全国のドクター8,841人の想いを取材
クリニック・病院 160,961件の情報を掲載(2022年1月19日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市美浜区
  4. 検見川浜駅
  5. M.O.デンタルクリニック 検見川浜
  6. 村上 成史 院長

村上 成史 院長の独自取材記事

M.O.デンタルクリニック 検見川浜

(千葉市美浜区/検見川浜駅)

最終更新日:2021/10/12

191299 top

JR京葉線の検見川浜駅北口から徒歩1分の好立地に構える「M.O.デンタルクリニック 検見川浜」。木目調の内装に鮮やかなオレンジ色のインテリアがよく映え、スタイリッシュで居心地の良い空間が広がる。院長の村上成史先生は一般歯科、小児歯科、義歯治療、インプラント治療など幅広い歯科診療にオールラウンドに対応しつつ、歯ぎしりや食いしばりに起因するトラブルの治療に注力。患者の姿勢や呼吸法、食事の際の癖といった生活習慣にアプローチしながら、将来を見据えた健康的な口腔環境づくりをサポートしている。開業から4年目を迎えた村上院長に、クリニックの特徴や患者と接する上で心がけていること、無意識に行っている歯ぎしりや食いしばりが口腔環境にもたらすリスクなどについて、話を聞いた。

(取材日2021年6月23日)

生活習慣に着目し、健康的な口腔環境づくりをサポート

開業4年目を迎え、患者層も広がりを見せているそうですね。

1

開業当初は、ご高齢の患者さんが中心だったのですが、最近では小さいお子さんとそのご家族といった若いファミリー層の患者さんにも多く来ていただいています。週末にはご家族そろって来院されるケースが多く、高齢の患者さんが多い平日の日中の時間帯と、いい形ですみ分けができているようです。また当院では、生活習慣にアプローチする歯科診療を行っていることもあり、徐々に紹介で来られる患者さんも増え、歯ぎしりや食いしばり、顎に関わるような不調などのご相談で、20~40代を中心に都内などから来られる患者さんも目立つようになってきました。

クリニックの特徴を教えてください。

当院では虫歯や歯周病、義歯治療といった一般的な歯科診療も幅広く手がけていますが、実際のところ歯を失う原因というのはケア不足に限ったことではありません。ご自身が無意識のうちに続けている姿勢の癖や呼吸の癖といった生活習慣、あるいは食事の際の癖などによって、少しずつ噛み合わせの乱れにつながっていきます。無意識の歯ぎしりや食いしばりによって歯に不要な負担をかけ続けることが原因で、知覚過敏を起こしてしみるような痛みを感じるようになったり、深刻なケースでは歯が折れてしまったりすることもあります。そこで当院では、診療の中で患者さんの生活習慣に着目し、姿勢や呼吸、噛む時の癖などが歯にもたらすリスクを伝え、改善を促していくことで健康的な口腔環境づくりをサポートすることに力を入れています。

生活習慣というと、昨今のコロナ禍で暮らしが大きく変化しました。その影響は?

2

コロナ禍を経て、歯ぎしりや食いしばりの相談が以前より増えました。その原因として、テレワークの普及で通勤通学をしなくなったことにより、通勤通学で日常的に行っていた運動習慣が失われたことや、長時間座り続ける生活で姿勢が悪くなってしまうことなどが挙げられます。これまで外でアクティブに働いていた世代ほど、こうした傾向が実に顕著にみられます。歯ぎしりや食いしばりはご自身では気づきにくいため、同居するパートナーやご家族の指摘、あるいは歯がしみるような痛みから虫歯を疑って来院するケースがほとんど。在宅時間が長くなったことで、従来忙しくてなかなか歯科を受診できずにいた方もご自身のセルフケアに意識が向く一つのきっかけになったのではないでしょうか。

常に10年、20年先まで見据えた治療計画を

ところで、ユニークな院名ですが由来を教えていただけますか?

