全国のドクター9,265人の想いを取材
クリニック・病院 161,206件の情報を掲載(2020年9月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 練馬区
  4. 上石神井駅
  5. 上石神井たぐち歯科
  6. 田口 慧 院長

田口 慧 院長の独自取材記事

上石神井たぐち歯科

(練馬区/上石神井駅)

最終更新日:2020/06/29

191328 top

西武新宿線上石神井駅から徒歩約5分。駅前商店街の一角に2019年4月に開院した「上石神井たぐち歯科」はある。バリアフリーの院内の待合室には、キッズスペースが設けられており子連れでも安心して通院できる。「緑豊かな練馬区は、私の好きな町。地域にお住まいの幅広い年齢層の患者さんに、安心して通っていただけるクリニックをめざしています」と優しく話す田口慧院長は、豊富な臨床経験を持つ歯科医療のオールラウンダー。さらに「地域の予防への意識を高めるキーストーンになりたい」と予防歯科に関する情報発信にも力を注ぐ。地域医療への志高い院長に、開業までの経緯や診療の特徴、同院の衛生管理体制などについて聞いた。
(取材日2020年6月15日)

口の悩みの良き相談相手でありたい

開業に至った経緯を教えてください。

20200624 1

初めから開業しようと決めて歯科医師になったわけではないのですが、大学で歯科医療を専門的に学ぶうち、大学病院での研究より、臨床に魅力を感じるようになりました。そして大学卒業後、勤務医として伊豆高原の歯科医院、都内の歯科医院で経験を積む中で開業を意識するようになったんです。その頃住まいを移した練馬区の、東京でありながらのどかで自然にあふれ、住みやすく、ファミリー世帯が多く子育てしやすいところに魅力を感じ、2019年4月にこの場所で開院しました。どの世代の方々にも気軽に来院してもらえるようなクリニックをめざし、バリアフリー設計にし、キッズスペースも設置しました。

診療で大切にしていることは何ですか?

治療内容を、患者さんに丁寧に説明することですね。こちらは十分説明しているつもりでも、患者さんにはどんな治療をするのか、治療がなぜ必要かがうまく伝わっていないことがあります。患者さんに満足してもらい、お口の健康への関心を深めてもらうために、当院では口頭での説明だけでなく、治療方法などについて紹介するアニメーションを見てもらいながら解説するといった工夫をしています。同時に、患者さんのお話を「傾聴」することも大切にしています。患者さんは相談事があって来院されるわけですから、まずは腰を据えてじっくりお話を聞くことで、その方に合った治療やケアを導き出していきます。私の雰囲気がそうさせるのか、幸いにもたくさんお話ししてくださる患者さんが多く、とてもありがたいですね。対話を大切にし、お口の悩みの良き相談相手であれるように努めています。

どんな患者さんがいらっしゃいますか?

20200624 2

開院当初は、60〜70代くらいの高齢の方の割合が比較的多かったですね。今では、小さいお子さんを持つママさん世代や若年層の方も増えてきました。高齢の方は、入れ歯のトラブルや、歯周病で困っていると訴えられるケースが多いです。ママさんの中には「子どもも一緒に診てください」と言って受診する方もいらっしゃいますね。当院には心電図がついているモニターもありますので、持病をお持ちの方も、安心して治療を受けていただけると思います。また最近の傾向として、小児歯科には、虫歯よりも生えてくるはずの歯がない、歯が重なっているなど、歯並びに問題があるケースが増えてきていると感じます。そういったケースには、私だけでなく、月1度来る非常勤の矯正の専門家が、必要に応じて対応しています。

予防歯科で健康を支える歯科医療のオールラウンダー

対応できる分野や、先生の得意な治療を教えてください。

20200624 3

前の勤務先で得た臨床経験を生かし、虫歯や歯周病の治療、入れ歯、親知らずの抜歯やインプラント治療、矯正、詰め物に金属を使わないメタルフリー治療など、オールラウンドに対応し、ホワイトニングも行っています。得意分野を挙げるなら、見た目の美しさにこだわる審美歯科や、歯列矯正ですね。矯正は、見た目を美しくするのが目的と思われがちですが、噛み合わせなどさまざまな要素が関係します。適切な検査や診断で問題点を明確にして、ワイヤーを使う方法やマウスピース型装置を使う方法など、患者さんのお口の状態に合わせた矯正法を提案しています。難しい症例の場合、必要に応じて専門病院を紹介する連携体制も整えていますので、ご安心ください。

