にしむら整形外科クリニック

にしむら整形外科クリニック

西村 暁院長

184075 %e3%81%ab%e3%81%97%e3%82%80%e3%82%89%e6%95%b4%e5%bd%a2%e5%a4%96%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

東京メトロ副都心線西早稲田駅2番出口の目の前に位置し、2018年4月に開院した「にしむら整形外科クリニック」。白を基調にコーディネートされた院内、待合室奥には広々としたリハビリテーション室が広がる。理学療法に力を入れている同院では、理学療法士と患者が1対1でリハビリテーションを行い、各患者の症状に寄り添いながらサポート。「患者さんのお話を引き出すよう、話しやすい雰囲気を大切にしています」と話す西村暁院長は、患者の症状に適した治療法をいくつか提示し、メリット・デメリットを伝えてから選択してもらう診療スタイル。やわらかい物腰、穏やかな口調で「地域に密着しながら幅広く診療を行っていきたい」と語る西村院長に、開院の経緯や診療の特徴などについて聞いた。
(取材日2018年4月20日)

患者が話しやすい雰囲気を大切に

―開院に至るまでの経緯を教えてください。

大学卒業後、東京女子医科大学の外科、整形外科に入局後、大学関連病院にて研鑽を積み、東京都墨田区・埼玉県川口市の整形外科クリニックで院長職を務めてきました。父は整形外科、叔父が外科の開業医で、父や叔父が地域の患者さんを診療し、患者さんが笑顔で帰られる姿を見て、自分もいつかは開業し地域に密着した治療を行っていきたいと思うようになりました。そのような中、1階で、広い道路に面し広々としたこちらの物件と出会い、2018年4月に開院した次第です。開院前に内覧会を行ったのですが、医療関係の方はもちろん、地域にお住まいの方にも足を運んでいただきました。開業して間もないですが、お子さんからご年配の方まで、幅広い年齢層の患者さんがおみえになります。

―院内がすっきり広々としていて、リハビリテーション室もゆったりしていますね。

開業にあたっては、広さと清潔感にこだわり、メインカラーは白にしました。物理療法とともに、リハビリテーションにも力を入れている当クリニックには、理学療法士と柔道整復師が常勤していますが、理学療法士が常勤している整形外科はあまり多くないのではないでしょうか。「肩が痛い、上がらない」「腰が痛い」「手足がしびれる」「歩くと膝が痛む」など、さまざまな症状の患者さんがいらっしゃいますが、その方の年齢や生活環境などにより、リハビリテーションの内容はまったく異なってくるものです。まずは患者さんご自身で体を治す意思を持っていただき、それをサポートできたらうれしく思います。

―診療の際に心がけていることを教えてください。

患者さんのお話を少しでも多く引き出せるよう、話しやすい雰囲気づくりを大切にしています。患者さんに対して、専門的な医学用語を使って説明してしまうと、理解していただけないまま治療が進んでしまうこともあるかと思います。そのようにならないよう、時間をかけ、かみ砕いてわかりやすい言葉で説明するよう心がけています。治療法については、こちらから「このように治療を行います」と一方的に伝えるのでなく、その症状に適した治療法を複数提示させていただきます。そして、それぞれの治療法のメリット、デメリットをお伝えした上で、患者さん自身に決めてもらうようにしています。恩師から受けた「患者さんは常に自分の愛する家族だと思って診察しなさい」という言葉を胸に、日々診療にあたっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細