3

私の故郷、静岡県三ヶ日町(現・浜松市)の名産である「三ヶ日みかん」にちなんでいるんです。実は、私の実家も祖父の代から続く歯科医院で、私で3代目。地元は離れましたが、開業にあたって何かしら地元のテイストを入れたいと考えていたので、地元のシンボルである三ヶ日みかんの原種、マンダリンオレンジを略した「M.O.」を院名にしました。柑橘系の爽やかで健康的なイメージから、院内のインテリアにもオレンジ色をアクセントに取り入れ、ロゴマークもミカンをモチーフにしました。ロゴはデザイナーをしている同級生に依頼したのですが、ミカンの輪切りの一部を歯に見立てたクールなデザインでとても気に入っています。

患者さんと接する上で心がけていることは?

患者さんの貴重な時間をいただいているわけですから、診査診断の段階で治療のゴールをしっかり見極め、主訴を治すのにトータルで何回の通院が必要なのか、治療完了までにかかる費用の概算と併せて、おおよその目安を必ずお伝えするようにしています。ゴールが見えていれば通院のモチベーションを保ちやすくなりますからね。クリニックを開業したからには、来てくださった方は一生にわたって面倒を見させていただくというくらいの気概を持って治療しないといけないと思っています。ですから例えばこの先1、2年しかもたないような「とりあえずの治療」は絶対に選択したくありません。常に5年、10年、20年先まで見越した治療計画を立てさせていただき、その間のメンテナンスを通して健康な歯をいかにして維持していくかということに力を注いでいます。

高齢の患者さんの治療にあたっては、配慮しなくてはいけないことも多いのでは?

4

歯科治療のために口を開けるという行為自体、とりわけご高齢の方にとってはとても疲れるはずです。ですから当日の体のコンディションや、治療後の予定や翌日のスケジュールなどもさりげなくお聞きした上で、無理のない形で診療を進めていきます。少し長く時間を要する治療であれば、お体の負担も大きくなりますから、前日のうちに電話で体調を確認させていただくこともありますね。高齢になれば、膝や関節の痛みからゆっくり歩かれていたり、目が見えづらかったり、耳が遠かったり、持病を抱えている方も多いでしょう。そうしたご高齢の患者さんの体のつらさに配慮した治療を行えるよう、治療前の十分なコミュニケーションを大切にしています。

知覚過敏こそ、生活習慣の改善を促すサイン

健康な口腔環境づくりのために、どんなセルフケアが大切なのでしょうか?

5

虫歯や歯周病への理解が進み、予防のための歯磨きが定着していますが、歯磨きだけが予防ではありません。歯ぎしりや食いしばり、強い噛みしめ、あるいは力を強く入れすぎる歯磨きも、知覚過敏など歯のトラブルを招く原因になります。虫歯を疑って来院した患者さんを診察し、知覚過敏による痛みであることをお伝えすると、「虫歯じゃなくて良かった」と安心されることが多いのですが、知覚過敏こそ「身についた生活習慣を改善しなければ、歯が危ない」ということを示すサインです。治療を施すのは私たち歯科医師ですが、予防の基本は歯磨き、姿勢、運動習慣など日々の生活の積み重ねであり、その管理は患者さんご本人にしかできません。ちょっとした痛みや不調など、体が発する悲鳴にしっかり耳を傾けていただきたいですね。

プライベートな時間はどのようにお過ごしですか?

診療後や休日はほぼ毎日トレーニングをしています。もともと運動は好きだったのですが、より自分に合った趣味を探す中で、30代半ばでボディービルと出合いました。40歳からは大会にも挑戦し、つい先日も3年ぶりに出場しました。大会のために4ヵ月ほどかけて減量するのですが、その間は水分と脂肪を落とすための食べ物をチョイスして、地道にコツコツ自炊しています。トレーニングで体つきが変わると、周囲から持たれる印象も変わり、それに伴って不思議と自分自身の心持ちまでより前向きに変わってくるといったことが、ボディービルの一番の魅力ですね。

最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

6

「奥歯にものが挟まったような」という表現がありますが、そうしたすっきりしない、口の中の小さな違和感はやがて大きなストレスに変わってくるものです。口の中のストレスはすべて解消できるクリニックでありたいと思っています。また、患者さんが当院を選んで足を運んでくださり、治療を任せていただくということはつまり、大げさでなく、その方の人生の中の時間の一部をいただいているということ。ですから、一人ひとりの患者さんと丁寧に向き合い、時間以上の成果を出していくことでお返しできたらと思って診療にあたっています。生涯にわたって健康な口腔環境を一緒にめざしていきましょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/1本40万円~(症例により異なる)

Access