全国のドクター9,026人の想いを取材
クリニック・病院 160,847件の情報を掲載(2022年5月21日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 川越市
  4. 川越駅
  5. 川越ホワイト歯科クリニック
  6. 白河 俊栄 院長

白河 俊栄 院長の独自取材記事

川越ホワイト歯科クリニック

(川越市/川越駅)

最終更新日:2021/10/12

20211004 189193 top

JR川越駅前にある「川越ホワイト歯科クリニック」の院長・白河俊栄(しゅんえい)先生がめざすのは、「患者さんの歯を大事にするクリニック」だ。虫歯治療では、歯科治療を行うことで歯自体が損なわれてしまうことに配慮し、できるだけ丁寧に虫歯を取り除き、繰り返し虫歯にならないような丁寧な治療をめざしている。さらに、マウスピース型装置での矯正やインプラント治療など幅広い診療に対応し、予防歯科にも力を入れる。「川越ならあそこに行けば安心と言われるクリニックにしていきたい。そしてお世話になっている地域に少しでも恩返しができれば」と話す白河院長に、クリニックの特徴や診療にあたって大事にしていることを聞いた。

(取材日2021年9月14日)

患者が納得した上で治療していくことが一番大事

以前から、川越にお住まいだったのですか?

1

私はもともと新潟出身で、大学も国立新潟大学歯学部でした。妻が川越出身だったご縁でこちらに来たのですが、今では第2のふるさとのように感じています。地域の方の健康に少しでも寄与できればとの思いで、この地での開業を決めました。開業前は、新潟大学医歯学総合病院の口腔外科とその出向先である新潟労災病院の口腔外科、後に千葉県内と埼玉県内のクリニックで勤務し、さまざまな患者さんを診てきました。その経験を生かして、虫歯治療、定期検診、歯周病治療、インプラント治療、入れ歯などの義歯作製、マウスピース型装置での矯正など、幅広く対応しています。中でも矯正と、歯を大事にするという点で虫歯治療には力を入れており、これまで口腔外科の診療を多く手がけてきたので、親知らずの抜歯も得意としています。

どんな患者さんが多いのでしょう。

20~40代の方が中心で、比較的女性が多いですね。ニーズとしては、虫歯治療やメンテナンスはもちろんですが、マウスピース型装置での矯正をしたいという方が多めです。現在、初診の予約をとれるのが1週間後ぐらいになることもあり、「診療まで多少時間がかかってもいいから、口腔内全体をしっかり診てほしい」という方が増えています。インプラントや審美歯科の相談も徐々に増えており、主訴の治療に合わせて、金属性の詰め物を機能性・審美性に優れたセラミック製にしたいという方も少なくありません。

診療にあたり大切にしていることを教えてください。

2

コミュニケーションですね。歯科医師が描いている治療のゴールと、患者さんが抱くゴールは必ずしも一致するとは限りません。だからこそ、初診時には口腔内の写真を撮影し、CT画像も撮れるエックス線撮影装置で詳しく検査して、診断をしっかり行います。この時、密にコミュニケーションを取り、患者さんのご希望もよく伺うようにしています。そして2回目の診療の時には、現在の口腔内の状況をお伝えして共有し、治療計画書をお渡しして、写真やエックス線写真を示しながら、カウンセリングルームで治療が必要な箇所について丁寧に説明します。患者さんの考えも聞き取り、方向性が決まってから治療をしていくことが一番大事だと思うんです。そうすることで、患者さんも不安なく診療に臨めると考えています。

信頼するスタッフには、気持ち良く働いてほしい

マウスピース型装置での矯正とはどんなものですか?

