林歯科医院 用賀

林 幹智院長

188351 %e6%9e%97%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

どの患者に対しても敬意と温かさを持って接したい

―設備を導入する際にこだわったところはありますか?

安心・安全に患者さんに通院してもらいたいという思いから、滅菌に対しては特にこだわって設備の選定を行いました。世界基準で特に厳しい規格を満たしたクラスBの滅菌器を導入し、医療機器を清潔に保ち院内感染を未然に防ぐよう努めています。また歯を削る器具専用の、タービン専用滅菌機という小さな部品まで滅菌できる設備もあるので、患者さんごとに消毒をして清潔な状態を保っています。そのほかにも、口腔内を3Dの立体映像で撮影できる歯科用CTを導入し、口腔内の構造や細かな血管・神経の位置を確かめながら正確で安全に配慮した治療を追求しています。

―患者さんへの対応で心がけていることを教えてください。

僕を含め、院内スタッフには患者さんに対する気遣いや声かけを意識してほしいと思っています。来院してくださる患者さん一人ひとりに対して、エントランスに入ったときからお帰りになるまで、温かく親しみを持って、敬意を払いながら接していきたいですね。また、歯科衛生士と連携し、患者さんのお口の中をチェック・管理をしていきます。患者さんの仕草や動作を指標にし、患者さんの歯のことを一番に考えて、なるべく神経を温存する治療を行っています。

―小さなお子さまの場合、何歳くらいから受診可能ですか?

一人でお口がゆすげるようになる2歳半くらいからが望ましいですね。小さい時から歯医者さんに慣れてもらうことが重要だと思うので、まずは気軽に連れてきてお口の中を見せてもらうことからスタートしていただきたいです。親御さんに対しても、虫歯予防の方法やお家でのケアの方法をお伝えできればと思っています。もしも虫歯があれば、早めに治療して永久歯が生える頃には虫歯がない状態をつくっていくのがベストですね。いろいろなお子さまがいますので、その子の性格によって褒めたり、打ち解けやすいように話をするようにしています。



Access