医療法人愛幸会 ウエスト キッズ クリニック

医療法人愛幸会 ウエスト キッズ クリニック

濱本 芳彦院長

新規開院

188807 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba%e6%84%9b%e5%b9%b8%e4%bc%9a %e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

2018年8月に新規開院した「ウエスト キッズ クリニック」。真新しい待合室には、子どもたちを笑顔にさせるかわいい壁面飾りが飾られ、扉1つ向こうには、病児保育室を併設。病気やケガで保育園に登園できない子どもを預かり、小児科医師の指示のもと、看護師と保育士がケアにあたっている。子どもが好きで小児科に進んだという濱本芳彦院長は、専門の感染症とアレルギー疾患の知識を生かし、子どもたちの健康を温かくサポート。自身の診療スタンスや病児保育の必要性のほか、子育て世代に向けた思いなども語ってくれた。
(取材日2018年9月14日)

病児保育は共働き世帯の味方

―2018年8月に新規開院されたとのことですが、開院に至った経緯をお聞かせください。

当院の大きな特徴は、病児保育室を併設していることです。3年前に病児保育室が開設されて、これまでは地域の小児科の先生に診てもらいながら独立型保育というかたちで運営していましたが、それだと症状が急変した時に迅速な対応ができないといった不便さがありました。そこで病児保育室の隣に小児科クリニックをつくり、子どもの調子が悪くなった時にすぐに駆けつけられるよう、中で行き来できる造りにしました。また近年、この周辺には高層マンションが増えて、ファミリー世帯が多く住むようになりました。近くに総合病院はありますが、一般的な症状や健診、予防注射で気軽にかかれる小児科のクリニックが子どもの数に比べて少ないと感じていたことも、このエリアで小児科を開院した理由です。

―小児科と病児保育室が併設していることで、どのようなメリットがありますか?

地域の小児科医師がお子さんと、一対一で長時間過ごす機会というのはほとんどありませんが、隣が病児保育室なら子どもと一緒に過ごす時間は自然と長くなります。体調が悪い時だけでなく、普段の遊んでいる様子を見ることは、隠れた病気を見つける上でとても重要なことで、その子の動きや表情から早い段階で発達障害に気づくこともあります。日中は保育園で過ごし、親子の接触時間が短くなると、親が病気を見つけられる機会も減ってしまいます。「保育園で気づいてくれるのでは?」と思うかもしれませんが、病気の専門知識を持たない保育士が、一度に大勢の子どものお世話をしながら病気に気づくというのは難しいでしょう。その点、医師の指示のもと看護師と保育士がケアする病児保育は、「看護」と「保育」の2つの機能があり、今かかっている病気を診るだけでなく、隠れた病気を発見しやすいメリットもあるのです。

―病児保育の必要性についてお聞かせください。

少子化に歯止めをかけるために、小児科医師としてできることはないか模索する中、働くお母さんが子どもが病気の時に安心して預けられる病児保育へのニーズが高まっていることを知りました。「病気の時ぐらい一緒にいてあげてもいいのでは」という声も一部にはありますが、子どもが感染症にかかり何日も仕事を休まないといけないというのは、やはり現実的に厳しいものがあります。そこは子どもの病気を専門に扱う小児科医師が手を差し伸べ、お母さんたちが働きやすいようにサポートしていくべきで、短くなった親子の触れ合う時間をどう取り戻すかは、別の視点で考えていく必要があります。病児保育室は大阪が発祥で、そこから全国へと広がったといわれています。大阪は充実しているほうですが、病児保育は運営の難しさもあり、まだまだ預けたくても預けられないお母さんがいるのが実情です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細