全国のドクター9,409人の想いを取材
クリニック・病院 160,469件の情報を掲載(2022年9月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 港区
  4. 田町駅
  5. 田町芝浦歯科
  6. 望月 力 院長

望月 力 院長の独自取材記事

田町芝浦歯科

(港区/田町駅)

最終更新日:2021/10/12

184671

田町駅東口より徒歩3分という好アクセスの「田町芝浦歯科」は、2016年の開院以来、地域住民に加え近隣の会社に勤める人たちで日々にぎわっている歯科医院だ。虫歯治療や小児歯科、そしてマイクロスコープを用いた根管治療や安全性を追求しながら行うインプラント治療まで幅広く診療を行っている。同院で診療に対応するのは、望月力院長をはじめとした経験豊富な歯科医師たち。丁寧な診査・診断によって患者の口腔内を正確に把握し、患者の要望に沿って一人ひとりに合った治療計画を立てるという心強い存在だ。地域医療に尽力する望月院長に、診療にかける思いや今後の展望について、さまざまに話を聞いた。

(取材日2020年2月14日)

患者のニーズに合わせて治療計画を提案していく

まず、歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

高校生の頃将来の職業について本気で考え始めました。私の父は建築関係の仕事をしていたので、私も建築デザイナーの道に興味があったのですが、父には自身の経験から、手に職をつけることを勧められました。そこで、私は理系が得意でしたし、もともと手先が器用で細かい作業をするのも好きだったので、歯科医師をめざそうと決め、日本大学歯学部に進みました。私の場合は、周りの同級生のように親が医師や歯科医師というわけではなく、会社員でしたので「彼らに負けないぞ!」という思いがどこかにあり、常に自分の知識や技術を向上させる原動力にもなっていましたね。

先生のご専門について聞かせてください。

力を入れて取り組んでいるのは正確な診査・診断をめざしていくことです。自分の知識や技術に自信を持てるようになり、いよいよ開業しようと考えたときに、専門治療について学ぼうと、さまざまなクリニックへ足を運んで経験を積みました。矯正歯科や口腔外科など、ほぼすべての治療を現場で経験し、訪問歯科診療についても学びました。そのため、当院は何かの治療に特化するというよりも、患者さんのニーズに合わせて幅広く診るという方針です。いろいろな方法からのアプローチを考え、治療計画を立てられるところが私の強みです。治療計画は、コミュニケーションの中で患者さんの要望をくみ取り、それに合わせてご提案します。例えば歯周病がかなり進行している場合、歯を残す方法、あるいは抜歯による方法、それとも痛くなったときにまた来院する応急処置的な方法をとるのか、患者さんの状況によってメリットデメリットをご説明し、ご相談しています。

診療する際に、大切にしていることはありますか?

2

基本的に来院してくださっている患者さんに対して「できない」とお答えしたくないという思いがあります。私の他に常勤の歯科医師が2人いるのも、患者さんごとのニーズに歯科医院としてきちんとお応えするためです。また、必要に応じて提携先の大学病院へご紹介することもあり、その際は原因や理由、治療経緯を患者さんにしっかりご説明し、納得いただけるようにしています。また、歯周環境を整え、インプラントを埋入したり、仮歯を入れて最終的に人工歯を入れたりと、一連のプロセスを経ながら口腔内を整えていくことに、私自身、歯科医師としての面白さややりがいを感じています。トラブルのある箇所だけではなく、お口全体を通したコントロールをしたいという思いがありますね。

患者の歯科意識の向上をめざしていく

開業して約3年経過しましたが、開業当初から考え方の変化などはありましたか?

