かしわ歯の国デンタルクリニック

かしわ歯の国デンタルクリニック

村田 憲将院長

182856 %e3%81%8b%e3%81%97%e3%82%8f%e6%ad%af%e3%81%ae%e5%9b%bd%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

南柏駅から徒歩約10分。豊かな緑に囲まれて、スタイリッシュな外観が人目を引く「かしわ歯の国デンタルクリニック」は、2016年に院長である村田憲将先生が開いた歯科医院だ。歯科に総合的に対応するという同院の特徴は、口腔外科、矯正、義歯、インプラントなど、各科を専門とする歯科医師が集まり、チーム医療を行っていること。多くのクリニックでは大学病院を紹介されるような専門性の高い治療も、ほぼ院内で完結することができるという。村田院長に、開設にあたっての思いや診療にあたり大事にしていること、将来への展望について聞いてきた。
(取材日2018年5月17日)

各分野の専門チームがそろう「総合歯科クリニック」

―2016年10月に開業されたんですね。

はい。それまでは東京都港区・白金にあるホテル内の歯科医院に勤めていました。もともと開業というか、自分で事業を起こそうという思いはあり、就職した当初から「6年後には開業」と決めていたんです。私の地元がこちらなので場所はこちらにし、ファミリー層やご高齢の方が多い土地柄から、まずはファミリー層に少しでも親しみを持ってもらえるデザインやネーミングをと考えて、現在の形となりました。例えば、院内の絵本は青山にある子ども向け絵本やおもちゃを扱うお店とコラボしてそろえています。今年からは保育士が常駐するようになったりと、今も少しずつ変化しています。

―「総合歯科クリニック」とは具体的にどういうことでしょうか?

特徴は、歯が痛い、腫れたといった日常的なトラブルを診る歯科のほか、口腔外科、義歯、インプラント、矯正……と各分野の専門チームがそろっていることです。ですから、専門的な治療もほぼすべて院内で対応できます。例えば外科なら、埋伏歯の治療や根管治療でも治らない根尖性歯周炎の治療法である歯根端切除など、個人クリニックなら大学病院に依頼するのが一般的なものも、院内で治療が可能です。患者さんの立場になると、大学病院を紹介されても行くのが大変ですし、また歯科は医科とは違って、大学病院の技術が最先端とも限りません。ならば、大学病院と町のクリニックの真ん中の存在として、総合歯科クリニックがいいだろうと思ったんですね。現在は、一般歯科は私を含め歯科医師2人、口腔外科2人、矯正2人、インプラントは母校の専門チームが担当しており、入れ歯と自費診療の補綴物作成は専門の技工士が行っています。

―各分野のプロフェッショナルがそろっているわけですね。

勉強して知識や技術を高めることももちろん大事なのですが、私はもともと総合的な診療を行う歯科医師。どんなに努力しても、何か一つ専門分野をもって10年、20年とやっている先生のレベルに達するには、膨大な時間がかかります。なら、自分で身につけるより専門家を雇ったほうがいいじゃないか、という考えです。何より大切なのは、院長が何でもできることではなく、患者さんが来た時に院としてどんな症例にも対応できることですからね。当院では、1人ですべてを診るのではなく、1人の患者さんを各分野がチームで診ていきます。院内ですがセカンドオピニオンのような形になっているので、その分安心感も感じていただけるのではないでしょうか。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細