全国のドクター8,758人の想いを取材
クリニック・病院 161,542件の情報を掲載(2019年12月13日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 江戸川区
  4. 船堀駅
  5. LIFE CARE DENTAL OFFICE
  6. 中山 俊太郎 院長

中山 俊太郎 院長の独自取材記事

LIFE CARE DENTAL OFFICE

(江戸川区/船堀駅)

最終更新日:2019/08/29

20190419

江戸川区の「LIFE CARE DENTAL OFFICE」は、首都高速7号線の小松川出入口の少し南、荒川と並行して東京湾に注ぐ中川から東に500mほど入った住宅街の中にある。患者との対話に重点を置き、口の中の長期的な健康維持への貢献を第一目標とする自費診療を中心とした歯科医院で、診療のシステムにおいても施設面においても、中山俊太郎院長の工夫と配慮が随所に光っている。一見クールな印象の院長だが、歯科医院に何度通っても虫歯や歯周病と縁が切れない患者を一人でも多く救いたいと話す姿には、秘めたる情熱も垣間見える。そんな中山院長に、歯科医療についての考え方を中心に語ってもらった。
(取材日2019年4月10日)

長期的に口腔内の健康が維持できる状態をめざしていく

開業おめでとうございます。まずは貴院についてご紹介ください。

1

2019年3月にオープンした歯科医院です。院長の私は、父方が代々歯科医師を務める家に生まれ、今も同じ区内で開業する父に続いて4代目となります。当院は「LIFE CARE」という名前に表したとおり、ただ痛くなった歯を治すに留まらず、来院される皆さんのお口の健康を長期的に支えるパートナーでありたいと考えています。バリアフリー、全診療室が個室、徹底した感染管理で、いつまでも健康でありたいという願いにお応えするべく、患者さんの訴えや治療に関するご要望にしっかりと耳を傾けながら、科学的根拠に基づく歯科医療の提供に全力を尽くしてまいります。

医院の建物は、デザインにどのような意図が込められていますか?

ぱっと見て歯医者らしくない、なんだここは?と思うような建物にしたくて(笑)、外観も中の出来栄えにも満足しています。日本では一般的に男性よりも女性のほうが健康に対する意識が高いという印象を持っていますので、特に女性の患者さんたちから気に入っていただけるデザインになるよう、建築家の方に腕を振るってもらいました。ただし、単に雰囲気を良くしたかっただけではありません。見た目から個性をアピールすることで、ほかの歯科医院とは一味違うぞ、という意思表示も込めたつもりです。院内は、プライバシーや感染管理のために治療室を個室にしました。また、落ち着いて対話ができる応接室や、患者さんのいろいろな要望にお応えできるできるように相談室、コンサルテーションルームを設置しています。

改めて、先生がめざす歯科医療についてお聞かせください。

2

先ほど少しふれたように、患者さんのお口の健康を、長期的に維持できる状態にしていくことです。私はこの考えを多くの偉大な歯科医師に学びましたが、その源流には、アメリカの歯科医師であるDr.ダリル・ビーチが提唱したヘルスケア・ゼロという考え方があります。ヘルスケアがゼロでいい状態、つまり特別な治療をしなくても、健康に対して意識しなくても、口腔内の健康が保たれるようにしようということですね。健康というのは維持できている間は空気のようなもので、いちいち気にする必要がありません。そうした望ましい状態が長期に続くような歯科医療、これが当院のめざす究極的な目標というわけです。

患者との十分な対話が治療計画を成功に導く

患者さんとの対話の重要性について教えてください。

20190426 3

偉大なる歯科医師の一人にDr.リンゼイ・パンキーがいます。パンキーの考え方の一つにCross of Dentistryがあります。その中に「Know Your Patient(自分の患者を知る)」というものがあります。私たちが日常的にみている虫歯、歯周病は生活習慣病です。患者さんの生活背景や性格、考えに至るまで、しっかりと知る必要があります。そのようなことを知らずに治療したとしてもその治療は失敗に終わるでしょう。

対話の重要性についてはわかりました。他に重要なことはありますか。

来院される患者さんのほとんどが、自分のお口の中についてわかっていない場合が多いです。予防のことを考えたとき、まずは自分の口の中を知ることが必要です。自分の口の中を知るには、精密な検査が必要です。あなたは、過去に治療している歯が何本あるかわかりますか? 自分の歯は何本あるかわかりますか? 治療した経緯があるならば、自分のお口の中のレントゲンで歯科医師から説明を受けたことがあるはずです。まずは自分の口の中に興味を持ち、知ることが必要なのではないでしょうか。

患者さんのお口の中の健康を長期的に維持するには何が必要ですか。

20190520 4

まずは病気の根本的な原因について解決する必要があります。虫歯や歯周病の原因について今まで歯科医院でお話を聞いたことがありますか? また病気の再発を予防するために具体的な解決策についてお話を聞いたことがありますか? 当院では、それらを解決するためのプログラムをご用意しております。長期的にお口の中の健康を維持するためには、必ず必要なことと私たちは考えております。

繰り返し起こる歯の悩みに終止符を打つために

先生が歯科医師になろうと志したきっかけをお聞かせください。

5

私は子どもの頃からプラモデルや工作など物を作るのが得意で、将来は建築家か大工さんになりたいと思っていました。しかし、父から歯科医師はいい仕事だぞと繰り返し言われて、そうか、自分もきっと父や先代たちのように歯科医師になるのだなって漠然と意識するようになったんです。今振り返ると、正直、ただレールに乗っかっていただけだった気がしますね。そういう甘い考えを持ったまま歯科医師になりましたが、母校での臨床研修で偉大な先生と出会い、ヘルスケア・ゼロを柱とする自分がまったく知らなかった考え方にふれて、強い感銘を受けました。このままで駄目だ、根本から考え直さなくちゃいけないと痛感させられ、そこからが自分にとって本当の修業時代だったと思います。たくさんの示唆を与えてくれた先達の方々には感謝の言葉しかありません。

休日はどのように過ごしていますか?

休日も勉強会など仕事に関係する用事に出たりしますが、それ以外のプライベートは幼い子どもらと家族一緒に過ごすことが多いですね。多いどころか、子どもに全部の時間を持っていかれているという感じです(笑)。でもそれがすごく楽しいし、もはや趣味の一つと言ってもいいと思います。個人的には釣りが好きなんですが、最近はほとんど行けていません。今は危ないから無理ですけれど、いつか子どもを連れて釣り場に出かけるのが楽しみですね。

最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

6

ここをオープンするにあたって、私はパンフレットにこう書きました。「根本から解決し、良い習慣をつくり、いつまでも笑顔で美しく暮らすためにお口の中の健康を手に入れませんか?」。今まで定期的に歯科医院に通ってきたのに、何度も虫歯になってしまうとか、いくら治療を受けても状態が改善しないとか詰め物やかぶせ物が取れ、治療を繰り返しているとか、そういったことでお悩みの方を一人でも多く救いたいと思っています。患者さんとの対話に時間を費やすことや、精密検査のために足を運んでいただくのも、病気を再発させないための予防プログラムに時間を費やすことも、歯のことでこれ以上悩まなくてもいい、より健康で充実した暮らしを実現していただくためです。江戸川区など近隣にお住まいの方はもちろん、少し遠くから通ってもご満足いただける診療のプログラムを整えていますので、いつでもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

虫歯・歯周病の予防/2万5000円~、メンテナンス/7000円~、小児メンテナンス/5000円~(すべて税抜き)

Access