田町芝浦歯科

田町芝浦歯科

望月 力院長

184671

田町駅東口よりすぐのところにある「田町芝浦歯科」は、望月力院長が2016年10月に開院したクリニック。モダンかつ木のぬくもりにあふれた温かみのある院内で、開院して間もないが、すでに他2人の歯科医師が常勤し、地域住民に加え近隣の会社に勤める人たちにとって心強い存在だ。望月院長は診療経験豊富なドクターで、診査・診断に力を入れている。患者の口腔内を正確に把握し、患者の要望に沿って一人ひとりに合った治療計画を立てる。地域医療に尽力する望月院長に、歯科医師をめざしたきっかけ、診療にかける思い、また今後の展望についてたっぷりと話を聞いた。
(取材日2017年9月19日)

患者の要望に合わせて治療計画を提案

―まず、歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

高校生の頃将来の職業について本気で考え始めました。私の父は建築関係の仕事をしていたので、私も建築デザイナーの道に興味があったのですが、父には自身の経験から、手に職を付けることを勧められました。そこで、私は理系が得意でしたし、もともと手先が器用で細かい作業をするのも好きだったので、歯科医師をめざそうと決め、日本大学歯学部に進みました。私の場合は、周りの同級生のように親が医師や歯科医師というわけではなく、会社員でしたので「彼らに負けないぞ!」という思いがどこかにあり、常に自分の知識や技術を向上させる原動力にもなっていましたね。

―ご専門について教えてください。

力を入れているのは正確な診査・診断です。自分の知識や技術に自信を持てるようになり、いよいよ開業しようと考えたときに、専門治療について学ぼうと、さまざまなクリニックへ足を運んで経験を積みました。矯正歯科や口腔外科など、ほぼすべての治療を現場で経験し、訪問診療についても学びました。そのため、当院は何かの治療に特化するというよりも、患者さんのニーズに合わせて幅広く診るという方針です。いろいろな方法からのアプローチを考え、治療計画を立てられるところが私の強みです。治療計画は、コミュニケーションの中で患者さんの要望をくみ取り、それに対してご提案します。例えば歯周病がかなり進行している場合、歯を残す方法、あるいは抜歯による方法、それとも痛くなったときにまた来院する応急処置的な方法をとるのか、患者さんの状況によってメリットデメリットをご説明し、ご相談しています。

―開業場所はどのように決めましたか?

開業しようと決意を固めてから1年ぐらい、散歩をしながらいろいろな場所を巡り、物件を探していました。その中でも田町は、再開発の進んでいる勢いのある地域で人口も多く、自分の実力を発揮できるのではないかと思い、この場所を選びました。地域住民の方に加え、近隣にお勤めの患者さんもいらっしゃいますので、当院では会社のお昼休みや仕事終わりの時間でもお越しいただきやすいよう午前は14時まで、夜は20時まで診療しています。中には転勤される予定の方や、日々忙しくてなかなか来られないという方がいらっしゃるため、その方の状況に応じて治療期間を変えながら診療を行っています。皆さん、時間の合間を縫って来ていただいているので、できるだけ待ち時間を減らし、お約束の時間どおりに診療を始め、終えられるように努めています。

記事更新日:2017/10/06


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細