求人情報ON
きむら歯科クリニック

きむら歯科クリニック

木村 健広院長
新規開院

184059 %e3%81%8d%e3%82%80%e3%82%89%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

東急バス停留所の園芸高校前すぐ、白と緑の優しいトーンを基調にした外観が印象的な「きむら歯科クリニック」。「誰でも気軽に通えるクリニック」、そして「クリニックに関わるすべての人に明るい未来を見せる」ことをコンセプトに掲げたクリニックだ。院長を務めるのは木村健広先生。2017年の開業以来、丁寧な物腰と真摯な姿勢、研鑽を重ねた診療技術で多くの人々から頼りにされている。取材では、クリニックづくりにおけるこだわり、診療で大きな力となっているスタッフの存在、診療の際大切にしていることなどについてたっぷりと聞いた。
(取材日2018年9月14日)

明るい未来を届ける、誰でも気軽に通えるクリニック

―クリニックの現状やコンセプトについてお聞かせください。

開業から1年がたち、ありがたいことにお子さんとそのお母さん、ご高齢の方を中心に多くの方がお越しくださっています。最近は紹介などで遠方にお住まいの患者さんも少しずつ増えてきてうれしく感じています。まだまだ至らぬ点もありますが、スタッフと一緒に皆で当院をつくり上げている実感があり、今はより良いクリニックにしていきたいという思いが強いです。当院のコンセプトは「誰でも気軽に通えるクリニック」。歯科はどうしても痛い、怖いといったイメージを持たれがちですが、その先入観を払拭して、多くの方に頼りにしていただけるようなクリニックでありたいと思っています。もう一つのコンセプトは「クリニックに関わるすべての人に明るい未来を見せる」です。歯科治療やお口の健康を通して、その方の人生を少しでも豊かにするお手伝いができればと思っています。

―先生の専門分野や強みにされていることは何でしょう?

私は噛み合わせを専門に学んでおり、入れ歯や噛み合わせに関して数多くの症例を積んできたことが強みです。口は髪の毛1本入っただけでも違和感を感じるくらい繊細な器官。そのお口に不具合があると患者さんにとって大きなストレスになってしまいます。例えば歯が1本失われただけでも、それまで当たり前のようにできていた会話や食事に不自由することがありますが、これらは人生の質に関わる大切な事柄です。当院の入れ歯治療では保険・自由診療の双方に対応していますので、入れ歯に関するお悩み事があれば気軽にご相談ください。また、開業前は東京都・埼玉県に展開する大型医療法人グループのクリニックで約10年勤務医をしておりました。そちらでお子さんからご高齢の方まで、幅広い年代の方の診療に携わってきたことが大きな財産であり強みになっています。

―お子さんへの対応ではどのようなことを大切にされていますか?

歯科治療がトラウマになってしまい、二度と歯科医院に行きたくなくなってしまうのでは意味がありません。末永く通っていただくことが歯の健康につながりますので、まずはこの場に慣れてもらうことを重視しています。そのためお子さんの状況によってはお話をするだけのこともありますし、危なくない器具に実際に触ってもらうなど、興味を持ってもらえるような工夫もしています。大切なのは痛いことをされる場所でないとわかってもらうために、お子さんのペースに合わせて進めていくことです。先日、お子さんの虫歯治療が一通り終了した親御さんから「これまでいろいろな歯医者さんに行きましたが、泣いて騒いでなかなか治療を受けることができませんでした。ここへ来てから時間はかかりましたが一つずつ治療を受けることができて、全部終わったのは初めてです」という言葉をいただいた時はとてもうれしかったですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細