医療法人社団温光会 内藤病院

医療法人社団温光会 内藤病院

内藤 誠二院長

99999 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

新宿副都心の隣という立地の初台駅から徒歩約2分。静かな住宅地の中に建つ「内藤病院」は、周辺に夜間対応の医療機関がほとんどなかった時代に診療所として設立。以来、地域に根差し、初台の人々に親しまれてきた病院だ。1940年から「内藤病院」となった同病院を現在引き継ぐのは、初台生まれ、初台育ちの3代目、初代院長の孫にあたる内藤誠ニ院長。「地域の人たちが、いつでも気軽にかかれるかかりつけ医」であることを使命として、外来はあえて特殊な専門性を持たず、すべての医師が内科・外科の垣根を越えて総合的に診るプライマリケアを実践。53床の病床を持ち急性期治療に対応するほか、訪問診療や看護を含めた退院支援、退院調整の充実に院をあげて取り組んでいる。内藤院長に、地域医療への思いや今後の展望を聞いた。
(取材日2018年11月16日)

初台の住民に寄り添う「かかりつけ病院」

―まず、病院の特徴から教えてください。

「地域の方々がいつでも気軽に頼れるかかりつけ医であること」を大事にしている病院です。「かかりつけ」というと、患者さん個人が通いやすいというイメージになるかもしれませんが、もう少し広く地域全体をみていくという意味もあります。暮らしている人も働いている人も合わせて、地域で何か困ったことがあればすぐにかかれる病院。患者さんの体や心に起きた問題を総合的に診て、ゲートキーパーとして地域の方々を病気から守り、健やかな生活を支えることが私たちの役割だと思っています。特にご高齢の方の場合、軽症でも生活に支障が出ることも多く、また症状によっては命に関わる危険性もあります。ですから、当院は急性期病院ではありますが敷居は低く、大病院とは違ってなるべく軽症と思われる方もお引き受けして、治療後は退院後の生活支援まで考え、地域にお戻しするよう務めています。

―訪問診療・訪問看護にも力を入れていると聞きました。

そうですね。範囲としては2駅ぐらい先まで、人数としては45人ほどなので、規模自体はそれほど大きくありません。ただこの数年間でスタッフも今までの「急性期の病院」という感覚から脱却し、老人ホームや訪問診療の先生方、ケアマネジャーとの連携も増し、今は「どうやって生活に戻ってもらうか」という退院支援に、病院全体で取り組んでいるところです。私も毎週訪問診療に出ていますが、強く感じるのは、特別養護老人ホームなどの施設と病院では患者さんの雰囲気が全然違うことです。同じ患者さんでも、病院にいた時と施設でお会いした時では、表情がまったく違います。また、看取りに向かう最期の時間、病院で点滴するのと、施設でちょっとだけでも口から食べてみるのとでは、包まれる雰囲気は全然違ってきます。その両方を診てきて、どこで医療から看取りに転換するがいいか、その価値観は人それぞれですが、医師として考える場面は多くあります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細