3

診療に対する考え方などは、変わっていないですね。ただ、今後も患者さんに選んでいただける歯科医院であるために、治療内容を常にレベルアップしていかなければと、より強く思うようになりました。特に根管治療に関しては、最近海外のセミナーなどにも参加していて感じますが、より治療の精度を上げていかなければと。そういう向上心は、本来すべての歯科医師に必要なものだと思っています。海外では歯科医師が「子どもがなりたい職業」の第一位になることもあるんですよ。海外の歯科医師は、歯科医師になってからもすごく勉強していて、それが自分の仕事に対する誇りやモチベーションになっているんです。そういう姿勢が、子どもたちにも伝わるのかもしれませんね。私もそんな歯科医師であれるように、常に成長できるように努めたいと思います。

先生はできるだけ歯を残す治療を大切にしているそうですね。

健康な歯をできるだけ多く残すことが歯科医師の使命だと思っています。可能な限り抜いたり削ったりすることなく、健康な歯を残すことが大前提だと考えて治療を行っています。私だけでなく患者さん自身にも、歯を残すことに対する意識を高めていただきたいと考えています。もちろん、周りに悪影響を与える歯を無理に残そうとするのはよくありません。その歯から細菌が繁殖して、糖尿病や心筋梗塞などの全身疾患につながってしまう可能性もあるからです。口内環境を改善して全身疾患を予防することも、私たち歯科医師の役目ですからね。できるだけ健康な歯を残すためにも、日頃からの予防歯科も大切です。当院では3ヵ月に1回のメンテナンスを推奨していますが、そういった定期メンテナンスの重要性も患者さんに積極的に広めていきたいです。

患者さんの意識を引き上げるためにされていることとは何ですか?

4

当院では最初の正確な診査・診断からの一人ひとりに合った治療計画を大事にしています。なぜそうなってしまったのか原因を突き詰め、できるだけコンサルテーションの時間を設けてじっくりと患者さんにご説明し、ご自身の現状を把握していただきます。無理強いをしても患者さんと良いコミュニケーションは取れず、良い治療につながりませんので、お口の状態をモニターに映し出し、模型を使ってご説明し、無理なく歯科に対して意識を敏感に向けていただけるように努めています。

「人を診る治療」が満足度の高い治療の実現につながる

望月院長の考える治療のゴールとは何でしょうか?

5

来院される方の中には、なぜご自分に虫歯ができてしまうか理解されていなかったり、間違った情報をうのみにされていたりと、さまざまな考えをもった方がいらっしゃいます。しかし、そこの意識が変わらないと歯科に対する意識の変化は難しいです。そのため、患者さんの立場に寄り添ってわかりやすく現状をご説明し、歯科への意識づけを行っています。そして、こちらでメンテナンスに移行しやすい口腔環境を整えた後、患者さんご自身からメンテナンスを希望される状況をつくることを理想としています。

診療を行う上で、スタッフに伝えていることはありますか?

口内だけでなく、人を診る治療を大切にするように伝えています。人を診るというのは、患者さんの背景や要望をくみ取り、その人がどんな治療を求めているのかをきちんと理解するということです。それができれば、患者さんの満足度の高い治療につながるのではないでしょうか。あとは、患者さんをリラックスさせられるような笑顔も大切にしてほしいと伝えています。さまざまな治療に対応していくためにも、マンパワーは重要です。必要に応じてスタッフを増やしていくことはもちろんですが、スタッフのモチベーションを高められるような、働きやすい環境を整えていきたいと考えています。スタッフはクリニックの基盤です。良いスタッフがいて活気あるクリニックがつくれれば、それをより良い歯科医療という形で患者さんにも還元できますしね。

最後に今後の展望をお聞かせください。

6

今後は高齢化が加速し、訪問診療やかかりつけ歯科医院の存在がますます重要になってくると思います。そんなニーズに対応できるよう、当院でも既に進めている訪問診療を、少しずつでも拡大していければと考えています。そして、どんな治療にも対応できるよう、クリニックのキャパシティーもスタッフのレベルもさらに上げていきたいと思います。お口の中を整えることは、生活の質の向上にもつながります。診療を通して、患者さんが笑顔になる機会を増やせたらいいですね。そしてこれまでと同様、前向きな姿勢で診療にあたり、患者さんの健康な歯を残せるようサポートしていきたいと思っていますので、しっかりと治したいという考えに共感いただける方は、ぜひご相談にいらしていただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯列矯正/70万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/70万円~、セラミックインレー/3万5000円、セラミッククラウン/7万5000円、インプラント治療/35万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access