、旅行する時もペットOKの施設を探したりしています。どの子もかわいいですし、とても癒やされます。健康に関しては、運動しなくてはと思っているのですが、今はほとんどできていないですね。犬の散歩もチワワなので運動というほどではないですし(笑)。以前は皇居ランをしていたこともあります。これからまた時間があれば始めたいですね。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いいたします。

6

今後はユニットを増やして、さらに診療体制を充実させていきたいと考えています。より多くの地域の方々に当クリニックのことを知っていただいて、皆さんが歯のことで悩むことのないよう、いろいろな面からサポートしていきたいと思います。当院は商業施設の中にありますから、お買い物のついでに通いやすいのではないでしょうか。また、同じフロアに内科や耳鼻咽喉科などのクリニックもありますので、ほかの科の診察でいらした時に一緒に歯の検診なども受けていただければと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正歯科/75万円~、セラミッククラウン/7万8000円~、セラミックインレー/4万8000円~

Access