全国のドクター9,221人の想いを取材
クリニック・病院 161,271件の情報を掲載(2020年8月04日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 辻堂駅
  5. つばめデンタルクリニック
  6. 五十嵐 佳子 理事長、宋 志鎬 院長

五十嵐 佳子 理事長、宋 志鎬 院長の独自取材記事

つばめデンタルクリニック

(藤沢市/辻堂駅)

最終更新日:2020/04/01

191255

訪問診療に携わる中で、各世代のライフステージを支える歯科医療の大切さを痛感したという「つばめデンタルクリニック」の五十嵐佳子理事長。クリニック移転を機に、外来診療の設備も充実させ、宋志鎬(そん・ちほ)院長を招聘した。「相手の立場になって考えられる素質のある人材を集めましたから、診療はもちろん、コミュニケーションや対応にも自信があります」と語る。宋院長はそんな五十嵐理事長に共感し、小児から高齢者まで、地域に根差した歯科診療に取り組む。今までの経験はすべて訪問診療につながっていると熱く語る五十嵐理事長と、穏やかな笑顔が印象的な宋院長。高齢化の一方で住宅開発も進み、ファミリー層も増える辻堂エリアの歯科医療を支えるために尽力する2人に話を聞いた。
(取材日2019年5月16日)

歯科医師2人体制で、訪問診療と外来診療の両方に注力

まずこちらのクリニックの成り立ちを教えてください。

20190529 1

【五十嵐理事長】当院は、介護に関わってきた理事の一人が、口腔ケアの重要性を感じ、訪問歯科診療を行いたいと開設したクリニックで、私は2代目院長でした。以前は辻堂駅の北口側にあり、設備も古くなってきたので、2018年11月に南口に移転しました。訪問診療に携わる中で、高齢になる前からの歯科診療、各世代の診療も重要であることを痛感していましたので、外来診療も充実させたいと考えて設備を整えました。院内はバリアフリーにして、車いすやベビーカーの方など、どんな方にも来ていただきやすいクリニックにしました。
【宋院長】2015年から非常勤で週に1回診療を担当していたのですが、だんだん五十嵐先生の理念に共感するようになり、移転を機に院長となりました。新しいクリニックでは世界水準の規格をクリアした滅菌器なども導入して、安心して治療を受けていただける体制を整えることに努めました。

外来診療にはどのような特徴がありますか。

【宋院長】キッズルームが診療ユニットの近くにあるので、小さいお子さん、きょうだい連れの親御さんにも、安心して受診していただけると思います。初診では1時間ほどかけ、患者さんのお話をじっくりとお聞きし、診察を行い、私の考える診療方針をよく説明することを心がけています。また、私は歯科恐怖症の方の治療を得意としており、できるだけ痛みを感じにくいように治療を行っています。

訪問診療については、どのような特徴がありますか。

20190528 2

【五十嵐理事長】藤沢周辺エリアの高齢者、障害者の方に対応しています。自宅や施設だけでなく、病院などで医師と連携した訪問診療も行っているのが特徴です。例えば、脳卒中などの入院患者さんのリハビリテーションの過程での嚥下訓練に関わる必要な歯科治療、口腔ケアなどを行います。また自宅や施設での訪問診療では、歯科衛生士が中心となって、全身状態の悪い方にもしっかりした口腔ケアの提供に努めています。
【宋院長】私も週に1回、訪問診療を担当しています。通常の診療より、さらに患者さんの生活環境などを重視し、認知症の方にもスタッフとともに敬意を持って接するよう心がけています。

スタッフとともに、患者の立場を考えた診療や対応を

クリニックの理念や、診療方針を教えてください。

20190529 3

【五十嵐理事長】歯科診療を通じてお口やその周りを良い状態にして、最期までお口から食べられるコンディションを保つことを強く意識しています。それには高齢になる前から、ライフステージに応じて口腔機能を管理することが重要だと考え、治療だけでなく成長発達や生活習慣にもアプローチして、お口から全身の健康をつくり出すことをめざしています。
【宋院長】患者さんを置いてけぼりにしないことを心がけています。患者さんと同じ目線で本音を聞き出し、医学的に支障がない限り、ご希望に応えたいと考えています。そして地域密着型歯科医院として、一生涯にわたってご家族皆さんの歯を診ていきたいと考えています。

スタッフの対応には自信があるそうですね?