3

従来の矯正はワイヤーを着けて歯を動かしていくというものが主流でしたが、その場合にはたいてい歯を上下左右1本ずつ計4本抜くことが多いです。歯を並べるためのスペースをつくるためですが、せっかくの健康な歯を抜いてしまわなければいけません。でもマウスピース型装置を利用したこの矯正法は、場合によっては歯と歯の間を少し削ることはありますが、基本的には歯を抜かずに矯正を進めるものです。ワイヤーがなく目立たないというメリットもありますが、痛みが少なく、かなりのケースで歯を抜かずに済むので、自分の歯を大切にする意味でも有用です。また取り外しができるので歯磨きもしやすいですね。矯正期間もワイヤーを使うのとほぼ同じかむしろ早いぐらいで、幅広い症例に対応できます。以前勤務していたクリニックでマウスピース型装置を用いた矯正と出会い、患者さんにとって負担が少ないことに魅力を感じて当院でも取り入れました。

矯正中に虫歯ができても、こちらで治療できるそうですね。

矯正歯科専門クリニックの場合、矯正中に虫歯ができてしまったら違うクリニックに行かなければいけないことが多いですが、当院は一般歯科・小児歯科も対応しているので、ここでほぼ完結できます。口の中を把握している歯科医師が矯正だけでなく、歯の治療も一緒にできるのは大きなメリットだと思いますし、他のクリニックに状態を連絡する際、状況がうまく伝わらないという心配がなく、患者さんの歯に責任を持ってすべての治療を自分で診ることができます。また、患者さんにとっても複数のクリニックに通わなくても済むという利便性があります。また当院のマウスピース型装置での矯正は、終了までに何回調整が必要となっても追加費用はかからないので、その点も安心していただけるかなと思います。

スタッフさんをまとめていく上で、心がけていることはありますか?

20210922 4

それぞれ院長とスタッフという立場で、職種上の上下関係はありますが、問題点などがあればいつでも気兼ねなく言い合えて、悪いところはお互いに直していけるような関係でいたいと思っています。なかなか忙しくてコミュニケーションが取りづらい時でも「ありがとう」と感謝の気持ちはしっかり伝えるようにしています。患者さんに渡す注意事項をまとめた紙なども、スタッフが自主的に作ってくれますし、忙しくしている時、指示しなくても考えて動いてくれるのは本当に助かっていますね。気持ち良く働いてほしいので、有給休暇をはじめとする休みはしっかり取ってほしいと伝え、スキルアップしてできることが増えれば、給与にも反映するようにしています。

出会った患者が、少しでもハッピーになれるように

ところで、先生が歯科医師をめざした理由は何だったのでしょう?

5

子どもの頃から自分がしたことで誰か喜んでくれ、「ありがとう」と言われるのがとてもうれしかったんです。なので将来も、人に喜んでもらえる仕事に就きたいと考え、そこで思い浮かんだのが歯科医師の仕事でした。実際に歯科医師になって患者さんから喜んでいただけると、本当に頑張って良かったと心からうれしくなります。これからも出会った方とのご縁を大事にしたいので、自分が関わることで、患者さんが少しでも笑顔に、少しでもハッピーになれたら幸せです。

今後は、若い先生を加えてさらに診療を充実させていきたいとのことですが。

ええ。以前勤めたクリニックでは分院長として若い先生方に教えていたんですが、ここでも若い先生を育てたいという思いがあります。患者さんが増えて、新規予約に制限をかけている状態なので、新しく先生が加わってくれればお待たせしている患者さんを診られるようになりますし、さまざまな症例の治療に携われるので、幅広い経験を積みたい先生なら、その先生自身にとってもメリットがあるかと思っています。もちろん最初は基本的な診療からですが、マウスピース型装置での矯正についても勉強ができ、資格もとれる環境がありますしね。歯科医師以外のスタッフもですが、重視したいのは経験より人柄。患者さんとも同僚ともしっかりコミュニケーションが取れ、元気で向上心のある方とお仕事ができたらうれしいと考えています。

最後に、地域の方へのメッセージをお願いします。

20210917 6

歯科治療で大切なのは、患者さんが治療内容に納得した上で治療を受けられることだと思います。そのため当院では、まずできる限りの選択肢を示し、それぞれの内容をご理解いただいた上で選んでもらうことを大事にしています。もちろん、どの選択であっても治療に全力を尽くすのは変わりません。人が健康で長生きするには、自分の足で歩けることと、自分の歯でご飯を食べられることの2つが重要です。歯科はその2つのうち片方を担う立場にあるので、これからも、出会った患者さんに少しでも良い状態になってもらえるよう、力を尽くしていきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置による矯正/71万5000円~99万円、インプラント治療(1本)/44万円、インプラント治療(サージカルステント)/5万5000円、入れ歯/33万円、セラミックを用いた補綴治療/9万9000円~14万3000円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access