花泉歯科医院

花泉歯科医院

佐藤 アリサ院長
新規開院

190095 %e8%8a%b1%e6%b3%89%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

市ヶ谷駅から徒歩5分、マンション1階にある「花泉歯科医院」。佐藤アリサ院長は日本歯科大学卒業後、地元岩手に戻り父が院長の歯科医院で勤務。父の死後は2005年から継承し、院長として地域住民に頼られる歯科医院を経営してきた。そのかたわらセミナー等で勉強し、2018年に東京にも歯科医院を開業、ここを拠点に口腔疾患の治療法、予防法について医療関係者を指導する活動も行っている。院内は白を基調として明るく、除菌水のシステムやレーザーの導入など、こだわりの設備を整える。「父から学んだ、木だけを診ないで森を診る医療を実践していきたいですね」と佐藤院長。「今後は医療従事者への教育活動も充実させていきたい」と熱く語る佐藤院長に、これまでの経緯や医療にかける思いを詳しく聞いた。
(取材日2019年3月20日)

一人ひとりの患者にとってベストな治療法をめざす

―岩手県でも開業されているそうですね。

岩手県の実家で、1967年から父が歯科医院を開業していました。尊敬する父の背中を見て育った私は、迷わず歯科医師の道を選択し、1993年に日本歯科大学を卒業後、すぐに地元へ戻り、父が院長を務める花泉歯科医院に勤務しました。父からは診療内容だけでなく、経営のことも、そもそも人としての基本的なところも含め、多くのことを学び、影響を受けました。その父が1999年に亡くなり、弟が継承し私と2人体制で運営したのち、2005年からは私が継承し院長となりました。父が開業した当初は無歯科医村での開業でしたので、1日に本当に数多くの患者さんが受診されるような歯科医院で、その後も地域に根づいた歯科医院として長く続いてきています。現在も岩手県一関市の花泉歯科医院として営業しており、私も週に1日程度は岩手に通っています。

―東京での開業までのいきさつをお話しください。

継承当初から1人で1日何十人もの患者さんを診る状況が続き、ただ仕事をこなしているような日々でした。でも、あるお年寄りの患者さんが、父が作った古い入れ歯を形見として大切に使ってくれていたことを知り、はっとしました。一人ひとりの患者さんが何を望み、何ができるのかを考えることの大切さを実感したんです。それで、経営に関するセミナーなどで学び、保険診療だけでなく自費診療も含めて多くの情報を提供し、多様な治療方法の引き出しを準備。患者さんにとってベストな治療を選んでいこう、と考えるようになりました。もともと中学から大学まで母の実家の東京で暮らしていましたので、なじみがあったというのも一つの要因ですが、自分のめざす歯科治療を行うための情報発信の場として、東京を拠点に開業しようと決意しました。

―こちらの患者層や、診療の流れをお聞かせください。

もちろんご近所の方もいらっしゃいますが、ほとんどは紹介の患者さんです。患者さんからのお知り合いの紹介や、知り合いの歯医者さんから、患者さんがNd:YAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)治療が必要なので、そちらでお願いします、という紹介、また私がセミナーなどで知り合った方が全国から来院されたり、とさまざまです。他に、施設へ訪問歯科診療にも行っていますので、年齢層も幅広いですね。診療の流れとしては、まずは治療して、口腔内を良い状態にし、そこから定期的にメンテナンスをして患者さんのお口の健康をサポート。予防歯科にも力を入れています。また、自費治療になりますが、Nd:YAGレーザーを使っての無麻酔下での歯周病等の治療も行っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

レーザーを用いた歯周病治療/6万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細