東京シーフォートスクエアクリニック

水城 啓院長

191283 %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af1

天王洲アイル駅からすぐの「東京シーフォートスクエアクリニック」。30年近く勤務医として研鑽を積んだ水城啓院長が2018年に開業したばかりの新しいクリニックだ。周辺はオフィス街だが、住民も多いことから、風邪やインフルエンザから生活習慣病まで幅広く対応する、地域のかかりつけ医をめざす。水城院長は消化器疾患を専門とし、特に大腸憩室症の治療や内視鏡検査に力を注ぐ。専門分野に関する研究論文や著書も多く、情報発信に積極的で、前向きで勉強熱心な姿勢も。朝はプールでひと泳ぎしてから出勤するそうで、健康的な明るい笑顔が印象的だ。そんな水城院長、開業の経緯やクリニックの特徴、診療スタンスなどについてじっくりと語ってもらった。
(取材日2019年5月20日)

地域の住民やオフィスで働く人たちの健康をサポート

―開業の経緯について教えてください。

実はこの近くのマンションに住んでいるのですが、周辺に医療機関が少なくて困っている方が多いという話を耳にしていたんです。基本的にはオフィス街なのですが、マンションも多く、住民の方も多いんですよ。でも、確かに医療機関は多くはないんですよね。そうこうしているうちにちょうどこちらの物件が空いたという情報をいただいて、しばらく前から開業を検討していたこともあり、立地も環境もとても良かったので開業を決めました。専門である消化器内科を中心に幅広く診療して、オフィスで働く皆さんや近隣にお住まいの方々のかかりつけ医として、地域医療に貢献できればと考えています。

―海の香りを感じるすてきなクリニックですね。

ありがとうございます。内装については主にスタッフでもある妻が考えたのですが、私たちは海とハワイが好きなんですよ。東京都済生会病院に20年勤めていた際、途中ハワイの病院で、若手医師の教育システムを学ばせていただいたんです。いろいろな先生にお会いして勉強できたことはもちろん、たくさんの友人ができて縁が広がったことも大きな財産になって、以来、ハワイが大好きになりました。そこで、内装はブルーをキーカラーに、待合室にはシャチをデザインしたステンドグラスや自分で撮ったハワイの写真などを飾ったりして、ハワイや海をイメージした空間にしたんです。ハワイ好き、海好きの患者さんもいらっしゃって、旅行などの話で盛り上がることもありますね。

―実際に開業されて、どのような患者さんが多いですか。

予想していたとおり、オフィスで働く方と近隣にお住まいの方が多いですね。オフィス勤めの皆さんは、お昼休みや仕事帰りに来られます。住民の皆さんは「こんなところにクリニックがあったんだ」「新しくクリニックができて助かった」と喜んでくださる方が多いですね。症状としては、風邪やインフルエンザ、花粉症、腹痛をはじめ、頭痛や貧血、糖尿病、高血圧などの慢性疾患が中心です。ホームページなどをご覧になって、胃や大腸の内視鏡検査や大腸憩室の症状で来られる方もいらっしゃいます。幅広く対応するのがかかりつけ医だと思っていますので、気になる症状があれば気軽に受診していただけるとうれしいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細