全国のドクター9,014人の想いを取材
クリニック・病院 161,457件の情報を掲載(2020年2月28日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市青葉区
  4. あざみ野駅
  5. クマザワデンタルクリニック
  6. 熊澤 亮人 院長

熊澤 亮人 院長の独自取材記事

クマザワデンタルクリニック

(横浜市青葉区/あざみ野駅)

最終更新日:2020/01/14

20200114 bana

東急田園都市線あざみ野駅から徒歩3分という利便性の良い場所に、2017年にオープンした「クマザワデンタルクリニック」。熊澤亮人(あきひと)院長は「歯を健康に、美しく保つことの大切さ」を一人でも多くの人に実感してほしいと、時に受診の妨げとなる歯科医院のネガティブなイメージを払拭することに努めてきた。一見すると歯科医院とは思えない明るくオープンな雰囲気の院内からも、その思いが伝わってくる。オールジャンルの歯科医療をカバーすることで、患者の口元をトータルにきれいにすることをめざす熊澤院長に、クリニックのこだわりや、日々心がけていることを語ってもらった。
(取材日2018年6月14日)

居心地が良く、清潔で安全な院内環境にこだわる

この地域に開業された理由を教えてください。

1

いつか自分の歯科医院を開業したいと、ずっと思っていました。いざ形にするとなった時、患者さんには広々としたところで診療を受けていただきたいと考えるようになって、そこにぴったりな田園都市エリアで場所を探すことにしたんです。あざみ野駅周辺はのどかで落ち着いた雰囲気がいいですね。それに、私の思い描くしっかりとした歯科診療を実現できるのではないかと思い、この地に開業することを決めました。

とても明るい院内ですね。内装にもこだわりを感じます。

患者さんの中には、歯科医院特有の匂いや雰囲気が苦手な方、歯科医院に来るとなぜか緊張してしまうという方もいらっしゃいます。ですから、初めてご来院される方も、お子さんも、どなたでもリラックスしていただけるよう、いい意味で歯科医院らしくないクリニックにしたいという希望がありました。その希望に近づけるために、外壁をガラス張りにして自然光を目いっぱい取り入れ、壁紙や床材、照明などもこだわって選んでいます。他にもアロマをたいたり、音楽を流したり、目に見えない部分にも配慮しています。

こちらではどんな診療を行っていますか?

歯科、矯正歯科、予防歯科、審美歯科、インプラント治療、小児歯科など幅広く診療しています。そしてそれらを一つの科と捉えて、機能面と見た目の美しさの両方を踏まえながら総合的な診断・治療を行っています。というのも、口腔内の悩みや希望は人それぞれ異なりますよね。そのすべてに応えて差し上げたくて、私自身、苦手な分野をつくらずオールマイティーに対応できる歯科医師をめざしてきました。例えば、虫歯の治療を終えた患者さんから「もっと歯を白くしたい」という希望があれば、ホームホワイトニングをお勧めできますし、根本的に改善したい場合はセラミックを使った治療もご提案できます。ですから、歯のことで何かあれば気軽にご相談いただきたいと思います。

診療において、先生が重視されていることは?

20181217 22

患者さんの口腔内をトータルに診て、健康で美しい口元をつくっていくことでしょうか。治療でも、予防・メンテナンスでも、何かをきっかけに当院に来てくださった患者さんには、笑顔で過ごしていただきたいと思っています。歯に自信が持てると、生き方そのものもポジティブになれますからね。だから口腔内全体を診て「こうすればもっと美しい歯になる」と思う部分があれば、一度ご提案するようにしています。もちろん無理強いはせず、患者さんのお気持ちを第一優先に。私は勤務医時代から、インプラント治療や親知らずの抜歯などの口腔外科、セラミックを使った治療を数多く経験してきましたので、そこで得た技術も生かしています。

患者への説明を大切に、丁寧な診療を

セラミックを使った治療について、詳しく教えてください。

20181217 33

詰め物やかぶせ物というと、以前は銀歯を使っていた方が多いと思います。その代わりにセラミックを使用すると、まずは見た目が自然の歯に近くなるので違和感を感じにくいのがメリットです。もう一つのメリットは、セラミックを使った詰め物の場合、より精密に治療ができること。元の歯との間に隙間ができにくいため、虫歯の再発リスクが低くなるんです。さらに、汚れがつきにくいという性質もありますので、口腔内を清潔な状態に維持しやすく、その先の虫歯を減らせるかもしれません。もしかしたら究極の予防になり得るのではないかと思っています。ただ保険が効かず自費治療になるため、患者さんのご意向を伺った上で、選択肢の一つとしてご案内しています。

インプラント治療についてはいかがでしょうか?

