医療法人永和会 東十条さかい糖尿病・内科クリニック

医療法人永和会 東十条さかい糖尿病・内科クリニック

堺 弘治院長

新規開院

頼れるドクター

183422

長い道のりだからこそ、患者とともに歩みたい

―休日の過ごし方や先生の健康法について教えてください。

趣味は20年ほど前に始めたスキューバダイビングです。ダイビングのいい点は、はじめは全く知らなかった人同士が海の中で素晴らしい景色や珍しい魚を見るとあっという間に友達になれるところです。潜る前と潜った後で心の距離感がぐっと縮まるんですよ。患者さんともこんな風に心の通じ合う瞬間を大切にしていきたいですね。健康法は週に4~5回は走ることです。この通りのメタボ体型なので、毎回8km程度を1時間弱とゆっくりのペースですが1ヵ月で200km以上になることもあります。細く長く続けることが大切と、欠かさずに走るようにしています。

―今後の展望をお聞かせください。

患者さんがストレスを感じることなく、気持ちよく通っていただけるようなクリニックにしていくことです。今は開業したばかりなので、とにかく患者さんと向き合う時間を大切にしていますが、ゆくゆくは患者さん同士で交流できる場をつくっていきたいと思っています。糖尿病の治療は長い道のりですから、頑張っているのは自分ひとりだけではないことがわかるだけでもモチベーションが上がります。患者さん同士で話し合うことで情報交換もでき、そこに私たちが入っていくことでみんなの糖尿病に関する知識や理解も深まります。将来的には管理栄養士さんにも入ってもらって栄養指導も含め、長い道のりを少しでも前向きな気持ちでみんなで歩んでいければと考えています。

―最後に読者にメッセージをお願いします。

「これくらいなら大丈夫」と自己判断せずに、疑わしい数値が見られたら必ず受診していただきたいです。医師にかかることで、専門医ではない医師でも適切な助言や紹介をしてくれます。家族の命を救いたいという思いで選んだ道でしたが、今や予備軍も入れると成人の2割が糖尿病といわれていて、「今年の健診で糖尿病と言われました」と言って来られた方の中には、正直、この人は何年前から糖尿病だったんだろうというような方もいらっしゃいます。数年間、治療をしないで放置してしまうと合併症のリスクがぐんと高まってしまいます。最近は多くの治療法も確立しているので、とにかくしっかり健診を受けて、かかりつけ医のもとで自分に合う治療法を見つけていただければいいなと思います。

記事更新日:2017/06/12


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細