予防歯科や予防意識向上に力を入れているのですね。

虫歯や歯周病は、高血圧、そして糖尿病などへとドミノ倒しのように続く、「メタボリック・ドミノ」と呼ばれる健康状態悪化の連鎖の入り口であるともいわれています。逆にお口の環境の悪化を予防すれば、全身の健康を維持できる可能性が高まるのです。当院では、常駐の歯科衛生士が専門的なメンテナンスやブラッシング指導で予防的ケアを提供するのに加え、「痛くなってから歯医者に行く」のではなく「健康を維持するために歯医者に行く」という意識改革を図るべく、ブログや院内掲示、自家製のリーフレットも活用して、お口の健康を守る重要性を発信しています。例えば、歯ブラシ交換のタイミングを意識してもらうため「毎月8日は歯ブラシ交換の日」と掲示をするなど、ちょっとしたことからお口のメンテナンスや予防への意識を高めたいと工夫を重ねているんですよ。

お子さんの診療にも工夫を凝らしているとか。

20200624 4

お子さんに「歯科医院は怖い所」ではなく、「気軽に来られる所」と認識してもらえるよう工夫を施しています。初診の際は、女性の歯科衛生士が対応し、まずはお口の中をチェック。もちろん、嫌がる子を無理にユニットに座らせたりはしません。お子さんの年齢や様子に応じて、対応させていただきます。5歳くらいになると、大人の言うことがわかるようになるので、治療が必要な場合は、使用する医療器具や、今日は何をするのか丁寧に説明してから治療を始めるようにしています。加えて当院では「キッズクラブ」をつくり、来院のたびにカードにスタンプを押してあげたり、また、上手にできたらカプセルトイをあげてお子さんの「やる気」がアップする働きかけも行っています。

衛生管理を徹底した環境で、健康意識を高める

こちらの衛生管理体制について教えてください。

20200624 5

性能にこだわったハンドピース洗浄機や高圧蒸気滅菌器での治療器具滅菌に加え、口腔外バキュームを各診療ユニットに配置し、患者さんが使うコップやエプロンを使い捨てるなど、日頃から衛生管理に力を入れています。新型コロナウイルス感染症の流行を受け、感染防護具の着用や、診療ユニットのアルコール消毒、受付へのアクリルプレート設置、スタッフの検温、診察室・待合室での空気清浄機稼働、定期的な換気などの措置も追加で行っています。また患者さんには、受診前に、発熱の有無や、新型コロナウイルス感染症の罹患歴や罹患者との接触歴の有無を確認させていただき、受診時にも非接触型体温計での検温や、専用の問診票への記入、手指消毒、マスク着用など、待ち時間も安心して過ごしていただくためのご協力をお願いしています。感染リスクをゼロにすることは不可能ですが、できる限りゼロに近づけるためベストを尽くしています。

受診を自己判断で中断する危険性を呼びかけていますね。

自己判断で放置した結果、症状が悪化しては元も子もありません。特に高齢の方がお口の治療やケアを怠ると、食べ物と一緒に飲み込んだお口の中の細菌が気管支や肺に入ることで生じる「誤嚥性肺炎」をはじめとした、命に関わる病気になってしまうことも十分あり得ます。ですから、歯科の受診は決して「不要不急」ではなく、健康な生活を送る上で大切なことだと認識していただきたいという思いも込め、「受診を自己判断で控えないでください」と患者さんに呼びかけています。ウイルス感染症流行時でも、平時でも、受診に間を空けて大丈夫なのかを、歯科医師もしくは医師に必ず確認してください。

今後の展望と、読者へのメッセージをお願いします。

20200624 6

治療方法の進歩に応じて設備などをさらに充実させつつ、健康意識を高める学びの場となれるよう、今後も情報発信に努めていきたいと思っています。お口の環境は人それぞれ違うので「自分に一番合ったケア方法」をお伝えしていきたいですね。こういった情報に加え、「なぜこの治療がその方に必要か」「なぜこのケアがその方に必要か」を理解してもらうために説明を尽くし、学びのある歯科医療を提供していきます。さらに診療以外にも、院内掲示などを通じて「こんな治療もあるんだ」「口と体の健康はつながってるんだ」と知っていただくきっかけをつくっています。ご自身の健康を見つめる場所として、当院を定期的にご利用いただければうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/40万円~、歯列矯正/小児矯正(I期):25万円~、(II期)40万円~、成人矯正:65万円~、マウスピース型装置による矯正:85万円~、メタルフリー治療/セラミックの詰め物:4万円~、セラミックのかぶせ物:8万円~、ホワイトニング/オフィスホワイトニング:2万5000円~、ホームホワイトニング:1万5000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access