グリムデンタルクリニック

関口 宗吉院長、関口 麻美子副院長

189648 %e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

患者と歯科医師、歯科衛生士がチームとなり予防を実践

―開業に至ったきっかけを教えてください。

【関口院長】研修期間を終えた時、「この時期に開業しよう」と目標を立てたのですが、その目標が今年だったんです。もちろん、十分に経験を積み、独立・開業しても患者さんを万全の体制でサポートできると自信がついたということもあります。
【麻美子副院長】理想的な場所を見つけたというのは、きっかけの一つかもしれません。当初から、開業するなら私と主人それぞれの出身地である横浜市や藤沢市に近いエリアと決めていました。そして、都心からのアクセスも良い沿線を中心にリサーチをかけたところ、この場所を見つけ、開業を決めました。

―こちらで特に力を入れていることは何でしょう?

【関口院長】予防です。ただし、予防のためにはセルフケアが欠かせません。セルフケアのモチベーションを保ってもらうためにも、ご自身のお口の状況を理解していただけるよう努めており、口腔内を写真に撮ってメンテナンス前後の違いをお見せしたり、唾液検査をお勧めしたりして、お口の健康を意識してもらっています。また、患者さんと歯科医師、歯科衛生士がチームになって予防に取り組んでいるのも当院の特色です。補綴物がお口に合っていないと虫歯・歯周病の原因にもなり得ますから、歯科技工士との連携も欠かせません。
【麻美子副院長】予防の重要性を診療中にお伝えする啓発活動も行っています。虫歯・歯周病になる原因や病気を防ぐ方法、海外と比べた日本の歯科への意識や高齢になって残る歯の本数比較などのデータを、理解しやすいように資料を使ってビジュアルでご説明しています。

―お二人とも総義歯が得意だそうですが、総義歯を学ぼうと思った理由は?

【関口院長】僕が学び始めたのは勤務医時代です。もともと入れ歯は一番苦手な分野でしたが、2つ目の勤務先はとにかく入れ歯の患者さんが多く、当時分院長という「最後の砦」役を任されていたこともあってずいぶんと悩みました。しばらく苦しんだ末、入れ歯に精通している方を知人から紹介してもらい、技術を教わるうちにいつの間にか一番得意で好きな分野になっていました。
【麻美子副院長】学生時代、「自分は何を理解できていないのか」を考えたのがきっかけでした。考えて、噛み合わせのことが理解できていないと気づいたのですが、そこは歯科の基礎になる部分。また、1歯単位ではなくお口全体をトータルで診られる歯科医師になりたかった私にとって、総義歯は避けて通れない領域でしたから、集中して勉強するようになりました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療:42万円~
歯列矯正治療:47万5000円~



Access