インプラント治療は、患者さんが希望するからというだけで行うのではなく、「噛みたい、他の歯を守りたい」という気持ちがある患者さんの口腔内全体を診て、口の中の環境が整っていると判断した場合にのみ行っています。歯周病や虫歯があったり、噛み合わせが悪かったりする場合は、新たなトラブルを招きかねないため、無理してインプラント治療は行いません。そして、インプラントは入れたら終わりではなく、その後のセルフケアがとても大事です。インプラント周囲炎などのトラブルもありますからね。患者さんにはそういったことを1時間ほどかけて、丁寧に説明しています。すると中には「万全な形でインプラントを入れたいので、まずは他の治療を頑張りたい」と言ってくださる患者さんもいらっしゃいます。

診察時に心がけていることは何ですか?

治療にあたっては、まず疑問点をなくせるよう治療の見通しについて丁寧に説明し、納得していただいてから始めるようにしています。もう一つは、細かいところまで手を抜かず、こだわって診療を行うことです。例えば、麻酔を使用する際も患者さんが痛みを感じることがないように、痛みを抑えられるポイントをすべて押さえた上で、丁寧に打っていきます。その他、当たり前のことから専門的な処置まで気を使いながら、スタッフ全員で患者さんの満足を第一に考えて治療を進めています。

設備も充実していますね。

20180626 4

精密な治療を、安心・安全な環境で受けていただけるよう体制を整えました。例えば歯科用CTは、目に見えない埋まっている骨や歯の状態を3次元で捉えることができるため、治療方針を決めたり、インプラントを埋める適切な位置を検討したりするのに生かしています。また、滅菌対策も重視しており、ヨーロッパの高い基準をクリアしたクラスB滅菌器を使って、治療器具は使うたびに滅菌処理を施しています。

地域住民の歯の予防意識を高めていきたい

先生が医師をめざしたきっかけは?

5

実家が美容室を経営していたのもあって、両親には「手に職をつけろ」「資格を持て」と言われて育ちました。「自分たちができなかったことを、子どもにさせてあげたい」という親心があったのだと思います。大学進学を考える時期に、改めて「医療関係に進んでほしい」と勧められたのをきっかけに、歯科医師になろうと決めました。

歯科医師として影響を受けた方はいますか?

6年間勤めた新宿の歯科クリニックの院長です。女性の先生で、歯科医師としての技術はもちろんですが、患者さんの気持ちをつかむのがとても上手な方でした。そしてそのクリニックでは、審美的なセラミックやインプラント治療など、多くの経験を積むことができ、さらには接遇という「おもてなし」スキルを身につけることの大切さも学ぶことができました。ちなみに当時診ていた患者さんが、東京だけでなく埼玉、千葉からも当院に通ってくださっているんですよ。とてもうれしく、またこれからもおもてなしの心を大切にしていかなければと思います。

休日はどのように過ごしていますか?

休みの日は、クリニック関連の作業で一日があっという間に過ぎていきます。勤務医時代からずっと、休日は講習会やセミナーに参加して、歯学の勉強を重ねてきました。自由に過ごせる時間は……まだないですね。

最後に、今後の展望を教えてください。

20181217 66

この地域全体に、予防歯科の意識を浸透させていきたいと考えています。予防で大事なのは歯の磨き方です。当院では、普段使用している歯ブラシを持参していただき、患者さんに合っている歯ブラシか、歯ブラシの当て方は適切かを確認しています。正しいブラッシングが、将来的に治療のいらない健康な口腔内をつくる基本になりますからね。また、親御さんに虫歯が多い場合、そのお子さんも虫歯になるケースが多いです。ですから、お子さんの治療のときには、親御さんにも一緒にブラッシング指導をしています。そうした予防の意識を、地域に根差した歯科診療を通して広めていきたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/39万円~、矯正治療/90万円~、マウスピース型装置での矯正/40万円~、ホワイトニング/3万6000円~、セラミックを用いた治療/6万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access