【五十嵐理事長】相手の立場に立って物事を考えられることは一つの才能だと思いますので、院長をはじめ、そういう素質のある人、私の思いをわかってくれる人に集まってもらいました。認知症の患者さんも多いですから、見せかけの優しさではなく、そういう方との関わりを真の喜びにできる人と働きたいと思っています。またこうした思いは言語化して共有することも大切なので、常々言葉にしてお互いに確認しています。
【宋院長】私も人としてのベースの部分が大切だと思います。知識や技術は身につきますが、人柄や性格は教えられて変わるものではないですからね。新しいスタッフも人柄を第一に選びました。患者さんとのコミュニケーションや電話対応も理想的だなと満足しています。

ところで、先生方のプロフィールを教えてください。

【五十嵐理事長】私は大阪出身で父が歯科医師でしたが、はじめは歯科医師になるつもりはなく、音楽や絵が好きだったので保育科に進みました。在学中病気をしたことで卒業するのがやっとで、実家の手伝いでもしようかと歯科衛生士の学校に入ったら勉強が面白すぎて(笑)、もっと勉強したいと歯学部に入学したのです。卒業後、病院の口腔外科や、一般歯科で診療していましたが、6年前夫の実家の近くの湘南に移住し、当院に勤務することになりました。訪問診療には保育科や歯科衛生士学校、病院の口腔外科などで学んだことがすべて役立ち、今までの経緯はこのためだったのかと幸せに感じています。
【宋院長】私は東京出身です。大学卒業後は、義歯を専門とする歯科医院などで研修してきました。歯科技工までみっちり仕込まれ、訪問診療も経験し、本当に数多くの患者さんの診療を経験することができ、鍛えられましたね。

プライベートな時間はどのように過ごされていますか。

4

【五十嵐理事長】サーフィンと言いたいところですが、最近はできていませんね。音楽が好きなので地域の市民オーケストラでバイオリンを弾いています。
【宋院長】趣味はサッカー観戦です。実はクリニックのロゴや診療ユニットも、応援しているチームのチームカラーにしたんです(笑)。あとはお酒が好きなので、野毛や大船の安酒場巡りが楽しみです。辻堂も飲み屋さんが増えてきているので、開拓したいですね。

成長発達や生活習慣にもアプローチする歯科をめざす

心に残る患者さんとのエピソードがあれば教えてください。

20190529 5

【五十嵐理事長】忘れられない方がたくさんいらっしゃいますね。ドラマチックなことが日々ありすぎる感じです。そして、お口から食べるのが困難になってきた方の今後をどうするかなど、私の意見で決まることもあるので責任の重さも感じています。
【宋院長】前に勤務していたクリニックの患者さんが、遠方からわざわざ当院まで来てくださることでしょうか。とてもうれしいのですが、やはり責任も感じますね。

クリニックの展望についてお聞かせください。

【五十嵐理事長】ライフステージに応じた口腔管理ができるように、診療だけでなく、成長発達や生活習慣に働きかける発信や啓発活動も行いたいと考えています。第一弾としてお子さんを対象としたワークショップを予定しています。歯科医師として積み上げてきた経験や知識を、社会に還元したいと思っているんです。また、その方のお口の中や生活スタイルに合わせた、オーダーメイドのメンテナンスを提案していきたいと考えています。
【宋院長】まだ夢ではあるのですが、保育園を運営したいと思っています。患者さんやスタッフのお子さんも預かりたい。少子化時代だからこそ、子どもを大切にしたクリニックにしたいと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

20190528 6

【五十嵐理事長】私は訪問診療で、命の最期のステージの方にたくさん接して、歯科診療や口腔ケアの大切さを痛感しました。噛み合わせや食生活など、お口のことは全身の健康にもつながりますから大切にしてほしいです。お肌のお手入れと同じように、お口のお手入れもしていただきたいですね。お子さんの場合も将来を考えて、お口の健康や口腔機能の発達に注意してください。不安なことがあれば気軽にご相談ください。
【宋院長】歯だけではなく、口腔を体の中の一つの部分と捉え興味を持って大切にしてほしいですね。小さいお子さんの口呼吸は歯並びにも影響することがありますし、成人も歯やお口の機能は全身の健康に関わります。歯や歯茎のことだけでなく、口腔全体や咀嚼嚥下についても気になることがあれば相談していただきたいですね。

Access